『SAO』新作映画の主題歌はLiSA、戸松遥「泣きそうに」松岡禎丞「力がある」

access_time create folderエンタメ
『SAO』新作映画の主題歌はLiSA、戸松遥「泣きそうに」松岡禎丞「力がある」

劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア

戸松遥、松岡禎丞

戸松遥、松岡禎丞が15日、都内で行われたアニメ『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』(10月30日公開)完成披露IMAX上映会に出席した。この日は主題歌「往け」をLiSAが担当することが発表され、動画でメッセージを寄せた。

『第15 回電撃小説大賞』で大賞を受賞した川原礫氏による小説『ソードアート・オンライン』シリーズ(「電撃文庫」刊)。次世代VRMMORPG『ソードアート・オンライン』を舞台に繰り広げられる主人公・キリトの活躍を描いた物語は、2009年4月の原作小説第1巻発売以来高い人気を誇り、2021年現在、全世界での累計発行部数は2600万部を超える大ヒットとなっている。

本作は、原作者・川原礫氏がアスナ視点で描く新たな『アインクラッド編』となる。アスナ役の声を演じる戸松遥は、2012年放送のアニメシリーズ第1期から声を担当し続けており、「ほぼ10年のお付き合い。アニメシリーズ以外の時も別のコンテンツがあり、ずっと演じ続けているのは幸せなこと。アスナのいる日常が日常みたいな感覚」と喜んだ。

アスナ視点で描かれる本作については「アニメシリーズを観ていた方は、懐かしいシーンもある。新たなキャラクターも描かれて完全のオリジナルの作品になっている」と自信を見せた。

一方のキリト役の松岡禎丞は「また一からできるので気合を入れました。深夜帯のアニメからスタートしてこれだけ長く続くのはすごい。僕の声優人生の半分以上をこの作品と過ごして、キリトは肉親に近いは言い過ぎだけど、いつ来ても大丈夫なぐらい」とし、本作については「キリトの裏でアスナが何をやっていたのかが分かる。知りたかったことが凝縮されている」とした。

この日は、LiSAが本作の主題歌を担当することが発表された。LiSAはにアニメ1期でオープニングテーマ「crossing field」を担当している。この日ビデオでメッセージを寄せたLiSAは「強くしなやかなアスナのように、応援ソングというか、そんな主題歌になればといいなと思った。初めて関わったのは2012年の夏。そこに繋がる物語が始まることで楽しみにしています」と期待を寄せた。

戸松は「エンドロールでLiSAちゃんの曲が流れてきて泣きそうになった。歌詞もストレートに刺さって、9年前に抱いた思いが重なるような思いだった」、松岡は「歌声の力ももちろんですが、歌詞に力がある。思いが伝わってくる曲」と称えた。


関連記事リンク(外部サイト)

「やっぱり僕は人を笑わせたい」大泉洋の原動力、俳優も司会もマルチに
玉木碧、MISIA「Everything」をアナウンス&カバー
MIYAVI、魅力的な歌声には「楽曲に懸ける思いの強さがある」

access_time create folderエンタメ
local_offer
Music Voice

Music Voice

音楽シーンに関わる文化、エンターテインメントを、読んで楽しんでいただくことを目的に、取材および執筆、編集活動をおこなっています。現場でなければふれることのない感覚、人々の声、音など、その場で感じた雰囲気や空気感、読者が知りたい情報、作者が込めた想いを、伝えていきたいと思います。

ウェブサイト: https://www.musicvoice.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧