人と自然を新しい資源循環でつなぐ、SDGsの日本酒「地エネの酒 環」が発売!

access_time create folder生活・趣味


神戸新聞社では、持続可能なローカルSDGsのものづくりとして、兵庫県内の4農家と4酒蔵とで、“飲むことで、地域の資源をめぐらせる”をコンセプトとした「環(めぐる)」という新しい日本酒作りに取り組んできた。

そんな同社より、人と自然を新しい資源循環でつなぐ、SDGsの日本酒「地エネの酒 環」が発売されたので紹介したい。

人と自然を新しい資源循環でつなぐ日本酒


今回発売の「地エネの酒 環」は“飲むことで、眠れる地域の資源がめぐりだす。地球環境への負荷を減らす。そして、もちろんおいしい。”そんなミッションを担う日本酒。

新しい資源循環によって、人と自然をつなぐプロジェクト「地エネの酒 for SDGs」から生まれた商品だ。


同プロジェクトでは、エネルギーと栄養がたっぷり残る食品の残さや家畜のふん尿から、熱や電気となるバイオガスを作り、副産物の「消化液」で酒米を育て、世界が求める「SAKE」を醸す。


そして、「食べる」営みから日々発生するごみ問題を解決する道筋を示し、化石燃料から自然エネルギーに転換する流れをつくっていく。

飲むことでローカルSDGsに参加!

「地エネの酒 環」には、神戸酒心館の純米吟醸酒「福寿」、富久錦の生酛純米酒「富久錦」、山陽盃酒造の純米吟醸酒「播州一献」、岡田本家の生酛純米酒「盛典」がラインアップ。

価格は2,200円(税込)となっている。取扱店の詳細は、「地エネnote」にて確認を。

“もったいない”という気持ちから持続可能な地域のデザインを描くローカルSDGsのストーリーに、飲む人として参加してみては。

access_time create folder生活・趣味
ストレートプレス

ストレートプレス

ストレートプレスは、トレンドに敏感な生活者へ向けたニュースサイトです。ファッション、ビューティー、ライフスタイル、モノの最新情報を“ストレート”に発信します。

ウェブサイト: http://straightpress.jp

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧