特殊詐欺の加害者と被害者から浮かび上がる経済の世代間格差

access_time create folder生活・趣味

特殊詐欺の加害者と被害者から浮かび上がる経済の世代間格差

285億以上もある特殊詐欺の被害金額

いまの日本で、高齢者は詐欺を主とする犯罪の格好の餌食となっている。犯罪者からすれば、高齢者は一番だましやすく、現金を奪い取れることのできる相手だ。

典型的な例が、特殊詐欺(通称「オレオレ詐欺」)だろう。第三者が自宅に電話をかけて、子どもや孫のふりをして「俺だ。事故を起こしてしまったんで、お金を貸してほしい」などと言って金銭をだまし取る。

電話を受けた人は「子どもが困っているならすぐに助けなければ!」と考えてお金を用意する。そして電話の人間の指示に従って、ATMから別の人の名義の口座に多額のお金を振り込んだり、家に取りにきた「同僚」や「友達」を名乗る人に現金を渡したりする。しかし、それは真っ赤な嘘で、あとで気がついたときには電話も通じず、お金だけが消えている――。


▲高齢者は詐欺を主とする犯罪の格好の餌食に… イメージ:PIXTA

特殊詐欺は、2000年ごろから急増しはじめた。最初は、電話の主が「俺だよ、俺」と名乗ることからオレオレ詐欺と呼ばれた。だまされる人があとを絶たず、手口も多様化したことで、名称も「特殊詐欺」とされた。

最近の特殊詐欺は巧妙化していて、親族以外の人物を名乗ることが多い。電話口で、警察官や銀行員を名乗って、こんなふうに言う。

「あなたの銀行口座が狙われている可能性があります。最大で300万円が抜き取られているかもしれません。すぐに保護する必要があるので、いまお持ちのカード番号と暗証番号を教えてください」

本人は驚いて番号を教える。犯人は電話を切るや否や、そのカード番号と暗証番号で奪えるだけのものを奪う。

特殊詐欺の被害金額は、判明しているだけで285億2335万円。別の手口による詐欺も含めて、判明していないものを合計すれば、被害金額は膨大な額になるはずだ。

どういう人たちが被害にあっているのだろう?

特殊詐欺の被害者の年齢を見てみると、70歳以上が79パーセント、65〜69歳が6.8パーセントとなっている。

64歳以下は約15パーセントにも満たない。実に、被害者の8割以上が65歳以上の高齢者だと考えられる。

裕福な高齢者への若者からの報復か?

一方、高齢者を狙う犯罪者はどんな人たちなのか。特殊詐欺は、下図のような構造で行なわれている。


▲詐欺グループの構成図 出典:『格差と分断の社会地図 16歳からの〈日本のリアル〉』

全体を主導している主犯格は、暴力団員や半グレと呼ばれるような人たちだ。彼らが地元のネットワークをつかって後輩らに呼びかけて、電話をかけるグループのリーダーや、お金を引き出す「出し子」と呼ばれる役や搬送役のリーダーをやらせる。

そして実行犯のリーダーは、足がつかないようにネットや人の紹介で実行犯を集めて手を汚させる。

実行犯のリーダーは、主犯格のグループの存在を明かさないし、実行犯たちに自分の本名や連絡先も教えない。場合によっては顔をあわすこともなく、SNSだけで指示をする。したがって、もし実行犯が警察に逮捕されるようなことがあれば、トカゲのしっぽのように末端の人間を切り捨てて逃げる。

組織の中心人物が捕まらないような仕組みになっているのだ。

また、主犯格は警察の手の届かない海外に拠点を置くこともある。フィリピン・タイ・カンボジア・中国といった国でマンションや一軒家を貸し切り、そこをアジトにして日本へ電話をする。インターネット回線をつかえば、電話料金なんてただも同然だ。2019年には、フィリピンで特殊詐欺をしていたグループの末端メンバー36人が拘束されている。

特殊詐欺で逮捕された加害者たちの年齢を示すのが下図だ。10代から20代だけで7割を占めているのがわかるだろう。


▲2008年(1~5月)に検挙した容疑者の年齢別構成比 出典:『格差と分断の社会地図 16歳からの〈日本のリアル〉』

実際に少年院へ行けば、特殊詐欺で捕まった10代の子どもたちがウヨウヨしている。

これが示しているのは、実行犯は10代から20 代、リーダーや主犯格でさえ20代〜30代という現実だ。

加害者の年齢層と被害者の年齢層を比べて、何に気づくだろうか。加害者は孫世代の10代~20代。被害者は親の年齢を飛び越して祖父母の世代になっている。つまり、特殊詐欺には、孫世代が祖父母世代からお金をだましとっている構図がある。

若者によって高齢者がターゲットにされているのは、特殊詐欺に限らない。空き巣・恐喝・強盗・傷害なども同様だ。

犯罪全般においても、被害に遭う高齢者の比率は増加の一途をたどっている。被害者の割合が増加しているのは、少子高齢化による高齢者の人口増が原因ではなく、格好の標的にされているからだ。――日本は先祖崇拝のお年寄りを大切にする国。そんなふうに言われていたのは、昔のこと。

こういう現実を目の当たりにすると、若者たちが高齢者を食い物にしているのがわかるだろう。

「逃げ切り」年配世代と「冷や飯食い」若者世代

なぜ、こうした現象が起きているのか。背景には、世代間格差の問題がある。

バブルの時代を駆け抜けて資産をつくることができた高齢者と、失われた20年〔1990年代頭から2010年代頭〕のなかで生まれ育ってきた若い世代。これが世代の大きな断絶となって、社会問題を引き起こしているのだ。なぜこういうことが起きているのだろう。


▲「逃げ切り」年配世代 イメージ:PIXTA

いまの高齢者世代には、資産をつくってバブルを逃げ切った人たちが一定層いる。しかし、バブルが崩壊した1990年代に、日本の多くの企業、逃げ切った高齢者世代がしなければならなかったのは、未来に向けた新しい体制づくりだったはずだ。

企業が10年後、20年後を本気で考えれば、高い給与を得ながら生産性の低い年配の社員を切り、有望な若手を社員として雇用しなければならなかった。優秀な若い人材こそが財産のはずだ。

しかし現実の対応は違った。企業はすでにいる社員の雇用を優先して守り、新規採用を減らして非正規雇用に重きをおいた。

すでに役職についていた年配の人たちが、企業や社会や若者の未来より、10年後の定年まで自分たちが利権を握り、生きていけることを大事にしたためだ。

その結果、年配の社員は定年まで高い給料をもらい、資産を蓄えて退職することに成功した。

一方、彼らの子どもにあたる若者は、正社員として雇われる機会を失い、収入もスキルも手に入れることができなくなった。

年配の人たちは逃げ切り、若者世代は冷や飯を食わされたというわけだ。


▲「冷や飯食い」若者世代 イメージ:PIXTA

こうしたことが、経済的に余裕のある高齢者の層をつくり上げた。

祖父母世代の6割以上が、1000万円以上の貯蓄を持っているとも言われている。この層は年金を受給しており、株などの金融商品から利益を得ていたりする人も含まれている。

これに比べて若者の資産はどうか。ある調査では、調査対象の40代の2人に1人は金融資産がないと回答した。“ある”と回答した人も、およそ2人に1人が400万円以下となっている。40代といえば、社会でもっとも活躍しつつ、お金のかかる世代だ。

住宅ローンなどはもちろんのこと、子どもが高校や大学へ進学すれば、私立高校なら3年間で平均300万円、私立大学なら4年間で平均500万円ほどがかかる。400万円の貯金なんてあっという間に消えてしまうわけで、大勢の人たちがなんとかやりくりして日々を乗り越えていると言ってもいいだろう。

高齢者が築いた資産でゆとりある生活をする一方で、社会の中心を担っている世代が経済的に困窮する。世代間格差とは、まさにこうした世代の違いを示す言葉だ。

※本記事は、石井光太:著『格差と分断の社会地図 16歳からの〈日本のリアル〉』(日本実業出版社:刊)より一部を抜粋編集したものです。


関連記事リンク(外部サイト)

外国籍の子どもにもある無限の未来を「運」に委ねてはいけない
児童養護施設の職員が語る「見守ってもらえている」ことの大事さ
意外に多い!? 少年院にいるスパルタ教育家庭で育った子どもたち

access_time create folder生活・趣味
local_offer
WANI BOOKS NewsCrunch

WANI BOOKS NewsCrunch

出版社ワニブックスが運営するWEBマガジン。 “いまが旬!”のニュースをクランチ(=噛み砕いて)してお届けします。ここでしか読めない!見られない!オリジナルのエンタメコンテンツも満載。

ウェブサイト: https://wanibooks-newscrunch.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧