MicrosoftはWindows 11でもM1 Macをサポートしない予定

access_time create folderデジタル・IT
MicrosoftはWindows 11でもM1 Macをサポートしない予定

以前は、Macユーザーがそのコンピューター上でWindowsを起動することが可能でした。それは、Intelが作っているようなx86プロセッサ上で実行可能なWindowsのライセンスをMicrosoftが販売していたからです。しかし、AppleがARMに移行してM1 Macを開発したことで、それが変わってしまいました。何故なら、ARM版Windowsは一般消費者からは購入出来ないようになっていたからです。

残念ながら、この状況がすぐに変わることは無さそうです。Microsoftは先日、少なくとも現段階では、M1 Macに対応するWindows 11を用意する計画は無いことをThe Registerに対して認めました。同社はそのメディアに向けて、M1上でのWindows 11は”サポートされていないシナリオ”だと述べています。

彼らが将来的に考えを変える可能性があるのかどうかは確かではありませんので、Mac上でWindowsを利用したい方は、少なくとも正式には、現在もまだ入手可能なIntel版のMacを購入する必要があります。

M1 Mac上でWindowsを実行することは可能ですが、正式にはサポートされていない点には注意が必要です。また、そのためにはWindowsのベータ版をダウンロードすることが出来る、Windows Insiderプログラムに参加している必要があります。いくつかのアプリケーションのみを実行する必要がある場合には十分かもしれませんが、毎日使用するようなデバイスにとっては最善策とは言えないでしょう。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら

The post MicrosoftはWindows 11でもM1 Macをサポートしない予定 first appeared on Ubergizmo JAPAN.

関連記事リンク(外部サイト)

Appleが一部のAirPods Pro所有者向けに交換プログラムを発表
Googleの新型タブレット「Google Pixel Slate」と思われる画像が流出
最新のiOS 13.4には古いiPhoneやiPadとFaceTimeできないバグがある

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Ubergizmo japan

Ubergizmo japan

Ubergizmo Japanは、ガジェット、スマートフォン、ゲーム、テクノロジー、ホームエンターテインメント製品などを対象とした最新トレンドニュースと、消費者目線の製品レビュー記事を特徴としたテクノロジーメディアです。

ウェブサイト: https://jp.ubergizmo.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧