【NHKみんなのうた】世代を超えて歌い継がれる名作選 20曲

access_time create folderエンタメ
【NHKみんなのうた】世代を超えて歌い継がれる名作選 20曲

みなさんは何曲歌えますか?1961年からテレビとラジオで放送されているNHK『みんなのうた』。長い歴史を経た『みんなのうた』で生まれた曲たちは、今でも色あせることなく歌い継がれている名曲もたくさんあります。今回は『みんなのうた』出身の名曲を集めてみました!ぜひ子どもと一緒に歌ってみてくださいね♪

NHK『みんなのうた』は1961年から放送されているご長寿番組です。
長い歴史のなかで数々の名曲を輩出してきました。
今回は、世代を超えて歌い継がれ、そしてさらにこれから先も歌い継ぎたい名曲を20曲ピックアップしました。

1.山口さんちのツトム君

【NHKみんなのうた】世代を超えて歌い継がれる名作選 20曲

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/415gfcXy2ML._AC_.jpg

「山口さんちのツトム君」は『みんなのうた』から生まれた名曲。
ある女の子の視点から、山口ツトム君を元気づけようとするストーリーです。
女の子の心配している姿や、最後に2人でイチゴを食べるシーンなど、その様子が目に浮かぶような歌ですよね。
なんとレコードの売上は150万枚以上という大ヒットにもなりました。
初放送:1976年
作詞・作曲:みなみらんぼう
編曲:千代正行

2.WAになっておどろう〜イレ アイエ〜

【NHKみんなのうた】世代を超えて歌い継がれる名作選 20曲

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51YXW8TVPCL._AC_.jpg

V6がカバーしたことで有名な「WAになっておどろう」ですが、実は『みんなのうた』から生まれた曲だったことはご存知ですか?
1997年に番組内で初放送されたときはバンドのAGHARTA(アガルタ)が歌っています。
サブタイトルの「イレ アイエ」とは、アフリカのヨルバ語で「魂の家」という意味なのだとか。
ポップでノリのいい曲なので、歌っていると楽しい気分になりますよ。

初放送:1997年
作詞・作曲:長万部太郎
編曲:AGHARTA

3.ちいさい秋みつけた

「ちいさい秋みつけた」は秋になると歌いたくなる名曲。秋らしいセンチメンタルなメロディが印象に残ります。
「くもりのガラス」や「入日色」(夕日の色)など、秋を連想させる言葉がちりばめられている風情のある歌です。
秋の始まりを感じたら歌ってみてくださいね。
初放送:1962年
作詞:サトウハチロー
作曲:中田喜直

4.手のひらを太陽に

アンパンマンの生みの親・やなせたかしさんが作詞した「手のひらを太陽に」。
明るく親しみやすいメロディに乗せたメッセージ性のある歌詞が心にしみる名曲です。
子どもにも伝えていきたい、元気の出る歌ですよ。
小学校の音楽の授業で歌われるなど、今でも多くの人たちに愛されています。
初放送:1962年
作詞:やなせたかし
作曲:いずみたく

5.おしりかじり虫

うるまでるび|おしりかじり虫|新作アニメ配信中

あの大ヒットした「おしりかじり虫」も実は『みんなのうた』から生まれた曲なんです!
おしりかじり虫にお尻をかじられると元気になるという、くすっと笑っちゃうようなおもしろい曲ですよね。
CDが発売されただけでなく、テレビアニメ化もされました。
私もお尻をかじられたい!
初放送:2007年
作詞:うるまでるび
作曲:うるまでるび、松前公高
編曲:松前公高

6.大きな古時計

もともとはアメリカのヘンリー・クレイ・ワークが作詞・作曲し1876年に発表された「大きな古時計」ですが、日本では1962年に保富康午さんの訳詞によって『みんなのうた』で放送されてヒットしました。
2002年にシンガーソングライターの平井堅さんがカバーしたことでも話題に。
歌詞の意味が心を打つ名曲です。
初放送:1962年
作詞・作曲:ヘンリー・クレイ・ワーク
訳詞:保富康午
編曲:小林秀雄、亀田誠治

7.ねこふんじゃった

【NHKみんなのうた】世代を超えて歌い継がれる名作選 20曲

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61qDixJoeWL._SY498_BO1,204,203,200_.jpg

ピアノの練習曲としても有名な「ねこふんじゃった」は、1966年に阪田寛夫さんが作詞し『みんなのうた』に登場しました。
1番は“ねこを踏んだら引っかかれた”というリアルなストーリーですが、2番は“ねこを踏んだら空へ飛んでいってしまった”というファンタジーなストーリー。
かわいらしいねこを想像しながら歌ってみてくださいね。
初放送:1966年
作詞:阪田寛夫
作曲:不詳

8.森のくまさん

アメリカ生まれの童謡「森のくまさん」は『みんなのうた』で放送されたことをきっかけに広く知られるようになりました。
くまさんが後ろからついてくるから食べられるのか!?と思いきや、実は落としたイヤリングを渡したかったという、起承転結が楽しい歌です。
くまさん役と女の子役に分かれて歌うと盛り上がりそう!
初放送:1972年
作詞・作曲:不明(アメリカ民謡)
編曲:玉木宏樹

9.南の島のハメハメハ大王

「南の島のハメハメハ大王」は、「ハメハメハ~、ハメハメハ~、ハメハメハメハメハ~」という特長的なフレーズで小さな子どもでも楽しく歌うことができます。
南国の島をイメージするような明るいメロディで「本当にハメハメハ大王という人がいるのではないか」と思うような曲です。
踊りながら歌うのも楽しそう!
『みんなのうた』初放送時はタレントの水森亜土さんが歌いました。
初放送:1976年
作詞:伊藤アキラ
作曲:森田公一

10.一円玉の旅がらす

【NHKみんなのうた】世代を超えて歌い継がれる名作選 20曲

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61DsBwGcpzL._AC_.jpg

演歌調の「一円玉の旅がらす」は演歌歌手の晴山さおりさんの歌で1990年に登場しました。
夢をもちたいし恋もしたいという一円玉が旅をするという、趣のある歌です。
お金に興味を持ちだした子どもに、一円の大事さを教えるのにも効果的な歌だと思います。
ぜひ「こぶし」をきかせて歌いたいですね。
初放送:1990年
作詞:荒木とよひさ
作曲:弦哲也
編曲:池多孝春

11.切手のないおくりもの

音楽グループ・チューリップの財津和夫さんが手がけた「切手のないおくりもの」。
初めて登場したのは1977年の『歌はともだち』でしたが、翌年には『みんなのうた』にも登場しました。
歌を手紙に見立て、さまざまな人に感謝の気持ちを伝える曲です。
平井堅さんをはじめ多くの歌手にカバーされている名曲。
初放送:1978年
作詞・作曲:財津和夫
編曲:青木望

12.スシ食いねェ!

【NHKみんなのうた】世代を超えて歌い継がれる名作選 20曲

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/410HMTqGwvL._AC_.jpg

シブがき隊の「スシ食いねェ!」は今でこそ有名ですが、当初はライブでのみ歌われる曲で、テレビで放送されることはありませんでした。
しかし1985年に『みんなのうた』で放送されたことがきっかけで大ヒット!
今では老若男女が知る歌になっています。
初放送:1985年
作詞:S.I.S./岡田富美子
作曲:後藤次利

13.ラジャ・マハラジャ―

耳に残る「ラジャ・マハラジャ―」というフレーズがインパクト大の一曲。
子どもはこのように繰り返すフレーズ、好きですよね♪
親子そろってノリノリで歌いたい曲です。
初放送:1985年
作詞:福田三月子
作曲・編曲:吉川洋一郎

14.グラスホッパー物語

【NHKみんなのうた】世代を超えて歌い継がれる名作選 20曲

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/518wrYda6OL._SX342_BO1,204,203,200_.jpg

『できるかな』でお馴染みの高見のっぽさんが作詞した「グラスホッパー物語」。
おじいさんバッタが孫バッタたちに人生訓を伝える内容です。
2005年に発売したCD・DVDは売り切れになるほど話題になりました。
初放送:2005年
作詞:高見のっぽ
作曲:松本俊明
編曲:宮川彬良

15.ありがとう・さようなら

卒業ソングの定番「ありがとう・さようなら」も『みんなのうた』で放送された名曲です。
友だち、教室、先生に向けた感謝の気持ちが歌われています。
放送当初、実は俳優の中井貴一さんが歌っていました。
初放送:1985年
作詞:井出隆夫
作曲・編曲:福田和禾子

16.バラが咲いた

マイク真木さんが歌った「バラが咲いた」は、1966年にシングル・レコードとして発売され、同年に『みんなのうた』でも放送されました。
目を閉じると色鮮やかなバラが浮かんでくるような、情景的な歌詞です。
趣深い曲ですが、小さな子どもでも歌いやすいですよ。
初放送:1966年
作詞・作曲:浜口庫之助
編曲:菊川迪夫

17.さとうきび畑

「ざわわ ざわわ」で知られている「さとうきび畑」は、1975年にちあきなおみさん、1997年に森山良子さんが歌って『みんなのうた』に登場しました。
戦争で父を亡くした女の子の視点で歌われたこの曲は、悲しみや怒りが静かに表現されています。
戦争に馴染みのない子どもたちに、戦争のつらさを伝えられる曲です。
初放送:1975年
作詞・作曲・編曲:寺島尚彦

18.クラリネットこわしちゃった

クラリネットをテーマにしたフランスの子ども向けの曲を元にした「クラリネットこわしちゃった」。
大事なものを壊してしまったときの焦る子ども心が表現されている曲で、聴いているとつい「こういう経験あるなぁ」と思うでしょう。
初放送:1963年
作詞:石井好子

19.おもいでのアルバム

卒園式でよく歌われる「おもいでのアルバム」は、幼稚園・保育園での楽しい一年間の思い出と、これから一年生になる希望が歌われています。
一年間の思い出とともに、一年での成長もしみじみと感じることができます。
作詞と作曲を手がけたお二人は、もともと保育園長と幼稚園長だったそう。
だからこその温かみのある歌詞なんですね。
初放送:1981年
作詞:増子とし
作曲:本多鉄麿
編曲:服部克久

20.パプリカ

NHK2020年応援ソング「パプリカ」は、米津玄師さんが手がけ、foorinのかわいらしいダンスが話題になりました。
運動会や発表会などでパプリカを踊った子どもも多いのではないでしょうか。
歌っても聴いても明るい気持ちになれる曲で、これから先も歌い継ぎたい名曲です。
初放送:2018年
作詞・作曲・編曲:米津玄師

<NHK>2020応援ソング「パプリカ」『Foorin みんなのうた』バージョン – YouTube


関連記事リンク(外部サイト)

【NHKみんなのうた】有名アーティストが手がけた名曲20選
まるで往年のジェームズ・ディーン!?リブート版『ゴシップガール』トーマス・ドハーティってどんな人?
2021年期待の海外ドラマ 9月に日本初登場する新作4選 放送&配信情報

access_time create folderエンタメ
海外ドラマboard

海外ドラマboard

海外ドラマのニュースや作品情報、レビュー、キャスト情報、視聴率、ランキングなどを掲載している海外ドラマサイト。

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧