じりじり値を戻すビットコイン、市場で目立つ新たな動き【仮想通貨相場】

access_time create folder政治・経済・社会
じりじり値を戻すビットコイン、市場で目立つ新たな動き【仮想通貨相場】

 

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

じりじり値を戻す

昨日のBTC相場は底堅い展開。ウォルマートを巡る報道で乱高下したが44,000ドル(約485万円)割れで下げ止まると47,000ドル(約515万円)近辺まで値を上げている。BTCは、ウォルマートのLTC決済を受け入れ報道否定で一時44,000ドルを割れたが、英ヘッジファンド、ブレバンハワードの暗号資産投資積極化、モルガンスタンレーの暗号資産調査部門創設、電子プラットフォーム大手インタラクティブブローカーズの暗号資産現物取扱開始など金融機関の参入に関するヘッドラインが続いたこともありじりじりと値を戻した。アジア時間に入るとDBS幹部がロイターのインタビューで投資家の暗号資産需要に自信を示す一方で、米民主党がキャピタルゲイン増税と損出し規制の暗号資産への適用案を発表し、45,000ドル(約495万円)近辺で伸び悩んだ。しかし日経平均がバブル後最高値を更新、ハッシュレートが170EH/sに急伸するとじりじりと値を上げた。更に予想を下回る米CPIがテーパリング後退の思惑を呼び米株は高寄り、BTCは47,000ドルに迫ったが、ハッシュレートが反落、米株も反転し前日比マイナスに下落する中、BTCも伸び悩んでいる。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。


関連記事リンク(外部サイト)

米ビットコインETF承認を再延期、規制強化連想で上値が重いか―米SECの動向に注目【仮想通貨相場】
ビットコイン、昨晩の乱高下の理由と反発の兆し【仮想通貨相場】
投資家の注目を集めるLTC(ライトコイン)、 アクティブアドレスから見える強気シグナル【仮想通貨相場】

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧