ユニステラ、ニコン接眼レンズ採用のデジタル天体望遠鏡「eVscope 2」を発表

access_time create folderデジタル・IT
ユニステラ、ニコン接眼レンズ採用のデジタル天体望遠鏡「eVscope 2」を発表

【▲「eVscope 2」(Credit: ユニステラ)】

ユニステラ(Unistellar)は、ニコンと協業で開発した世界で最も高性能な一般ユーザー向けデジタル望遠鏡の新製品「eVscope 2」を発表しました。

2021年9月14日より、ユニステラの公式社サイトにて、先行予約を開始。また、10月よりニコン直営オンラインショップの「ニコンダイレクト」から予約開始予定となります。発売は11月で、価格は52万9800円(税込)。

「eVscope」は過去にクラウドファンディングで注目された”従来の望遠鏡より100倍パワフル”と謳うデジタル天体望遠鏡。初心者でも扱いやすいように設計されており、届いた日の晩から天体観測を楽しめるとしています。

今回発表された「eVscope 2」の最大の特徴は、ニコンが開発した接眼レンズを採用しており、他に類を見ない解像度で鮮明な画像を実現していることです。更に、イメージセンサーをSONY製「IMX224」から「IMX347」にアップグレードし、デジタル望遠鏡の中でも最大解像度となる770万画素を実現していることも注目です。

「eVscope2」の詳細に関してはユニステラの公式サイト(https://unistellaroptics.com/evscope2/)を参照してください。

 

Image Credit: ユニステラ
Source: ユニステラ


関連記事リンク(外部サイト)

全35種。NASAアイテムが「salut!」全店とネットショップで販売開始
人類初の船外活動を成功させた腕時計「ストレラ」の復刻版モデルが日本初登場
断線しそうな充電ケーブルを長く使う補強方法

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
sorae

sorae

「sorae(そらえ)」は宇宙開発や天文学を中心にドローンやカメラなど最新ガジェットに関する情報を毎日配信。宇宙を知りたい、空を飛びたい、星空を眺めたいなど、「そら」に対する好奇心を刺激するニュースをお届けします。

ウェブサイト: https://sorae.info/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧