【Coleman】2022年新製品展示会に参加!ソロにもファミリーにも優しいコールマンの最新ギア

access_time create folder生活・趣味
【Coleman】2022年新製品展示会に参加!ソロにもファミリーにも優しいコールマンの最新ギア

こんにちは!TAKIBI編集部のナンちゃんです。
9月1日、2日とオンラインで開催された「2022年度コールマン新製品展示会オンラインツアー」に参加してきました。

興味を惹かれる最新ギアの数々、そしてコールマンさんの心意気に、心が躍るオンラインツアーでした。

オンラインツアーの様子と、みなさん気になる2022年度リリース予定の最新ギアを早速ご紹介していきます!

Coleman公式サイトはこちら

まずはムービーと代表挨拶から

昨年10月に初のオンラインツアーを開催したコールマン。今年も世間の事情を鑑みて、新製品展示会はオンライン開催となりました。

まずは、コールマンの歴史とこれからについてまとめられたムービーと代表の中里豊さんによる挨拶から。

2022年のコールマンのキーメッセージ

キャンプは、人生の一部だ。
色んなシーンでキャンプを楽しめるようになった今、
人や自然に優しいキャンプが大切なんだ。
キャンプ愛と地球愛は、リンクするのだから。
キャンプがライフスタイルの一部として定着するよう、
コールマンは皆様とともに、すべてのキャンパーが
いつまでも楽しめるキャンプ文化を作り続けていきます。

引用:Coleman

素敵なメッセージと指針です!ただギアを売るのではなく、文化も作っていく姿勢で2022年もコールマンはひた走ります。

3つの取り組み

取り組みは大きく3本の柱に沿っていきます。

・より長く製品を使っていただくために
・環境負荷軽減のために
・より良いキャンプ文化を作るために

既にこれらの動きは始まっていて、修理やリサイクルの体制も整え、キャンプ場と連携してマナーや安全の啓発も行っています。

キャンプ人口は2011年から右肩上がりで、ギアを日常で使う人も増え、ライフスタイルの一部と化したキャンプ。さらに、最近の世情でなかなか自由に外に出づらい今、自然回帰・非日常への欲求は高まっています。この状況でもっと楽しんでもらうために、コールマンでは5つのスタイルを提案し、新製品を出すことにしました!

2つのターゲットに提案する5つのスタイル

今回は2つのフォーカスターゲットに向けて、5種類のスタイルを提案していくそうです。そのターゲットとスタイルとは…

フォーカスターゲット その1「ファミリーキャンプビギナー」


出典:PIXTA

子供をきっかけにキャンプを始めるご家庭も増えているので、そんなご家庭をサポートする構えです。そんな「ファミリーキャンプビギナー」に提案するスタイルはこの3つ。

サマーファミリーキャンプ
夏キャンプを快適に過ごすための機能性ギア

パークキャンプ
ママ目線のお手軽アウトドア
 
おうちキャンプ
お家使いも、外にも持ち出しやすいアイテム

フォーカスターゲット その2「シングル・グループキャンパー」


出典:Unsplash

密を避けられるアクティビティとして人気がさらに高まっているキャンプ。少人数単位でのキャンプに役立つギアも出していきます。そんな「シングル・グループキャンパー」に提案するスタイルはこの2つ。

スマートソロキャンプ
「バッグ一つでキャンプへGO」ソロキャンプスタートパッケージ!

デュオキャンプ
癒しの時間を共有する​焚き火、料理中心のコンパクトギア​

提案する5つのスタイルを紹介したところで、それぞれのスタイルに合うオススメ新製品を詳しく見ていきましょう!

サマーファミリーキャンプ


出典:Coleman

夏の暑さや日差しに負けずキャンプを始めようとしているファミリー初心者に向けたスタイルです。

夏休みなどが重なるためファミキャンと言えば夏が定番ですが、子供たちが熱中症にならないか、夜に寝苦しくならないかなど、暑さが原因の不安は尽きないものです。

そんな不安を一掃する涼しいテントが開発されました。

夏のテント内も涼しく過ごせる


画像提供:Coleman

コールマンのテントの人気機能「ダークルーム」はそのままに、さらに進化して過ごしやすくなったのが「タフスクリーン2ルームエアー/MDX+」です。

虫が入ってこられない範囲でメッシュを広げて、通気性は今までよりも1.5倍アップ。そして、ダークルームテクノロジーで日差しは90%カット。もっと涼しく過ごせます。タフスクリーン2ルームエアー/MDX+はいわば「ダークルーム”エアー”」です。


画像提供:Coleman

さらに、テントの上部にはファンを取り付けるためのアクセサリーが標準装備。ファンを取り付けて、テント内の熱や湿気をササッと排出できるようになります。

これで夏休みのキャンプも安心ですね!

パークキャンプ


出典:Coleman

便利で時短できて気軽にアウトドアを楽しむためのスタイルです。

チェアを持って屋外に繰り出す「チェアリング」をしたり、河川敷にバーナーだけ持って行ってアウトドアでのご飯を楽しんだり、最近は身近で手軽なアウトドアも発展しつつあります。公園だって立派にアウトドアは楽しめます。

「子供をキャンプに連れて行きたいけれどまだ泊まるのは不安かな」と考えているご家庭でも、すぐできる上に不安も少ないパークキャンプスタイルからスタートすれば安心です!ピクニックにチェアやギアを追加すれば、もうそれは「パークキャンプ」なのです。

公園でマットを広げてお手軽アウトドア


画像提供:Coleman

公園でマットを敷いて、小さいチェアなどを出せば、パークキャンプはすぐにでも開始できます。「ピクニックマット 200×145」「コンパクトグランドチェア」は活躍間違いなしです。

両面撥水加工で汚れもふき取りやすく、丸洗いも可能な「ピクニックマット 200×145」なら、お子さんが何かをこぼしても大丈夫。親御さんは余計にハラハラせずに済みます。また、シートは厚みもあるので、地面のゴツゴツ感は軽減されてゆったりとパークキャンプを楽しめます。
そして、セットで使いたいのが「コンパクトグランドチェア」。地べたに座りながらも、お尻にはクッション、背中には背もたれがある状態でリラックスできます。


画像提供:Coleman

エコバッグが付属しているから、常温のものを分けて運べるクーラーボックス「デイリークーラートート」や、保冷・保温効果が高く、飲み口も広い「ダブルステンレスボトル」も登場。パークキャンプのみならず日常でも活躍しそうです。

おうちキャンプ


出典:Coleman

ベランダやお庭でアウトドアを楽しむスタイルです。

屋外・屋内両方で使えるカラーリングだったり、機能性が高く使える場面が広いギアが登場します。キャンプにはなかなか行けないけれど、アウトドアには興味がある方は、おうちキャンプから初めてみてもいいのではないでしょうか!

部屋でも庭でもキャンプでも使えるのが便利

簡単に組み立てられる「インスタントバイザーシェードⅡ/L+」は、お庭でBBQをするときに立ててもいいですし、もちろんキャンプでも使えます。日差しを避けて熱中症を回避しながらアウトドアを楽しめます。


画像提供:Coleman

「オーガニック テーブルウェアセット ファミリー」は自然由来の素材を50%以上使った食器のセットです。シンプルなデザインなので、お家で使ってもおしゃれ!充電式ランタンの「リチャージャブル ハンギングランタン」は丸みがある可愛いデザインで、どこに置いても馴染みます。携帯電話の充電もできるので防災用としても活躍します。


画像提供:Coleman

部屋でも庭でもキャンプでも使えるアイテムなら揃えても邪魔にならないですし、何より手軽にできるので、おうちキャンプはもっともっと流行っていきそうですよね…!

スマートソロキャンプ


出典:Coleman

最近増えているソロキャンパーを応援するスタイルです。

キャンプに挑戦してみたいけれど、何が必要か分からない…
車は持ってないし、部屋も広くないから、道具はそんなに集められない…
でも、ソロキャンはやってみたい…

そんなソロキャンパーにとって希望の光となる新顔が登場します。

ソロキャンプの全てが詰まったカバン


画像提供:Coleman

ソロキャンに必要なものが1つのカバンに収まっていて、これさえあればすぐにでもソロキャンに繰り出すことができます。ありそうでなかったスターターパックです。二の足を踏んでいた方でも、「ソロキャンプスタートパッケージ」さえあればなんとかなるのなら、すぐにキャンプを始められますね!

価格は76,800円(税込)なのですが、実は「ソロキャンプに必要な初期投資がちょうど同じくらいの額になる」という調査の結果も出ているのです。価格は同じくらいでも一回買うだけで済むので、揃える手間は大幅にカットできます。


画像提供:Coleman

含まれているのは、テント、シュラフ、マット、チェア、テーブル、焚き火台、焚き火シート、バーナー、クッカーセット、ランタンの10アイテム。それらがホイール付きのキャリーケースにすっぽり収まっているのです。

また、入っているテントはワンタッチで設営可能。初心者が最初にぶつかる壁「テント設営」を極限まで簡易化してくれています。


画像提供:Coleman

画像提供:Coleman

画像提供:Coleman

収納されている状態はとってもコンパクト。宅配便で現地に送って手ぶらで移動することもできますし、いざというときの防災用に置いておいても邪魔になりません。


画像提供:Coleman

デュオキャンプ


出典:Coleman

少人数で濃く楽しい時間を過ごしたくて、多少お金がかかってもキャンプの時間を充実させたい方へ向けたスタイルです。

多機能だったり簡単だったりコンパクトだったり、上質なギアを揃えて、理想のキャンプを叶えましょう。

今回新たに登場するのは、焚き火や料理をもっと楽しむためのコンパクトな製品、そして少人数キャンプに合わせた手軽(でも本格的)な製品です。

焚き火と料理を楽しむためのギア


画像提供:Coleman

焚き火台の上に重ねて、そのまま調理ができる「アジャスタブルグリルグレート」は高さが調整できるので、様々なギアと組み合わせて使えます。もちろんコールマンのファイアーディスクソロにもぴったり。


画像提供:Coleman

「ボンファイアーツールセット」は、火ばさみ、ショベル、火吹き棒が1つになったセット。焚き火台と薪とこのセットがあれば、快適な焚き火がスタートできます。


画像提供:Coleman

さらにアルコールバーナー、五徳、クッカー、燃料ボトルがキャリーケースに収まった「コンパクト アルコールバーナー&クッカーセット」も新登場。キャリーケースさえ持っていけば、キャンプ飯はすぐそこです!


画像提供:Coleman

画像提供:Coleman

ホットサンドクッカーのような発想でフライパンをくっつけた「ダブルパンクッカー」も生まれました!分離して2つのフライパンとして使うもよし、肉まんやパンなどを挟み焼きするもよし。キャンプでのお料理がもっと楽しくなりますね。

少人数設営はスムーズに


画像提供:Coleman

2~3人でキャンプをする際にちょうどいいのが「タフドームエアー/240+ヘキサセット」です。大人2人で広々と過ごせる空間があるうえ、セットになってるタープの連結はとても楽に行なうことができます。ササっと設営して、後はゆっくり楽しみましょう。

地球を守る活動・キャンプ文化の根を育てる活動にも注力!


出典:Coleman

コールマンでは、製品の修理体制を整えたり、廃棄となってしまったテントをリサイクルしておしゃれなカバンを作ったり、環境負荷軽減のための活動も行なっています。

また、より良いキャンプ文化を作っていくために、マナー啓発もキャンプ場と協力しながら進めています。なかでも「グッドキャンパーの心得」は100以上のキャンプ場で活用されているそうです。

グッドキャンパーの心得


出典:The Coleman Camp

2021年11月20日~22日には、茨城県の涸沼自然公園キャンプ場でキャンプイベント「The Coleman Camp」が開催されます。初心者もベテランも楽しめるキャンプイベントです。キャンプ文化を広げる活動も抜かりなし!

The Coleman Camp

3つの取り組み、有言実行ですね!

まとめ


出典:The Coleman Camp

コロナ禍に入って世界が目まぐるしく変わる昨今、コールマンさんは元々アウトドア好きの人はもちろんのこと、これからアウトドアに踏み出す方々も楽しめるように工夫を凝らしていました。

アウトドアを楽しみたい人が増えてキャンプ市場が伸び始めたのはなんとなく体感していました。しかし、キャンプ用品が求められるのは決して屋外だけではなく、テレワークが広がり始めたことによりお家でも使えるテーブル、イスなどの人気も加速しているのだとか。

時代の変化を読みつつ、より多くの人が楽しめるように、そしてアウトドアを楽しむ文化をもっと育てて行けるように頑張っているコールマンさんから目が離せませんね!

ワクワクしながら新製品の発売を待ちましょう!


関連記事リンク(外部サイト)

【初心者向け】揃えるべきキャンプ用品と失敗しないための選び方
【北海道】然別湖北岸野営場|満天の星空と透明度の高い湖を満喫する贅沢湖畔キャンプ
キャンプ飯に欠かせない肉料理!美味しく作るポイント&人気レシピ

access_time create folder生活・趣味
local_offer
TAKIBI

TAKIBI

キャンプ、釣り、キャンプ料理などアウトドアの事ならTAKIBIにお任せ!実体験をもとにしたコンテンツで、リアルな商品情報や地域情報をお届けします!さらに、全国約3,000件のキャンプ場情報を網羅したキャンプ場予約サイトならあなたの条件に合ったキャンプ場が見つかります!

ウェブサイト: https://takibi.style/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧