裏切り者への見せしめ…ロシアによる元スパイ襲撃事件の謎

access_time create folder生活・趣味

裏切り者への見せしめ…ロシアによる元スパイ襲撃事件の謎

2021年8月、イギリスの警察当局は、現金を受け取ってロシア諜報機関に協力していたとして、ベルリンのイギリス大使館で働くイギリス人男性を逮捕した。KGB出身のプーチン大統領のもと、ロシアによるスパイ活動は冷戦期のピーク並みにエスカレートしている。近年、ロシアのスパイが関わったとされる事件で思い出されるのは、2018年に元スパイの親子が毒殺未遂されたイギリス、ソールズベリーの事件だろう。この事件の政治的背景を、元駐ウクライナ大使の馬渕睦夫氏と、元ロンドン支局長の岡部伸氏が、今一度語り合う。

※本記事は、馬渕睦夫×岡部伸:著『新・日英同盟と脱中国 新たな希望』(ワニブックス:刊)より一部を抜粋編集したものです。

なぜ大統領選挙の直前に起こしたのか?

馬渕 私はソールズベリーの事件に関しては、よくわからないところがあります。特に事件の起こったタイミングですね。なぜあんな時にわざわざ起こしたのかと思います。

当時はロシアの大統領選挙の直前でした(2018年のロシア大統領選挙は3月18日に実施。ソールズベリー事件が起こったのは3月4日)。常識的に考えれば、そういうことをするとすぐにバレて「プーチンはけしからん!」と国際的に非難されます。

それはロシア国内にも跳ね返ってきて、プーチン自身の大統領選挙にも、マイナスの影響を及ぼすのは必至ですよね。だから、なぜそのタイミングでやったのかというのがよくわからない。もしプーチンやロシアの情報機関の指示でやったのだとすると、やっぱりタイミングが悪すぎるというのが疑問のひとつです。


▲ソールズベリー暗殺未遂事件の実行犯が宿泊したホテル ©岡部伸

その関連でいえば、イギリスがなぜファイブ・アイズ以外、西側20カ国にも情報を流して、これら諸国もロシア外交官を一斉に国外追放することになったのかも疑問ですね。

それからもうひとつの疑問は、襲撃された元スパイが二重スパイだったかどうかはわかりませんが、わざわざ暗殺のターゲットにしなければならないほどの人物なのかということです。

更にいえば、今回なぜ暗殺ではなく未遂で終わったのか。わざと致死量を使わなかったのか、それともやり方が稚拙だったのか、GRUがそんなヘマをやるだろうか、といった疑問も出てきます。

これらの点が私にはよくわからないんですけれども、岡部さんはどうお考えですか?

岡部 僕はプーチンが直接というより、プーチンを崇拝する中堅の幹部が、プーチンの意向を忖度して命じたんじゃないかなと考えています。つまり、プーチンの権威を高めるために周辺が実行したのではないかと。


▲モスクワのクレムリンの塔とクレムリンの壁 出典:PIXTA

襲撃されたスクリパリ氏は、ロシアからすると相当な裏切り者です。スクリパリ氏自身が、のちに語ったところによると、彼はバルト三国のエストニアに駐在していた1995年、M16に二重スパイとしてリクルートされ、欧州に潜伏しているロシア人エージェントの情報などを提供し、見返りに10万ドルを受け取ったとされています。

スパイ映画に出てくるような、自分のスパイ仲間を西側に金銭で売る、という裏切り行為を働いたとして、スクリパリ氏は2004年にモスクワで逮捕され、その2年後、イギリスのためにスパイ活動を行った国家反逆罪で、禁錮13年の判決を言い渡されて服役します。

出てきたのは2010年のことで、例のアメリカで逮捕された「美しすぎるスパイ」の異名で有名になった、アンナ・チャップマンらロシアのスパイ団10人とのいわゆる「スパイ交換」で保釈されました。


▲アンナ・チャップマン 出典:ウィキメディア・コモンズ

その後、イギリスに亡命したわけですが、実はこのとき、スクリパリ氏と同じように「スパイ交換」で保釈されて、イギリスに亡命したロシアの元スパイがもうひとりいるんです。CIAに関係するイギリス企業に機密情報を流した疑いで、2004年に有罪判決を受けたイーゴリ・スチャーギンという軍事の専門家です。

2人のロシア元スパイの異なる亡命生活

馬渕 その人はどうしているんですか?

岡部 研究員としてRUSI(英国王立防衛安全保障研究所)にいます。だから、ソールズベリーの事件が起きるまでは、彼とは日常的に接していました。スチャーギン氏は命を狙われなかったようです。

スクリパリ氏は、イングランドの田舎町のソールズベリーで、ひっそりと暮らしながらイギリスのMI6のコントローラーと接触をして、MI6に現状を報告しながら、一方でロンドンのケンジントンにあるロシア大使館にも定期的に通っていたとも言われています。

イギリスの監視下におかれながら二重スパイを続けたこと、そして、そもそもGRUの仲間の正体を暴露したことが「裏切り者は許さない」というプーチンの逆鱗に触れた可能性があります。

だから、見せしめとして「裏切った人間は絶対に許さず。徹底的に追い詰める」という強硬姿勢を示すことで、大統領選前にプーチン政権の求心力向上を狙ったのではないかとも言われています。

岡部 もうひとりのスチャーギン氏は、首都ロンドンのRUSIという世界有数のシンクタンクで、公然とロシア情勢分析を担当していることが公的に明らかになっていましたが、クレムリンに目をつけられるような活動は行っていなかったようです。

表の活動をしていたスチャーギン氏ではなく、影で静かに隠遁生活を送っていたかに見えたスクリパリ氏が狙われたのは、意外な感じがしました。

ソールズベリーは、ロンドンから車で南西に約2時間、人口約4万5000人のイングランドの落ち着いた田舎町です。美しい大聖堂が有名で、1215年のマグナ・カルタが所蔵され、ヨーロッパで最も古い時計も置かれています。北西13キロには摩訶不思議な古代遺跡ストーンヘンジがあります。


▲ソールズベリー大聖堂 マグナ・カルタのある大聖堂 出典:PIXTA

近所の人に、スクリパリ氏について聞いても「穏やかな余生を送り、二重スパイをやっていた人とは思えない」という反応でした。たまにドーセット州のボービントンにある戦車博物館に行って、戦車を見たりして楽しんでいたようで、周囲には余生を過ごしているような、本当に静かな暮らしをしていたように映っていました。

しかし、先ほども申し上げた通り、定期的にロンドンのロシア大使館にも通い、情報を交換・共有する一方で、M16とも接触を続けていたという話もあります。亡命したスパイの悲哀を感じてしまいます。


関連記事リンク(外部サイト)

NATOが「魔女宅」の島で警戒するロシア・中国とのハイブリッド戦争
アメリカ大統領執務室の「チャーチルの胸像」から見える米英関係
東郷平八郎とイチョウが結んだ日本とイギリスの縁

access_time create folder生活・趣味
local_offer
WANI BOOKS NewsCrunch

WANI BOOKS NewsCrunch

出版社ワニブックスが運営するWEBマガジン。 “いまが旬!”のニュースをクランチ(=噛み砕いて)してお届けします。ここでしか読めない!見られない!オリジナルのエンタメコンテンツも満載。

ウェブサイト: https://wanibooks-newscrunch.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧