「総理大臣は女性なら誰でもいいというわけではありません」福島みずほ議員のツイートに「いいね」1万超の反響

access_time create folder政治・経済・社会

9月3日に菅義偉総理が不出馬を表明した、自民党総裁選。9月29日に投開票が予定されており、岸田文雄議員、河野太郎議員、高市早苗議員、石破茂議員、野田聖子議員などが立候補を取りざたされている。

9月5日夕方、社民党の福島みずほ参議院議員はTwitterにて

総理大臣は女性なら誰でもいいというわけではありません。選択的夫婦別姓に反対する人は、男女平等に理解がなく、総理大臣としてふさわしくありません。

とツイートを行った。高市議員や野田議員の総裁選立候補で、ともすれば女性初の総理大臣誕生の可能性も生まれている。一方で、高市議員は選択的夫婦別姓には反対、野田議員は賛成の立場であるとされており、今回の福島議員のツイートは高市議員に向けてのものだという見られているようである。

福島議員のツイートは反響を呼び、7日の時点で「いいね」が1万を超えていた。
賛否さまざまな意見が寄せられる中、作家の有本香さんはそれを引用し

だったら2度とクオータ制なんて言い出さないことですね。政治家に限らず、あらゆる職業において、女性なら誰でもいいわけじゃない、属性でなくその職に相応しい人が就く平等性が大事なんだから。それと、総理大臣にどういう人が相応しいかは国民が決めます。貴方の物差しで決めつけないでもらいたい。

とツイートを行う。

もう一つ。現行制度は男女どちらの姓も選べる仕立てなので、男女平等の原則には叶っています。それよりも貴方、閣僚時代に何していたんですか。高市さんと同じぐらい旧姓使用拡大に努めましたか? 女性の不便に対し、現実的な策の一つも講じない貴方が、他人を男女平等に理解がないなんて言えますか?

と続け、いずれも元の福島議員のツイートを上回る数の「いいね」がついていたようである。

※画像は『Twitter』より

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer

Taka

元インターネット雑誌編集者。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧