『ザ・マスクド・シンガー』 制作陣の圧倒的なこだわりの秘密! 「楽曲選び」「スタジオの美術」

access_time create folderエンタメ

Amazon Original 番組『ザ・マスクド・シンガー』がAmazon Prime Videoにてプライム会員向けに独占配信中。『ザ・マスクド・シンガー』は、個性溢れるコスチュームに身を包んだ12名のマスクドシンガーの圧倒的なパフォーマンスバトルと、中の豪華スターの推理を楽しむ、新感覚の音楽ライブエンターテイメント。

海外発の本作が、日本でヒットする秘密がキャスト/スタッフのコメントから明らかになりました。『ザ・マスクド・シンガー』は、全世界50ヵ国を熱狂させた超ビックタイトル。この作品の日本版を制作するに辺り、パフォーマーたちが歌う楽曲をはじめ、マスクド・シンガーたちのコスチュームやステージの装飾に至るまで、計算されつくされた制作陣の強いコダワリが。

【コダワリその1 “オール日本人が刺さる楽曲!”】
本番組のエグゼクティブプロデューサーを務めたのは、これまで数々の大型TV 番組を手掛けてきた前原篤さん。前原さんは、「日本の方に楽しんでもらえるような楽曲の選び方を意識しました。ヒット曲を年代別に分けて、どんな世代でも皆が知っている歌謡曲を選び、幅広い年代の方が楽しめる楽曲を心掛けました。」と語り、あらゆる世代に刺さる楽曲選びにこだわったことを明かす。更に選曲には「私たちと演出チーム、プロデューサー陣、そして構成作家の方々と一緒に考えました。」と続け、多くの意見が取り入れられたことを話す。この制作陣の狙いは見事的中。マスクの中の有名人を当てるパネリストを務めたMIYAVIさんは、「毎回、新たな発見があります。今回も、日本の歌謡曲の魅力を再発見できました。」と
語り、マスクド・シンガーたちが歌う日本の楽曲の魅力を改めて感じたことを明かす。同じくパネリストを務めた絶大な人気を誇るアーティストグループ Perfume は、彼女たちが10 代の頃に練習をしていた楽曲が登場したようで、彼らのパフォーマンスを聞いていたら当時が蘇ってきたそうだ。

【コダワリその2 “細部に光る、日本テイスト!”】
本作のコスチュームデザインやステージ装飾など含めた美術全般を担当し、これまで数々の大ヒットTV ドラマや、バラエティ番組の美術を担当している鈴木賢太さんは、「これだけ大規模な番組を実際に作れるかということもありますが、“日本で制作する価値を示せるか”ということも大きな課題でした。」と語り、日本オリジナル版を制作するに辺り、海外版にはない、“日本らしさ”の演出にもこだわったことを明かす。鈴木さんは「例えば、ステージでいうと、ゲートをキツネ型にしました。日本では神聖なキツネ。これをちょっとおしゃれでカワイイお面としてデザインのベースにおくと、いろんなものが表現できるんじゃないか?ということになり採用されました。」と語り、MC やマスクド・シンガーたちが登場する、ゲートに日本らしさを演出したことを明かす。

全世界でヒットしている本作の日本版制作の裏には、制作陣の並々ならぬこだわりが。配信の際には、圧倒的なエンターテインメントの裏にある、彼らの演出にも是非注目を!

(C)2021 Amazon Content Services LLC

access_time create folderエンタメ

藤本エリ

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧