高井千帆と内藤るなが語るB.O.L.Tの「現在地」と「これから」

access_time create folder生活・趣味

高井千帆と内藤るなが語るB.O.L.Tの「現在地」と「これから」

9月1日に2ndアルバム『Attitude』をリリースし、現在、そのアルバムをひっさげての東名阪+横浜ツアーを開催中のB.O.L.T。彼女たちの「現在地」を語ってもらうインタビューに高井千帆&内藤るなが登場。あの日、流した涙の真相から、アルバムに込められた想いまで、たっぷりと語ってもらいました。これを読めばB.O.L.Tの「これから」がより楽しめます!

高井千帆が発した言葉の意味と内藤るなの涙のワケ

7月15日に開催されたB.O.L.T2周年記念ライブで、内藤るなが号泣した。高井千帆が挨拶で発した「今が一番楽しい」という、なにげない一言が涙のトリガーとなった。

〇2021.7.15『B.O.L.T 2nd ANNIVERSARY LIVE』ライブレポート

B.O.L.Tが結成2周年ライブを開催! 単なる「2周年」ではないライブに込められた想い | WANI BOOKS NewsCrunch(ニュースクランチ)

B.O.L.Tが結成2周年ライブを開催! 単なる「2周年」ではないライブに込められた想い | WANI BOOKS NewsCrunch(ニュースクランチ)

結成日である7月15日にB.O.L.Tが結成2周年ライブを開催。2年の活動のうち約1年4カ月がコロナ禍という、特異な経験をしてきた彼…

「あれは今だからこそ出てきた言葉だと思います。2年前には言えなかったですよね。2年間、B.O.L.Tとしてやってきたから言えるようになったのかな」(高井千帆)


▲2周年ライブで発した言葉の意味を教えてくれた高井千帆

「メンバーが挨拶しているときって、ファンの皆さんは当然、真正面から見ているわけですけど、私たちは横から見ているんですね。そう、ちぃちゃん(高井千帆)の横顔を毎回、見ているんですよ。その表情って毎回、違うんですよ。ライブが終わった直後だから、すごく楽しそうなときもあれば、うまくいかなかったときには悔しそうなときもある。

本当にそのとき、そのときで全然違う。あの日は、ちょうどそんなことを考えていたんですよ。小さいのにすごくチャキチャキしゃべっていたちぃちゃんの姿を思い浮かべて、“あぁ、エモいなぁ〜”と考えていたタイミングで「今が一番楽しい」って言われちゃったから、もう涙腺が……ダメなんですよ、最近、涙腺が弱くなって」(内藤るな)


▲あの日の涙のワケを語ってくれた内藤るな

「私もびっくりしたよ! 皆さんにお辞儀をしてパッと顔をあげたら、右にいるはずのあやちゃんがいなくて、るんぱん(内藤るな)のところに駆け寄っていて。えっ? と思ったら、るんぱんが『男泣き』しているからさぁ〜」(高井千帆)

「あぁ、あの泣きかた、いろんな人に『男泣き』って言われたよ(苦笑)。ただね、あの瞬間まで泣くなんて思ってもいなかった。そもそも2周年記念ライブで泣くなんて考えないでしょ? それにあの日はライブが楽しすぎて、涙なんて想像もつかなかった」(内藤るな)

「るんぱんの泣いている姿、久しぶりに見たよ。るんぱんはめっちゃ強いわけではないけど、人前では絶対に泣かないって強さがあるでしょ? それだけに泣き崩れている姿には私もグッときたよ」(高井千帆)

まだB.O.L.Tの歴史は2年しかないが、このふたりの物語はもっともっと長い。過去にも同じアイドルグループに所属していたことが何度かあり「もはや、何をどこから数えたらいいのかわからなくなっちゃいました(苦笑)」と高井千帆が振り返るほど、長い長い歴史を紡いできた。

そういった背景を考えると、高井千帆の言葉も内藤るなの涙も本当に意味深いし、そんな思いを乗せて、次なる一歩を踏み出したのだから、これはもう注目せざるを得ない。

「異色のグループ」から「立派なチーム」への変身

その一歩目が9月1日にリリースされた2ndアルバム『Attitude』。内藤るなは楽曲をもらった時点で、早くも手応えを感じていた、という。

「前回の1stアルバム『POP』のときはコロナ禍で、まだライブができていない時期のリリースだったので、ライブで披露することを考えるというよりも、アルバムを聴いていただいて、そこで物語が完結するようなイメージだったんですね。でも、今回は違う。私たちも2周年を迎えて成長した部分もあるし、あやなのちゃんのパートも多くなってきた。

そして、ツアーも始まるのでライブのことも考えられるようになった。もう曲をいただいた瞬間に「これはファンの方も一緒にノリやすそう」「あぁ、一緒に踊れそうだなぁ〜」って、ライブの光景が頭に浮かんできたんですよ! だから、たくさんアルバムを聴いてもらって、ライブでもどんどん見せていけたらいいなって」(内藤るな)

そして高井千帆はこう語る。

「前作の『POP』は、B.O.L.Tをまったく知らない方に『これがB.O.L.Tです!』と自信を持って出せる名刺代わりの一枚だったと思うんですよ。あれから1年経って、今回は自分たちが『こうやっていきたい』という姿勢を感じていただける作品になっていると思います。それは全曲、歌詞を見ていただければ、と。語尾から『私たちはこうしたいんだ!』というものがしっかりと伝わると思うので」(高井千帆)

楽曲の幅はさらに広がったが、歌詞にはしっかりとしたメッセージが込められている。だからこそ、アルバムでしっかり聴きこんでもらって、そのうえでライブでのパフォーマンスを楽しんでほしい、というメンバーの想いは強くなる。

「リード曲の『Yummy!』は、これまで曲の中では見せてこれなかったアイドルらしい部分が出た女の子目線のかわいい楽曲なんですけど、じつはこれから出会うかもしれない未来のファンの方たち、そして以前は好きでいてくれたけど久しく会っていないですよねって方たちに対しても『今の私たちを見て!』という熱い思いがこもった一曲でもあるんですよ。だから、本当にたくさんの方に聴いていただきたいですね」(高井千帆)

「ロックバラードな感じの『未完成呼吸』もすごく深い意味があって。今回は、さまざまな体のパーツがテーマになっている楽曲が多いんですけど、呼吸をすることで全身に血がめぐっていくと考えると、呼吸って裏の大事なパーツなのかなって。そして、誰でも呼吸はしているけれど、完成した呼吸はない……そのあたりを意識しながら聴いていただけると、いろいろと伝わるものがあると思います」(内藤るな)

これらの楽曲は、現在開催中のツアー『#BOLT関東デマス〜初ライブツアーの巻〜』でも披露されている。本編はアルバムのジャケットで披露した新衣装でのパフォーマンスとなっているのだが、面白いことに衣装がガラッと変わったことで既存の楽曲まで見えかたがガラッと変わってくる。

このツアーも残すところ12日の名古屋、そして23日の横浜公演のみ。これまで応援してきた人はもちろん、今回のアルバム『Attitude』が入口になった初心者の方でも楽しめるステージとなることは必至だ。

高井千帆は先日、ファッション誌『LARME』のレギュラーモデルオーディションに参加し、堂々の2位に輝いた。これまでのファン以外からも注目を集め始めているし、これから誌面に登場するようになれば、さらに大きなプラス効果が期待されるが、それを踏まえたうえで高井千帆は「チームワーク」を強調した。

「B.O.L.Tはチームだから、みんなで協力してこそ生まれるものもあると思うんですよ。あやなのちゃんたちもいろんな案を出してくれるようになったし、私たちもあやなのちゃんに告知の指導をするようになった(笑)。そうやって生まれるチームワークは、これからもっともっと作りあげていきたいですね」(高井千帆)

これまでは中学1年生のあやなのを、高井千帆と内藤るなが引っ張っていく構図だったが、この話を聞くだけでも、あやなのの存在もしっかり大きくなってきている。身長もグングン伸びて、もう「異色のグループ」という見えかたはしなくなってきた。そう、立派な「チーム」なのである。新たなB.O.L.Tの足跡はツアー中にもリアルタイムで刻まれ続けている。


▲ツアー初日の東京公演・感情を込めながら歌う2人

▲マイクスタンドを手にかっこよく歌う高井千帆

▲片手を突き挙げ観客と一体のステージを作る内藤るな

▲さらなる進化をみせる4人から目が離せない!  

〇新アルバム『Attitude』リリース記念【Crunch-special-intervieW-前編-】

“あやなの”の「13歳、真夏の大冒険」開幕! 今年の夏しか目撃できないB.O.L.Tの姿 | WANI BOOKS NewsCrunch(ニュースクランチ)

“あやなの”の「13歳、真夏の大冒険」開幕! 今年の夏しか目撃できないB.O.L.Tの姿 | WANI BOOKS NewsCrunch(ニュースクランチ)

9月1日に2ndアルバム『Attitude』が発売されたB.O.L.T。NewsCrunchがインタビューを敢行。前編では“大舞台”…

全ての写真をみる(https://wanibooks-newscrunch.com/articles/photo/2364)

〈小島 和宏〉


関連記事リンク(外部サイト)

“あやなの”の「13歳、真夏の大冒険」開幕! 今年の夏しか目撃できないB.O.L.Tの姿
幸せの笑顔の種を日本中に届ける! B.O.L.T高井千帆&白浜あやインタビュー
春に咲き誇る笑顔いっぱいの花たち。B.O.L.T内藤るな&青山菜花インタビュー

access_time create folder生活・趣味
local_offer
WANI BOOKS NewsCrunch

WANI BOOKS NewsCrunch

出版社ワニブックスが運営するWEBマガジン。 “いまが旬!”のニュースをクランチ(=噛み砕いて)してお届けします。ここでしか読めない!見られない!オリジナルのエンタメコンテンツも満載。

ウェブサイト: https://wanibooks-newscrunch.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧