2019年に日本人クリエイターが発表したミニチュア作品がなぜか今海外のTwitterで話題 「可愛い隠し部屋だね」「ハルに見つかったら大変だよ」

access_time create folder生活・趣味

2019年に日本人クリエイターが発表したミニチュア作品が、2021年9月になって海外のTwitterで大きな話題となっています。


https://twitter.com/thegallowboob/status/1436789954139484161

それがこちらのツイートとなります。「次の入居者をびっくりさせるためにこれを残していくよ」というコメントと共に、コンセントの中の小さな部屋の写真が投稿されています。


https://twitter.com/rokubunnnoichi/status/1207276256946900999

写真の作品は、株式会社MOZU STUDIOS代表取締役のMozuさんが2019年に公開した「こびとの秘密基地」という作品です。


https://twitter.com/thegallowboob/status/1436796482082902018

冒頭のツイートの投稿主もMozuさんの作品を引用したことを明らかにしています。

このツイートには数多くの声が寄せられています。

・(『トムとジェリー』の)ジェリーの部屋
・可愛い隠し部屋だね
・こういう部屋に住みたいよ
・『床下の小人たち』(『借りぐらしのアリエッティ』の原作)の世界
・子どもがみたら大喜びするわね
・ニューヨークならこの小さな部屋でも家賃が月1600ドルはするな
・最高の部屋
・サンフランシスコなら月3000ドルの部屋
・(『借りぐらしのアリエッティ』の)ハルに見つかったら大変だよ
・リアル『床下の小人たち』
・本当に小人が出てきそう

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/thegallowboob/status/1436789954139484161

(執筆者: 6PAC)

access_time create folder生活・趣味
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧