「最初から決めてました」竹中半兵衛は信長ではなく秀吉を選んだ

access_time create folder生活・趣味

「最初から決めてました」竹中半兵衛は信長ではなく秀吉を選んだ

小牧から稲葉山城に引っ越してきた信長

岐阜城は、鵜飼いで知られる長良川のほとり、海抜320メートルの稲葉山(金華山)の頂にございまして、いかにも要害堅固です。


▲長良川と岐阜城 出典:PIXTA

ところが、この城は“落城ばかりした城”でございました。関ケ原の戦いの前哨戦でも、織田信長さまの嫡孫である秀信さま(三法師)が、西軍に属してここで籠城されましたが、東軍の攻撃であえなく落城してしまい、廃城になってしまいました。後ろの尾根から敵に回り込まれると、弱いのでございます。

信長さまが、美濃攻めの総仕上げに稲葉山城を陥落させられたのは、永禄10年(1567年)9月のことでございました。佐久間信盛さまや柴田勝家さまの軍勢が尾根から背後に回り、信長さまは城下から攻撃されました。

美濃勢が多く寝返っておりましたから、誰が味方で誰が敵であるかもわからない中で、あっけないものでございました。斉藤義興さまは、長良川を小舟に乗って下り伊勢長島に移られました。

このとき、藤吉郎が稲葉山城の裏山から、猟師の子だった堀尾茂吉(のちに松江城を築いた吉晴)の案内で城を落とした、と『絵本太閤記』にはございますが、史実ではありません。

藤吉郎は、稲葉城の城下町である井之口を熟知した西美濃衆などと共に、城下を制圧することを手伝っていたと聞いております。

稲葉城を手中にされた信長さまは、居城を小牧からこちらに移されることになりました。新しい支配地である美濃の支配を固めるためには、大水が出てしまうと木曽川などを渡るのも面倒な尾張にいては十分でないと考えられたわけでございます。また、小牧は大きな城下町を営むには不向きでもありました。

そして、井之口を岐阜という名に改められました。古代の唐土(中国)で、周の文王という方が天下統一の拠点とされたと言う“めでたい地名”でございます。もっとも、もともと禅僧などが、井之口の別名として岐陽という名で呼んでいたことはあるらしいのです。めでたい名前だというので、それを信長さまが気に入られて、正式の名前とされたということのようでございます。

信長の気を引こうと贅沢な屋敷を建てた秀吉

お城は山上と麓に分かれておりまして、信長さまは普段は山上の館に住んでおられました。山上に天守閣のような建物があったかどうかよく憶えておりません。そして、用事があると何日かに一度、麓の御殿(現在のロープウェーの駅辺り)に降りてこられました。

そこには信長さま好みの立派な広間がある四階建ての御殿がございまして、大きな石を集めるのが好きな信長さまは、ここに立派な庭も造られました。この頃は、信長さまと私たち主だった家臣の家族は親しい間柄でございましたから、私も呼んでいただき、贅沢な気分にさせていただきましたし、信長さまの奥方の帰蝶さまもお元気で、私たちを機嫌良く迎えてくださいました。


▲「いまも懐かしく思ういい時代でした」 イラスト:ウッケツハルコ

御殿のまわりには、家臣たちの屋敷が並び、華美なものが好きな信長さまの気を引こうと、贅沢な建物を藤吉郎たちも競争で建てたものでございます。

私も義母のなかも、慣れない絹の着物など着る羽目になり、窮屈そうでした。藤吉郎が戦いに出ているときは、羽を伸ばしてよその奥方さまたちともお付き合いもでき、都会生活を楽しめ、いまも懐かしく思ういい時代だったのでございます。

そして、岐阜に商人を集めるために、楽市・楽座を設置されました。中世にあっては、商工業者は座というカルテル組織をつくり、寺社などの保護を受けるかわりに、貢納金を支払っていたのです。

信長さまは、これを否定して、商売を自由にして自分の支配下にある町を栄えさせるとともに、寺社や自治組織の力を削ぎ、場合によっては自分のところに税収を集めようとされたわけでございます。

最初に始めたのは、近江の六角定頼さまと言われておりますが、信長さまはこの手法を大いに発展されたのです。

この政策は、安土でも大々的に実施されますし、藤吉郎も長浜でマネをするわけですが、その初めは、岐阜城の南にある中山道・加納宿でのことだったのでございます。

西美濃三人衆の働きが稲葉山城攻略のカギ

稲葉山城攻略のきっかけになったのは、藤吉郎たちの工作が実って西美濃三人衆といわれる、稲葉一鉄・氏家卜全・安藤守就のお三方が、織田側に付かれて大勢が決したからでございます。

また、西美濃三人衆の投降工作のなかで、三人衆の安藤守就さまの娘婿である竹中半兵衛さまも織田側に参加され、藤吉郎の与力、つまり客分のようなかたちで、一緒に活動することになりました。半兵衛さまはあの有名な稲葉山城乗っ取り事件の主人公でございます。


▲垂井町にある竹中氏陣屋 出典:PIXTA

半兵衛さまを織田家に仕えさせるために、藤吉郎が自領の菩提山(関ケ原の北、不破郡垂井町岩手)に隠棲していた半兵衛さまを訪ね、説得いたしました。

このとき、信長さまの家臣にはならないが、藤吉郎になら仕えて軍師になってもいいと言わせて、墨俣城に連れ帰ったと言う話も有名です。ただし、これは『三国志』の劉備と諸葛孔明の逸話をもとにして、江戸時代の中ごろ以降に創られたのでございます。 

半兵衛さまによる稲葉山城乗っ取り事件というのは、斎藤義興さまが酒色に溺れていた上に、西美濃衆を大事にされないこと、義興さまのお気に入りの斎藤飛騨守が、一見女性のように見えるほど優しい風貌の半兵衛さまを侮ったりしたことに腹を立てて、半兵衛さまが密かに武器を運び込み、飛騨守を誅殺し、義興の愛妾も殺し、城を乗っ取ったという事件でございます。

義父の安藤守就さまもこれに呼応し、6か月に渡り城を占拠しましたが、支持が拡がったわけでもなく、仲介に乗り出す人もいて、結局、稲葉山城を明け渡して自分の本拠地である西美濃に戻られました。

一時は、近江の浅井氏のもとに身を寄せられたこともあったようですが、斎藤氏にとっては危険人物でございましたから、その後も美濃と近江を行き来しながら暮らしておられました。

藤吉郎は、いきなり半兵衛さまを自分の城に迎え入れたわけではございませんが、半兵衛さまとも連絡をとり、知恵を借りながら、西美濃三人衆を密かに織田方に寝返らせるための謀(はかりごと)を成就させたということでございます。

『太閤記』で描かれているほどワクワクするようなものではございませんが、西美濃衆の有力者だった半兵衛さまが、藤吉郎の片腕として活躍してくれるようになったのは、最初の出会いのときから、互いに“馬が合った”ということだからです。

半兵衛さまとしては、気難しい信長さまに仕えるのは気が進まなかったのか、藤吉郎の家臣ではありませんが、与力として行動を共にしたいと信長さまに希望したと聞いております。なにしろ、半兵衛さまの名声はたいへんなものでございましたから、信長さまの近くにいると警戒されるのがお嫌だったのでしょう。

幕末まで生き残った西美濃三人衆の子孫たち

西美濃三人衆のその後についてもお話ししておきます。

氏家卜全(直元)さまは伊勢長島攻めで戦死されました。長男の直昌は賤ヶ岳の戦いで秀吉を助け、その弟の行広は桑名城主でしたが関ケ原の戦いで西軍について改易され、大阪の陣で豊臣方に参加して戦死いたしました。三男の行継の子孫は熊本藩士となりました。

安藤守就さまは信長さまにお仕えしましたが、のちに林佐渡守秀貞さま、丹羽氏勝さま(長秀とは親族ではありません)と共に追放され、その2年後の本能寺の変のときには、明智光秀さまに呼応して兵をあげて稲葉一鉄さまに討伐されました。

ただし、弟である郷氏さまの奥方が山内一豊の姉妹でしたので、その子孫は土佐藩家老として宿毛の領主となられました(宿毛山内氏とも伊賀氏ともいわれます)。その宿毛の安藤家の家臣からは、吉田茂元首相や長岡城攻防戦で知られる岩村精一郎など有名人がたくさん出ております。

稲葉一鉄さまは、賤ヶ岳の戦いのときに岐阜の信孝さまに反旗を翻し、秀吉に味方してくれました。子孫は大分県臼杵城主として幕末まで生き延びました。また、娘婿の斎藤利三を家臣としておりましたが、対立して光秀さまの家臣となったことが、本能寺の変の伏線にございます。そして、この縁から春日局は一鉄さまの外孫ということになるのでございます。

そろそろこのあたりで本日は失礼いたします。ごめんくださいませ。

※ 古代中国の殷の時代、陝西省西部の岐山を本拠とする姫昌が善政をして声望が高まり、姫昌の子の武王のときに殷にとって代わり周を起こした。姫昌は文王と追号されて儒教の世界では聖王という扱いをされている。
 
※ 室町時代の守護だった土岐氏は、岐阜駅より南にあって、荒田川の南側の川手城を本拠としていた。そして守護代の斎藤氏は反対の岸の加納にあり、斎藤氏の重臣だった長井氏が金華山上の稲葉山城にあった。斎藤道三はそれを継承した。
 
※ 江戸時代には加納城があって、城下を中山道が通っていた。現在の岐阜城の天守閣は、岐阜城から移築したとされる加納城の古い図面を参考に、戦後になって鉄筋コンクリートで再建したものである。江戸時代には、岐阜の町は尾張藩領の商業都市だった。江戸時代には笠松に美濃郡代が置かれ幕府領の行政を行っており、これが初め県庁だったが、明治6年(1873年)に岐阜に移転した。


関連記事リンク(外部サイト)

実録・血で血を洗う斎藤家の仁義なき跡目争い!
犯罪者を使って一晩で城を建てちゃった秀吉伝説ってホント!?
職場で疎まれ者だった秀吉がジョブチェンジして評価されたワケ

access_time create folder生活・趣味
local_offer
WANI BOOKS NewsCrunch

WANI BOOKS NewsCrunch

出版社ワニブックスが運営するWEBマガジン。 “いまが旬!”のニュースをクランチ(=噛み砕いて)してお届けします。ここでしか読めない!見られない!オリジナルのエンタメコンテンツも満載。

ウェブサイト: https://wanibooks-newscrunch.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧