マルセイユ、元ガンバ大阪FWへの関心継続?今夏獲得失敗も冬に再挑戦か

access_time create folderエンタメ

マルセイユ、元ガンバ大阪FWへの関心継続?今夏獲得失敗も冬に再挑戦か
ガンバ大阪在籍時のファン・ウィジョ 写真提供:Gettyimages

 オリンピック・マルセイユがボルドーに所属するフランス代表FWファン・ウィジョ(29)への関心を継続させているようだ。フランス『レキップ』が報じた。

 今夏に攻撃強化の一手として、ファン・ウィジョの獲得を目指したマルセイユ。今夏の移籍市場終盤に移籍金600万ユーロ(約7億7000万円)の正式オファーを提示していたというが、ボルドー側の要求額である移籍金1200万ユーロ(約15億4000万円)の条件を提示できなかったため、獲得は失敗に終わっていた。

 しかし、マルセイユを指揮するホルヘ・サンパオリ監督が希望するストライカー像のプロフィールに当てはまっていることから今冬にも韓国代表FWの獲得に動く可能性があるようだ。なお、マルセイユでは昨季のリーグ・アン15試合に出場して9ゴールを記録したポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクの負傷欠場が続いており、ストライカーの獲得を希望しているとみられている。

 ファン・ウィジョは2019年夏にガンバ大阪からボルドーへ完全移籍。昨季は公式戦37試合に出場して12ゴール3アシストの好成績を収めると、今季はここまでの公式戦5試合に出場すると2ゴールをマークしている。


関連記事リンク(外部サイト)

「戻って来ないのでは…」レンタル移籍ペドロ・ハウルのSNS投稿に柏サポーター困惑…
「犯罪者のように…」元甲府MF瀬戸貴幸、ドーピング違反処分時の過酷な経験明かす
「ウーゴ・ヴィエイラが試合中に…」元甲府MF瀬戸貴幸が明かした会話内容とは…

access_time create folderエンタメ
local_offer
FOOTBALL TRIBE

FOOTBALL TRIBE

フットボール・トライブ日本語版にようこそ。唯一のアジアに拠点を持つ国際的なサッカーメディアとして国内外の最新ニュースをお届けします。

ウェブサイト: https://football-tribe.com/japan/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧