20億ドル相当のビットコイン、わずか0.78ドル手数料で送金

access_time create folder政治・経済・社会
20億ドル相当のビットコイン、わずか0.78ドル手数料で送金

 

Blockchain.comのデータによれば、20億ドル(約2190億円)相当の巨額のビットコイン(BTC)トランザクションが処理された。莫大な金額であるにも関わらず、このトランザクションを処理した人物が支払った手数料は、0.78ドル相当のBTCのみだった。

この送金の目的が何であったのか、どのような個人もしくは組織がそれを行ったのかは不明だが、このトランザクションで示されているのは仮想通貨とブロックチェーンを利用した金融取引の大きな可能性だ。

しかし、これは巨額の送金をわずかな手数料で行った最初の事例ではない。2020年8月にも、10億ドル相当のビットコイン取引が4ドルの手数料で行われている。

法定通貨を使った金融エコシステムでこれほどの額のお金を送金しようとすれば、かなりの費用が掛かることになる。送金額の1~3%にのぼる高額な取引手数料が掛かることになる。20億ドル相当の取引の場合、2000万ドルから6000万ドルの費用が掛かる。また処理に1~4営業日かかることが多い。

BitInfoChartによると、ビットコインのベースレイヤーブロックチェーンの取引手数料の平均価格は0.000058BTC(約2.67ドル)だ。

20億ドル相当のビットコイン、わずか0.78ドル手数料で送金

時価総額で2番目に大きな仮想通貨であるイーサリアム(ETH)の平均手数料は、0.0061ETH(20.44ドル)で、ビットコインよりも数倍高くなっている。

 


関連記事リンク(外部サイト)

ビットコインは44000ドルのサポートが重要=アナリスト
マイクロストラテジー、2億4000万ドルでビットコインを追加購入
ビットコインは46000ドルのレジスタンスで膠着 ポルカドットは10%上昇

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧