エルサルバドルの仮想通貨ATM設置台数、世界3位に

access_time create folder政治・経済・社会
エルサルバドルの仮想通貨ATM設置台数、世界3位に

 

エルサルバドルは現在、米国とカナダに次いで第3位の仮想通貨ATMが設置されている。これは、南米の仮想通貨ATM全体の70%に相当する。

Coin ATM Radarのデータによると、エルサルバドルは、ビットコイン取引やBTCから米ドルへの変換を容易にするために、これまでに205台の仮想通貨ATMを展開しており、英国の仮想通貨ATM数を上回っている。

これを8月16日のStatistaのデータと比較すると、エルサルバドルはわずか1ヶ月で201台のATMの設置に成功したことがわかる。それ以前は、4台の仮想通貨ATMしか設置されておらず、ランキングでは43位だった。

ナジブ・ブケレ大統領は以前、ビットコインの導入には、まず200台のATMと50の支店のネットワークで対応すると述べていた。政府は、Chivoという仮想通貨ウォレット・プロバイダーと提携し、国内のBTCウォレットとATM利用を強化している。

仮想通貨ATMの設置台数は世界中で過去最高となっており、9月には2,790台のマシンが新たに追加され、27,664台がアクティブとなっている。

世界では毎日平均63.7台のATMが設置され続けている。Genesis coin社は40.7%の市場シェアでトップで、General Bytes社とBitAccess社はそれぞれ22.7%と12.7%の市場シェアを持っている。


関連記事リンク(外部サイト)

米国で初認定されたDAO、SECにステーブルコインに関するフォームを提出
100年前、ヘンリー・フォード氏は金に代わる「エネルギー通貨」を提案していた
ビットコイン価格は47000ドルに下落 CMEのギャップ埋めか

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧