ビットコイン反転上昇 CPI下振れで懸念は払拭されきったか?【仮想通貨相場】

access_time create folder政治・経済・社会
ビットコイン反転上昇 CPI下振れで懸念は払拭されきったか?【仮想通貨相場】

 

著者 長谷川友哉(はせがわゆうや)ビットバンク マーケットアナリスト

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

14日のビットコイン(BTC)対円相場は219,883円(4.45%)高の5,166,073円と反発し、前日に終値で割り込んだ200日移動平均線を再び回復した。

乱高下を演じ直近安値を大きく割り込んだ13日のBTC対円だったが、一目均衡表の雲上限で綺麗に下げ止まり売り一巡の様相で切り返すと(第2図)、14日の東京時間にはハッシュレートの上昇が好感され500万円を回復した。さらに、米時間朝方に発表された消費者物価指数(CPI)が市場予想を下回ると、先週の卸売物価指数(PPI)の上昇を受けて再燃した早期テーパリング開始観測が後退し、BTCは510万円をも回復。その後、米株の下落を受けてやや上値が抑えられるも、引け後にもう一段と高くなり515万円を上回り終値をつけた。

第1図:BTC対円チャート 1分足 出所:bitbank.ccより作成

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。


関連記事リンク(外部サイト)

じりじり値を戻すビットコイン、市場で目立つ新たな動き【仮想通貨相場】
米ビットコインETF承認を再延期、規制強化連想で上値が重いか―米SECの動向に注目【仮想通貨相場】
ビットコイン、昨晩の乱高下の理由と反発の兆し【仮想通貨相場】

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧