ももクロ高城れに、始球式挑戦「ライブより緊張しました」

access_time create folderエンタメ
ももクロ高城れに、始球式挑戦「ライブより緊張しました」

阪神vs巨人戦で

始球式に挑戦する高城れに(C)野球見るならJ:COMデー

ももいろクローバーZの高城れにが9月5日、甲子園で行われた「阪神タイガースvs読売ジャイアンツ」戦で始球式に挑んだ。

J:COMが同試合に協賛。グループ会社のジェイコムウエストが「野球見るなら J:COM デー」と題して、始球式を実施した。

始球式には、阪神ファンを公言する高城れにが、自身の名前を表す背番号「02(レニ)」のユニフォームに身を包み登場した。

大きく振りかぶり投げた球は惜しくも、キャッチャー手前でワンバウンドはしたものの会場を沸かせた。

「ライブより緊張しました!」としたという高城。「ギリギリのところでバウンドしてしまったので、もし機会をいただけるなら、また挑戦してみたいなと思います」とリベンジを誓った。

なお始球式の模様は、J:COMのコミュニティチャンネル「J:COM チャンネル」(地デジ 11ch)と「スカイ A」で放送中の、阪神タイガースを記録(データ)から読み解く新感覚の野球情報番組『虎ヲタ 10月号』で放送予定。

また、高城が始球式で着用したものと同型の「サイン入り限定ユニフォーム」や「ざっくぅ・阪神タイガース限定コラボグッズ」などが当たるプレゼントキャンペーンも10日から30日まで実施する。

高城れに:コメント

――ご自身が応援される阪神タイガースの本拠地・阪神甲子園球場での始球式を終えて、いかがでしたか?

ライブより緊張しました!始まる前は一生に一回のことなので、景色を目に焼き付けて幸せをかみしめなきゃだめだから落ち着いてって自分に言い聞かせて出て行ったんですけど、いざマウンドに立つと、夢のようで今でも自分が投げたのが噓みたいです。まだ実感は湧いてないです。自分的にノーバンで届かせることを目標にしていたんですが、ギリギリのところでバウンドしてしまったので、もし機会をいただけるなら、また挑戦してみたいなと思います。いつもテレビで見ていた甲子園に自分が立っていて、私もももクロ14年目になりますけど、まだまだ知らない景色がたくさんあって、これからも素敵な景色をたくさん見たいな、色んなことに挑戦していきたいなと思いました。
――モノノフ(ももクロファン)の佐藤選手も見られていましたが、いかがでしたか?

緊張しましたね!佐藤選手と同じ空気を吸っているんだ、と思うとすごく幸せですし、佐藤選手がももクロファンだよと言ってくださるのと同じで、私もファンなのでドキドキしちゃいました。投球後に佐藤選手の方を見たんですけど、気づいてくれたかな?いつも佐藤選手がしてくださるので、最後にZ ポーズをしてみました。
――始球式にあたり、まわりの皆さんから反響はありましたか?投球練習もされましたか?

メンバーからは「がんばって!」と声をかけてもらいました。練習は、お父さんとキャッチボールをしたり、吉田沙保里さんが一緒に練習してくれて、動画を撮ってスローで再生してフォームのアドバイスをくれたりしました。事前に先発が秋山選手とみていたので、秋山選手のフォームをスロー再生して参考にしていました。
――“高城れに的”阪神戦の見どころ・おすすめポイントはありますか?

私は新規ファンなので、過去の試合を見て勉強するようにはしているんですけど、全部を知っているわけではないので。野球にはドラマがあるというか、ずっと首位を保っていて、2 位3 位に落ちて落ち込んでいたら、昨日あんな素晴らしい試合があって。私たち、ももいろクローバーZ はアイドルとして活動していて、野球選手とはまったく違ったジャンルなんですけど、私たちやお客さんにとってのアイドルでもあるんじゃないかな、と思っています。

今は月曜日が来てほしくなくて、野球がない日は何を楽しみに頑張ったらいいのかわからないぐらい、野球というスポーツ、阪神タイガースさんには楽しませてもらっています。
――残りのシーズン、球場やご自宅で野球を楽しむファンの方へ向けたメッセージをお願いします。

佐藤選手が「勝ちにこだわって」とおっしゃっていたので、私たちファン一同も勝ちにこだわって応援していきたいなと思いました。このまま首位で優勝が一番望んでいることではあるんですが、調子がいい時悪い時もちろんあると思うので、どんな時でも応援するぞって今日新たに誓いました。テレビの前の皆さんファンの方々にまじって私も一緒に、今年と言わず、来年も再来年もずっと、いい時も悪い時も阪神タイガースを応援出来たらいいなと思っています。


関連記事リンク(外部サイト)

光秀と信長が現代に?長谷川博己&染谷将太「照れくささが」新CM共演
長谷川博己「殿…」、染谷将太と新CMで共演「不思議な感じですね」
小栗有以、先輩の卒業で強くした思い「AKB48を守っていかなくちゃ」

access_time create folderエンタメ
local_offer
Music Voice

Music Voice

音楽シーンに関わる文化、エンターテインメントを、読んで楽しんでいただくことを目的に、取材および執筆、編集活動をおこなっています。現場でなければふれることのない感覚、人々の声、音など、その場で感じた雰囲気や空気感、読者が知りたい情報、作者が込めた想いを、伝えていきたいと思います。

ウェブサイト: https://www.musicvoice.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧