ビットコイン、急落の要因とその後の展開【仮想通貨相場】

access_time create folder政治・経済・社会
ビットコイン、急落の要因とその後の展開【仮想通貨相場】

 

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

急落後、反発

昨日のBTC相場は大幅下落後、揉み合い推移。53,000ドル(約585万円)近辺まで上昇後、43,000ドル(約475万円)割れまで急落。反発するも半値戻しとなる47,900ドル(約530万円)手前で上値を抑えられると、概ね45,000ドル~47,000ドル(約500~520万円)水準での取引が続いている。BTC法定通貨化が始まったエルサルバドルがBTCを購入したこともあり53,000ドル手前まで上昇したが、導入直後からシステムトラブルも続き上値が重くなった。レイバーデイ明けの米株市場が下げて始まると43,000ドル割れまで急落した。しかしエルサルバドルのシステムトラブルは解消、同国が押し目でBTCを買い増したこともあり急反発。元GSのノボグラッツ氏も相場の下落は過熱が原因だが楽観視しているとし、また日経平均が再び3万円に乗せる中、BTCも47,000ドル台に値を戻した。しかし今回の下落の半値戻しを前に上値を抑えられると世界銀行がエルサルバドルを支援しないとし、更にSECがコインベースのレンディングを証券法違反で訴える準備をしていると伝わり、一時45,000ドルを割り込んだ。その後反発、米株は続落するも、BTCは46,000ドル台で底堅さを見せている。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。


関連記事リンク(外部サイト)

好調ETH(イーサリアム)のシナリオ点検、“9月不調”を打ち破れるか【仮想通貨相場】
急落を演じたBTC ビットコイン法施行が天井となるか【仮想通貨相場】
ビットコインがレイバーデイ明けに急落、要因と今後の展開【仮想通貨相場】

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧