怖いけど絶景!? 世界各国の「デビル(悪魔)」の名がつくスポット6選

access_time create folder生活・趣味
怖いけど絶景!? 世界各国の「デビル(悪魔)」の名がつくスポット6選

この記事はittaが配信しています。
怖いけど絶景!? 世界各国の「デビル(悪魔)」の名がつくスポット6選

今回はittaライターの旅のしおりの中から、世界各国の「デビル(悪魔)」の名がつく絶景スポットをピックアップ!気になる場所があれば写真下のリンクから、実際にその地を訪れたittaライターの旅のしおりもチェックしてみてください。

デビルズ・ティアーズ(インドネシア)

怖いけど絶景!? 世界各国の「デビル(悪魔)」の名がつくスポット6選

写真:『バリ島から30分の楽園!「レンボンガン島」でやりたい4つのこと』(ライター:あんこ)より

インドネシア、レンボンガン島にある「デビルズ・ティアーズ(Devil’s Tears)」。日本語で「悪魔の涙」と呼ばれるこの場所は、断崖絶壁の絶景ポイント!波が崖にぶつかり、激しい水しぶきを上げています。怖い名前とは裏腹に、美しい場所で、綺麗な虹が見られることも。

デビルズ・タワー(アメリカ)

怖いけど絶景!? 世界各国の「デビル(悪魔)」の名がつくスポット6選

写真:『【アメリカ】映画『未知との遭遇』のロケ地にもなった!「デビルズタワー・ナショナルモニュメント」』より

アメリカ、ワイオミング州にある「デビルズ・タワー(Devil’s Tower)」。映画『未知との遭遇』のロケ地として一躍有名になったスポットです。壮大な草原にドスンと佇む高さ約400メートルの巨岩の周りはトレッキングロードになっており、ぐるっと一周歩けます。

デビルズ・ゴルフ・コース(アメリカ)

怖いけど絶景!? 世界各国の「デビル(悪魔)」の名がつくスポット6選

写真:『【アメリカ】最高気温56℃!? 死の谷デスバレー国立公園の魅力とキャリコ・ゴースト・タウン』(ライター:AYA)より

アメリカ、カリフォルニア州にある「デビルズ・ゴルフ・コース(Devil’s Golf Course)」。デスバレーと呼ばれるエリアの谷底にある岩塩の大地で、“悪魔でもなければこんな場所でゴルフなどできない” と言われたことからこの名がついたのだそう。

デビルズ・ブリッジ(アメリカ)

怖いけど絶景!? 世界各国の「デビル(悪魔)」の名がつくスポット6選

写真:『【アメリカ】一度は訪れたい! パワースポットで超有名なセドナ絶景ポイント』(ライター:Rayco)より

アメリカ、アリゾナ州にある「デビルズ・ブリッジ(Devil’s Bridge)」。セドナの中でも人気の高いスポットで、自然の力によってできたレッドロックのの橋は圧巻!真ん中が空洞になっている橋からはセドナを一望することができます。

デビルズ・マーブル(オーストラリア)

怖いけど絶景!? 世界各国の「デビル(悪魔)」の名がつくスポット6選

写真:『【オーストラリア】素通り厳禁!過酷なアウトバックのオススメスポット10選』(ライター:SAORIGRAPH)より

オーストラリア、テナントクリーク近郊にある「デビルズ・マーブル(Devil’s Marbles)」。たくさんの大きな奇石が絶妙なバランスで立っていたり、そこら中にごろごろと転がっている不思議な光景が見られます。

デビルズ・スロート(アルゼンチン)

怖いけど絶景!? 世界各国の「デビル(悪魔)」の名がつくスポット6選

写真:『【アルゼンチン】世界最大の滝を見られる「イグアス国立公園」』より

アルゼンチンとブラジルにまたがる「イグアス滝」にある「デビルズ・スロート(Dedil’s Throat)」。大小150〜300もの瀑布が出現するイグアス滝の中でも最大の瀑布のことを指しており、凄まじいほどの水量で水が流れ落ちる時に鳴る爆音が、まるで“悪魔の喉笛”のようだということでデビルズ・スロートと名付けられたそうです。

以上、ittaライターの旅のしおりの中から、世界各国の「デビル(悪魔)」の名がつく絶景スポットをピックアップしてご紹介しました!


関連記事リンク(外部サイト)


小さな街に魅力たっぷり!シンガポールの定番観光スポット6選


山口県民がオススメする!山口に来たら絶対食べて欲しいグルメ


【タイ】マリオットホテル49階にある「オクターブ・ルーフトップ・ラウンジ&バー」

access_time create folder生活・趣味
local_offer
itta

itta

思わず誰かを旅行に誘いたくなる旅のしおりを紹介するサービス。旅好きライター達が実際に「行った!」場所を体感することができます。

ウェブサイト: https://itta.me/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧