機関投資家需要はビットコインからイーサリアムに変化か=JPモルガンが指摘

access_time create folder政治・経済・社会
機関投資家需要はビットコインからイーサリアムに変化か=JPモルガンが指摘

 

米国の大手投資銀行JPモルガンは、機関投資家がビットコイン先物を避け、イーサリアムベースのデリバティブの方を選ぶようになっていると指摘している。

ビジネスインサイダーによれば、JPモルガンは、9月22日の投資家メモの中で、シカゴマーカンタイル取引所(CME)のビットコイン先物が9月のBTCスポット価格と比較して割り引いた価格で取引されていると指摘している。​​​​​

その結果、投資家が2番目に時価総額が大きい暗号資産に切り替えており、イーサリアムベース製品の人気が高まっている。アナリストは「需要に大きな相違がある」とコメントしている。

「これはビットコインの後退だ。規制されたCME先物契約を使用してビットコインのエクスポージャーを持つ機関投資家による需要が弱いことを示している

JPモルガンのアナリストによれば、ビットコインの需要が高い場合、BTC先物は通常はスポット市場よりもプレミアムが付いて取引される。

CMEデータによると、21日間の平均イーサリアム先物プレミアムは、スポット市場のETH価格を1%上回っている。JPモルガンは、これは機関投資家によるイーサリアム需要が活発であることを示しているとコメントしている。

 


関連記事リンク(外部サイト)

機関投資家はビットコインから金に移行か、JPモルガンが指摘
伝統的資産へのヘッジ手段として「ポートフォリオの1%をビットコインに」=JPモルガン
UAEの規制当局、ドバイの経済特区で仮想通貨取引を推進へ

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧