Twitterの投げ銭機能「Tip Jar」が「チップ」としてiOSから提供を開始

access_time create folderデジタル・IT

Twitter Japanは9月24日、「Tip Jar」の名称で提供していた投げ銭機能を「チップ(Tips)」の名称に変更。9月24日からiOSユーザー向けに提供を開始したことを発表しました。Androidユーザー向けには今後数週間をかけて提供を開始します。

ユーザーのプロフィールページで「フォロー」ボタンの横にあるお札のチップアイコンをタップすると決済サービスのリストが表示され、選択した決済サービスを経由してそのユーザーに送金できる機能。発表時点で下記の決済サービスに対応しています。

・Bandcamp
・CashApp
・Chipper
・Patreon
・Razorpay
・Wealthsimple Cash
・Venmo
・GoFundMe
・PicPay

ちなみに、Twitterは手数料を取らないとのこと。

エルサルバドルと米国に限定されますが、決済サービスの「Strike」を使うことでビットコインでの送金にも対応。

チップを受け取るユーザーは、「プロフィールを編集」から「Tips」の項目をタップし、チップ送金に関する全体ポリシーに同意後、使用する決済サービスを紐づけることで受け取りが可能になります。

チップ機能を有効にしたり、送信できるのは18歳以上のユーザーのみ。

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧