ジョニー・デップ製作/主演『MINAMATA―ミナマター』公開中 真実を暴いたジャーナリズム映画6選

access_time create folder映画

ジョニー・デップ製作/主演最新作『MINAMATA―ミナマター』が、9月23日(木・祝)より公開となりました。

熊本県水俣市のチッソ水俣工場による工業排水を原因とし、現在まで補償や救済をめぐる問題が続く日本における水俣病。その存在を世界に知らしめたのが、写真家ユージン・スミス氏とアイリーン・美緒子・スミス氏が1975年に発表した写真集「MINAMATA」。ジョニー・デップ自身が長年の憧れだったと語るユージン氏。彼の遺作ともなったこの写真集を基に、ジョニー自身の製作/主演で待望の映画化が実現。映画では、報道写真家として功績を評価されながらも心に傷を抱えたユージン氏が、当時の妻アイリーン氏とともに水俣を訪れ1971年から3年間現地で暮らし、人々の日常や抗議運動、補償を求め活動する様子を何百枚もの写真に収めていく濃密な日々がドラマチックに描かれます。共演はビル・ナイ、日本から真田広之、國村隼、美波、加瀬亮、浅野忠信、岩瀬晶子、など実力派キャストが集結。音楽を手掛けたのは坂本龍一。水俣病を世界に伝えた伝説の写真家の魂がスクリーンで蘇ります。

物事の本質を見抜き、主にメディアを通して人々に真実を伝える人のことを“ジャーナリスト”と呼ぶ。
本作のモデルとなったユージン・スミスは、10代からカメラを持ち、第二次大戦中、太平洋戦争に従軍しサイパンや、硫黄島、沖縄を撮影。戦後も何気ない日常にひそむ人間の素顔を切り取った写真で、フォトジャーナリズムの歴史に多大な功績を残した伝説的な人物。1971年からは3年間、水俣に移り住み、患者たちがチッソへ直接交渉をする場面や、人々のささやかな日常など、体に大きな傷を負いながらも、水俣病をめぐる様々な現場で常にカメラを構え続け、その実態を世界に知らしめました。そんなユージンを演じたジョニー・デップは「ユージンはすべてを見てきた百戦錬磨の戦争フォト・ジャーナリストだったと聞いた。彼に憧れを抱いていた。ユージンの写真には、一枚一枚にいつも真実が示されている」とコメント。共演した真田広之は「一枚の写真が発した効力の大きさは時代が変わっても続いている。偽りのニュースが飛び交う中で、真実の一枚の価値がますます大事になってきている」とジャーナリズムの重要性を語っています。

この度、権力に負けず真実を追い求めた、熱きジャーナリストたちの苦悩と葛藤を描いた映画6作品をピックアップ。コロナ禍で揺れる政治、そして選挙が迫る今、本作と合わせて、《真実》を追求し続けた人々の映画で今一度、世の中を見つめ直してはいかがだろうか?

「本作で重要なのは、これが人間の物語であるということ。“どこまで感じることができるか?”、さらに“自分事として受け止めているか?”と問いかけている。」ージョニー・デップ

◆『MINAMATA―ミナマター』全国公開中
熊本県水俣市のチッソ水俣工場による工業排水を原因とする日本の“四大公害病”のひとつ水俣病。公式に認定されてから65年目を迎えても尚、救済を求め複数の裁判が続いている。遡ること50年前、水俣病を知った写真家ユージン・スミスが水俣の地に移り住み、水俣病をめぐる様々な現場でカメラを構えた。1975年に発表された写真集「MINAMATA」をジョニー・デップ製作・主演で映画化。ジョニーの強い想いに賛同し、英国からビル・ナイ、日本からかは真田広之、國村隼、美波、加瀬亮、浅野忠信、岩瀬晶子が参加。音楽は産業公害に強い関心を持つ坂本龍一が手掛けた。水俣病の真実に迫ったユージン・スミスのフォトジャーナリズムの精神が現代に甦る孤高の一作。

(C)2020 MINAMATA FILM, LLC
(C)Larry Horricks

◆『スポットライト 世紀のスクープ』(2015)
第88回アカデミー賞最優秀作品賞、最優秀脚本賞受賞ほか4部門(監督賞/助演男優賞/助演女優賞/編集賞)ノミネート。2002年1月、アメリカ東部の新聞「ボストン・グローブ」の一面に全米を震撼させる記事が掲載された。地元ボストンの数十人もの神父による児童への性的虐待を、カトリック教会が組織ぐるみで隠蔽してきた衝撃のスキャンダルだ。1,000人以上が被害を受けたとされるその許されざる罪は、なぜ長年にわたって黙殺されてきたのか。世界中を驚かせた”世紀のスクープ”の内幕を取材に当たった新聞記者の目線で克明に描く社会派ドラマ。『扉をたたく人』のトム・マッカーシー監督が映画化し、マイケル・キートンほか、マーク・ラファロ、レイチェル・マクアダムスら豪華キャストが共演。ボストン・グローブ紙の記者たちが、巨大権力の“大罪”を暴いた衝撃の実話。

Photo by Kerry Hayes (C) 2015 SPOTLIGHT FILM, LLC

◆『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(2017)
第90回アカデミー賞2部門(作品賞/主演女優賞)ノミネート。1971年。ベトナム戦争に関するアメリカ政府に不都合な事実が記された最高機密文書「ペンタゴン・ペーパーズ」が、その文書作成に関わった人物の手でリークされ、NYタイムズがその一部をスクープし、社会的反響を呼ぶことに。政府はただちに記事を差し止める訴訟を起こす一方、他社に先を越されたワシントン・ポストの編集主幹ベンと同紙の女性発行人キャサリンは、報道の自由と真実のため、全貌を公表しようと奔走する。監督スティーブン・スピルバーグ、主演トム・ハンクス&メリル・ストリープと当代最高の実力派が集結し、ベトナム戦争の時代、報道の自由と真実を懸けて闘った人々の姿を描いた渾身の傑作。

(C)Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.

◆『記者たち 衝撃と畏怖の真実』(2017)
2002年、ジョージ・W・ブッシュ大統領は、サダム・フセイン政権を倒壊させるため「大量破壊兵器の保持」を理由にイラク侵攻に踏み切ることを宣言。新聞社ナイト・リッダーのワシントン支局長ジョン・ウォルコットは部下に取材を指示。しかし破壊兵器の証拠は見つからず、やがて政府の捏造、情報操作であることを突き止めた。真実を伝えるために批判記事を世に送り出していく4人だが、NYタイムズ、ワシントン・ポストなど大手新聞社は政府の方針を追認。ナイト・リッダーはかつてないほど愛国心が高まった世間の潮流の中で孤立していく。『スタンド・バイ・ミー』の名匠ロブ・ライナーが、イラク戦争の大義名分となった大量破壊兵器の存在に疑問を持ち、ウッディ・ハレルソン、ジェームズ・マースデン、ほかジェシカ・ビール、ミラ・ジョボビッチ、トミー・リー・ジョーンズら豪華共演で贈る、真実を追い続けた記者たちの奮闘を描いた実録ドラマ。

(C)2017 SHOCK AND AWE PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

◆『新聞記者』(2019)
第43回日本アカデミー賞最優秀作品賞、最優秀主演男優賞、最優秀主演女優賞受賞。東京新聞記者・望月衣塑子のベストセラー『新聞記者』を“原案”に、政権がひた隠そうとする権力中枢の闇に迫ろうとする女性記者と、理想に燃え公務員の道を選んだある若手エリート官僚との対峙・葛藤を描いたオリジナルストーリー。東都新聞記者・吉岡のもとに、大学新設計画に関する極秘情報が匿名FAXで届き、真相を究明すべく調査をはじめる。一方、内閣情報調査室官僚・杉原は葛藤していた。「国民に尽くす」という信念とは裏腹に、与えられた任務は現政権に不都合なニュースのコントロール。真実に迫ろうともがく若き新聞記者。「闇」の存在に気付き、選択を迫られるエリート官僚。二人の人生が交差するとき、衝撃の事実が明らかになる!監督は『デイアンドナイト』の藤井道人。主演は韓国映画界の至宝 シム・ウンギョンと、人気実力ともNo.1俳優 松坂桃李。権力とメディアの“たった今”を描く、前代未聞のサスペンス・エンタテイメント。

(C)2019「新聞記者」フィルムパートナーズ

◆『スキャンダル』(2019)
第92回アカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞受賞。ほか2部門(主演女優賞/助演女優賞)ノミネート。2016年、アメリカニュース放送局で視聴率NO.1を誇る「FOXニュース」に激震が走った。クビを言い渡されたベテランキャスターのグレッチェン・カールソンが、TV業界の帝王と崇められるCEOのロジャー・エイルズを告発したのだ。騒然とする局内。看板番組を背負う売れっ子キャスターのメーガン・ケリーは、自身の成功までの過程を振り返り心中穏やかではなくなっていた。一方、メインキャスターの座を狙う貪欲な若手のケイラは、ロジャーに直談判するための機会を得る…。監督は『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』のジェイ・ローチ。シャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマン、マーゴット・ロビーと豪華共演。全米最大のTV局を揺るがした衝撃のセクハラ騒動の全貌を暴き出す、アカデミー賞受賞脚本家による、爽快なサクセスストーリー。

(C)Lions Gate Entertainment Inc.

access_time create folder映画

藤本エリ

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧