土田晃之、アンジャ渡部との出会いをめぐり「喧嘩腰だった」「アイツら殺すかんな」と思ったと明かす

access_time create folderエンタメ
土田晃之、アンジャ渡部との出会いをめぐり「喧嘩腰だった」「アイツら殺すかんな」と思ったと明かす

画像:時事

9月12日放送の「土田晃之 日曜のへそ」(ニッポン放送)。

この日の土田さんは、若かりし頃のアンジャッシュとの出会いについてのエピソードを披露。

渡部建さんの態度が悪かったことなどを暴露し、注目が集まったようです。

土田晃之「喧嘩腰だった」 若かりし頃のアンジャ渡部のエピソードを語る

9月12日放送の「土田晃之 日曜のへそ」(ニッポン放送)。

この日は、ゲストとしてバカリズムさんが出演。

ラジオでの共演は初めてとなる土田さんとバカリズムさんは、番組のテーマである「懐かしい話」に沿って昔話に花を咲かせました。

そんな懐かしい話の1つとして、土田さんは若かりし頃のお笑いコンビ・アンジャッシュとの出会いについてのエピソードを披露。

「アイツらずーっと出てんのよ、若手の番組に。」「全然若手じゃないのに。俺とか別にタメ口で喋ってるしさ」と、アンジャッシュとの関係性を話し始めた土田さん。

土田さんとアンジャッシュはほぼ同期であるものの、約1年ほど土田さんが先輩。

しかし、「出会った時が喧嘩腰だった」とアンジャッシュ・渡部建さんの態度が悪かったことを暴露したのです。

「こっちから友好的に『あ、お疲れ様です。昨日、見ました』って声をかけたのに、『あっそ』って。」、「俺、(あまりの態度の悪さに)『なんだ?あれ』って。」と、渡部さんに腹が立ったエピソードを明かしました。

更には、土田さんは当時の相方と「アイツら殺すかんな」と語っていたことを明かし、バカリズムさんと下積み時代の話題で盛り上がりました。

リスナーからも、

《バカリとつっちーとか最高ね》

《バカリズムの若い頃の芸能トークが自分と同世代だし福岡だし土田さんは引き出し多くて最高》

《この世代の人達の若手時代の話はいつ聞いても面白い》

など、2人の懐かしい話を楽しむ声が集まったようです。

ほぼ同期! アンジャッシュと土田晃之の関係性とは

この日、自身のラジオでアンジャッシュ・渡部建さんの若手時代の態度の悪さを語った土田晃之さん。

土田さんはアンジャッシュ・児嶋一哉さんより1年、渡部建さんより1年半ほど先輩ではあるものの、ほぼ同期として下積み時代を共にしてきたようです。

20歳頃から20年以上の付き合いで、特に土田さんと渡部さんは同い年で土田さんの実家に渡部さんが何度か遊びに行くような関係だったことを明かしています。

また、渡部さんの不倫騒動があった際には、「バイキング」(フジテレビ系)で「やっぱりゲスだなとは思いましたね」と渡部さんを厳しく批判しつつも、「僕も同じ歳で、19、20歳くらいからの仲なんだけど、仲間のこんな話を聞きたくないな」と残念がるコメントを出していた土田さん。

今回の渡部さんの若手時代の態度の悪さを暴露したエピソードも、同期としての愛があるからこそのイジリだったのかもしれませんね。

(文:Quick Timez編集部)

関連記事リンク(外部サイト)

元ブルゾンちえみ・藤原詩織、変わり果てた姿に?ファン驚愕「見取り図のリリーみたい」
博多大吉、有働由美子アナのサプライズ登場に動揺隠せず「映していいのかな?」
ネプチューン・堀内健、ついにTikTokをスタート!意気込み語る「毎日新曲を上げていく予定です」
明石家さんま、ビートたけしの襲撃事件をめぐり「思っているより平気やったと思いますよ」
吉岡里帆、アインシュタイン稲田との共演をめぐり「稲さんとはいいです、女性の友達と…」とやんわり断る

access_time create folderエンタメ
local_offer
Quick Timez

Quick Timez

Quick Timezでは映画やドラマ、音楽にアニメ、はたまたタレントの情報といったエンターテインメント全般の中にある読者皆様の”なぜ”、”どうして”に迅速にお応えすることを心掛けています。

ウェブサイト: https://quick-timez.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧