10年後の発見に高まる期待。NASA火星探査車のシステムが地上テストで採取した岩石サンプル

access_time create folderデジタル・IT
10年後の発見に高まる期待。NASA火星探査車のシステムが地上テストで採取した岩石サンプル

【▲ 火星探査車「Perseverance」のサンプル採取・保管システムのテスト時に採取されたコアサンプルの1本(Credit: NASA/JPL-Caltech)】

こちらの画像、台座に載せられているのは黒板用チョークほどの長さ(71.1mm)がある地球の岩石のサンプルです。一見何の変哲もない小さな棒状の岩ですが、10年後には同じようなサイズのサンプルが人類に大発見をもたらすかもしれません。

この岩は、アメリカ航空宇宙局(NASA)の火星探査ミッション「マーズ2020」の探査車「Perseverance(パーセべランス、パーサヴィアランス)」に搭載されているサンプル採取・保管システムの地上テスト時に、玄武岩質の岩石から掘り出されたコアサンプルです。テストで採取されたコアサンプルは、画像のように試料トレイに移されてから結果が記録されました。

2021年9月1日のサンプル採取後に撮影されたPerseveranceのコアリングビット(中央)。コアリングビット内部にセットされているチューブの中にサンプルが見えている(Credit: NASA/JPL-Caltech/ASU/MSSS)

【▲ 2021年9月1日のサンプル採取後に撮影されたPerseveranceのコアリングビット(中央)。コアリングビット内部にセットされているチューブの中にサンプルが見えている(Credit: NASA/JPL-Caltech/ASU/MSSS)】

マーズ2020ミッションの主な目的は火星に存在していたかもしれない微生物の痕跡を探すことですが、NASAは欧州宇宙機関(ESA)と共同で火星からのサンプルリターンミッションを計画しており、Perseveranceは火星探査史上初めて地球に運ばれる火星のサンプルを採取するという重要な役割も担っています。

2021年2月に火星のジェゼロ・クレーターへ着陸したPerseveranceは、同年9月1日と8日に「Rochette(ロシェット)」と呼ばれるブリーフケースサイズの岩から合計2本の岩石サンプルを採取することに成功しました。2本のコアサンプルは長さ15cmほどのチューブ状の容器に入っていて、現在はPerseveranceの車体下部に保管されています。マーズ2020ミッションでは全部で43本持ち込まれた保管容器のうち30本ほどを使ってサンプルを採取することが予定されており、今後もPerseveranceによるサンプル採取の旅は続きます。

関連
NASA火星探査車Perseveranceが2本目の岩石サンプル採取、地下水が長期間存在した可能性も示される
・採取成功! NASA探査車Perseveranceが将来地球で分析される火星の岩石サンプルを初採取

火星サンプルリターンのコンセプト。サンプル保管容器はMAV先端に搭載された球形のコンテナに移し替えられた状態で火星の地表から打ち上げられ(左)、軌道上で帰還用の探査機がキャッチ(中央)。コンテナは回収カプセルに収容され、探査機によって地球まで運ばれる(右)(Credit: ESA/ATG Medialab)

【▲ 火星サンプルリターンのコンセプト。サンプル保管容器はMAV先端に搭載された球形のコンテナに移し替えられた状態で火星の地表から打ち上げられ(左)、軌道上で帰還用の探査機がキャッチ(中央)。コンテナは回収カプセルに収容され、探査機によって地球まで運ばれる(右)(Credit: ESA/ATG Medialab)】

サンプルが入ったチューブは将来送り込まれる予定の回収用ローバーに拾い上げられることを見越して、Perseveranceが降り立ったジェゼロ・クレーターの地表に置かれることになっています。拾い集められたサンプル保管容器は着陸機に搭載される小型のロケットを使って火星の周回軌道上へ打ち上げられた後に、帰還用の探査機がキャッチして地球へ届けられる予定です。

サンプルが地球に到着するのは、早ければ10年後の2031年が計画されています。いまの小学生が社会人になる頃には火星の岩石が地球の研究施設で分析され、歴史に残る発見が世界中の人々を驚かせているかもしれません。

火星探査車「Perseverance」(右)が撮影したセルフィー。Perseveranceの左奥には火星ヘリコプター「Ingenuity」の姿も見えている(Credit: NASA/JPL-Caltech/MSSS)

【▲ 火星探査車「Perseverance」(右)が撮影したセルフィー。Perseveranceの左奥には火星ヘリコプター「Ingenuity」の姿も見えている(Credit: NASA/JPL-Caltech/MSSS)】

 

Image Credit: NASA/JPL-Caltech
Source: NASA/JPL
文/松村武宏


関連記事リンク(外部サイト)

NASA深宇宙ネットワークの新アンテナがスペインのマドリードで完成
長征二号丁ロケット、地球観測衛星「遥感衛星二十四号」の打ち上げに成功
中部日本放送、宇宙旅行・輸送を目指すPDエアロスペースに出資

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
sorae

sorae

「sorae(そらえ)」は宇宙開発や天文学を中心にドローンやカメラなど最新ガジェットに関する情報を毎日配信。宇宙を知りたい、空を飛びたい、星空を眺めたいなど、「そら」に対する好奇心を刺激するニュースをお届けします。

ウェブサイト: https://sorae.info/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧