フラットエッジなApple Watchは来年のデザインかも

access_time create folderデジタル・IT
フラットエッジなApple Watchは来年のデザインかも

Apple Watchの発表に至るまでに、フラットエッジとより大きなディスプレイを採用した新デザインが密かに計画されている可能性があるというが出ていました。ディスプレイは大型化しているので、その噂の一部は正しかったかもしれませんが、噂されていた新デザインは発表されませんでした。このことから、Appleが計画を変更せざるを得ない何かが起きたのではないかという推測に繋がりました。

その可能性もありますが、Daring FireballのJohn Gruber氏は、リークされたレンダリングは正確なものだが、それは2022年に発売されるだろう「Apple Watch Series 8」用のデザインだった可能性があると考えています。

Gruber氏によると、ハードウェアの設計に関して、おそらくAppleは比較早い段階で作業を開始しており、リークされたレンダリングは設計の高度な段階に基づいたものだと指摘しています。直前のタイミングでデザインを変更することで、サプライチェーン全体でドミノ効果が発生し、非常に費用がかさむプロセスとなる可能性があったので、その説は理に適っています。また、言うまでもなく、新デザインをテストするためには更に多くの時間が必要だったはです。

いずれにせよ、以前にも述べましたが、噂に基づけば大きな変更やヘルス機能の追加はSeries 8のために温存してあるようなので、今年の買い替えを我慢すれば、来年もっとワクワクするモデルを手にすることが出来るかもしれません。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら

The post フラットエッジなApple Watchは来年のデザインかも first appeared on Ubergizmo JAPAN.

関連記事リンク(外部サイト)

PS5の価格は399ユーロから? フランスのアマゾンで目撃される
EU、スマホのバッテリー取り外しを簡単にできるよう求める
Apple Watch Series 6は来月にも発表か…など (WEEKLY TOP/2020 08.15-08.21)

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Ubergizmo japan

Ubergizmo japan

Ubergizmo Japanは、ガジェット、スマートフォン、ゲーム、テクノロジー、ホームエンターテインメント製品などを対象とした最新トレンドニュースと、消費者目線の製品レビュー記事を特徴としたテクノロジーメディアです。

ウェブサイト: https://jp.ubergizmo.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧