「全国しゃぶしゃぶ意識調査」で地域性が浮き彫り…関東は牛ロース、関西は豚ロース、北海道はラム肉

access_time create folderエンタメ
「全国しゃぶしゃぶ意識調査」で地域性が浮き彫り…関東は牛ロース、関西は豚ロース、北海道はラム肉

Mizkan(ミツカン)は全国のしゃぶしゃぶの地域独特の楽しみ方を調べるため、15〜79歳の全国の男女1,000人を対象にした「全国のしゃぶしゃぶに関する意識調査」を実施。その結果が今月13日に発表され、定番の肉やシメなど各地の地域性が明らかになりました。

しゃぶしゃぶをする理由について質問すると、最多回答は「肉類がたくさん、おいしく食べられる」(74.5%)に。次いで「自分が好き」(65.9%)、「簡単に作れる・準備がラク」(65.6%)、「食材を切ってすぐに食べられる」(64.9%)、「あっさりしている」(64.0%)と続きました。

では、どんな肉が人気なのかと質問すると、トップ3は「豚ロース」(45.5%)が最も多く、僅差で「しゃぶしゃぶ用豚肉」(44.9%)、「牛ロース」(41.6%)が続く大接戦となりました。ただ、これは「北海道はラム肉が他地域に比べて圧倒的に多い」「関東は牛ロース派が多い」「関西は豚ロースが多い傾向」といった調査結果が出ており、地域によって大きく特色が異なるようです。

「野菜」については、トップが「白菜」(71.7%)、次いで「長ネギ」(55.9%)、「エノキ」(54.4%)、「水菜」(53.8%)、「豆腐」(50.9%)という結果に。白菜は全エリアにおいて1位で、全国各地どこでも文句なしの「しゃぶしゃぶに欠かせない野菜」と認識されているようです。

「魚介類」に関しては、1位が「ぶり」(15.2%)、以下に「えび」(10.8%)、「たい」(10.3%)が続きました。特に近畿は「ぶり」の支持率が高く、しゃぶしゃぶに「魚を入れる」という項目でも全国最多になっています。

しゃぶしゃぶの味付けについて質問すると、トップの「ぽん酢味のつけだれ」(84.1%)とそれに次ぐ「ゴマ味のつけだれ」(68.2%)が突出していました。しかし、3位に地域差が現れており、北海道と九州は醤油味ベースのスープ、東北はみそ味のつけダレ、その他の地域は昆布など出汁ベースのスープがランクインしています。

しゃぶしゃぶの醍醐味ともいえる「シメ」の食材について尋ねると、最多は「うどん」(47.7%)、次いで「ご飯、雑炊」(32.3%)、それに「ラーメン」(23.8%)が続きました。こちらも地域差があり、北海道は全国で唯一「ラーメン」が最多に。関東は「シメを食べる」と回答した人が全国で最も多く、食材は「ご飯、雑炊」が多い傾向がありました。

また、今後やってみたいしゃぶしゃぶとして、牛豚鶏以外の「ジビエ肉」や、和牛・イベリコ豚といった「高級肉」、海鮮系として「ホタテ」「甘えび」などが上がりました。少し変わった具材では「チーズ」「おもち」「水餃子」「湯葉」などの意見も寄せられています。

今回の調査結果を受けて、同社は地域の特長をまとめた「全国のしゃぶしゃぶマップ」を公開しています。

さらに、同社は総括として「全国の各地域で、しゃぶしゃぶを独自のやり方、好きな具材で楽しんでいる様子が分かりました。ふるさと納税や取り寄せグルメが人気の中、地域独自の楽しみ方には真似したくなる食べ方も多くありました」などとコメント。続けて「今後やってみたいしゃぶしゃぶからは、王道の味だけではなく、様々な食材やつけだれで楽しみたいなど意見も多く集まっており、しゃぶしゃぶは、いろいろな素材をおいしく、楽しくいただくことができる鍋料理であることが分かりました」とまとめ、最後に「季節や時期を問わず年中楽しめるしゃぶしゃぶを大切な人と、是非おうちで一緒に味わってみてはいかがでしょうか」と呼び掛けています。

access_time create folderエンタメ
マガジンサミット

マガジンサミット

TVと雑誌がコラボ! 雑誌の面白さを発見できるWEBマガジン 自分が欲しい情報を、効率よく収集できる「雑誌」 ライフスタイルに欠かせない「雑誌」 ちょっと雑誌が欲しくなる、もっと雑誌が読みたくなる、そんなきっかけが生まれるように、TVやラジオ番組の放送作家たちが、雑誌の情報を中心にオリジナル記事を発信していきます!

ウェブサイト: http://magazinesummit.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧