『シャン・チー/テン・リングスの伝説』全世界で大ヒットスタート!「マーベル史上最高の肉弾戦という噂に違わぬ最高のアクション!」

access_time create folderエンタメ

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』全世界で大ヒットスタート!「マーベル史上最高の肉弾戦という噂に違わぬ最高のアクション!」

マーベル・スタジオ最新作『シャン・チー/テン・リングスの伝説』が全世界で大ヒットスタートを切った。

シャン・チー
『シャン・チー/テン・リングスの伝説』 (C)Marvel Studios 2021

USを含む全世界42カ国で公開された本作は、全米No1はもちろんのこと、全世界興行収入での週末興収ランキングNo.1を記録!公開わずか3日間で、1億2,760万ドル(約139億円)の大ヒットスタートをきった。(*1ドル=109円)

日本での初週末3日間の興行収入は3億円を突破。さらに動員は19万人を記録(興収:3億113万円/動員:196,412人)し、堂々の国内週末興行ランキングNo.1での大ヒットスタート。ウォルト・ディズニー・ジャパン配給作品として初登場1位は2019年に公開された「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」以来となり、さらに興行収入は公開日から右肩上がりと、さらなる大ヒットを予感させている。

シャン・チー
『シャン・チー/テン・リングスの伝説』 (C)Marvel Studios 2021

公開を前に、いちはやく映画を鑑賞した映画評論家による米レビューサイト「Rotten Tomatoes」では絶賛の声が続々と上がり高評価を獲得していた本作だが、公開後もその評判はうなぎのぼり。公開後には評論家たちからは92%、一般のレビューも98%と驚異の高評価(9月6日時点)を記録している。

日本でも新ヒーローの誕生に観客からの驚きの声が続いており、国内最大級のレビューサイト「Filmarks」では4.1の高評価。「期待をはるかに超えてくる」、「まだこんな面白い作品生み出せるのかよ!」、「マジでヤバすぎた!!」とその壮大なスケールが熱狂を巻き起こしている。特に公開前から注目を集めていた、息を呑むような緊張感と、思わず声が出てしまうようなスピード感・躍動感溢れる、マーベル・スタジオが新境地へ踏み込んだ“マーシャル・アーツ“全開の壮絶バトルは「想像の何倍もアクションがエグい!」「アクションがいちいちカッコ良くて鳥肌が止まらなかった!」「マーベル史上最高の肉弾戦という噂に違わぬ最高のアクション!」と絶賛が続出。

さらに、犯罪組織の後継者として育てられていた過去を持つ主人公シャン・チーが、伝説の腕輪テン・リングスを悪用して世界を脅かそうとする父に立ち向かい、父と子の壮絶な戦いを描いたそのストーリーにも「父と子のドラマに泣かされる」「父親像の描き方が素晴らしく家族の在り方に心が揺さぶられる」と賞賛が相次いだ。キャラクターについても「物語が進むにつれシャン・チーがどんどん魅力的になっていく」「アクション、物語、キャラクター、全てが最高なシャン・チー」と、どれをとっても絶賛の嵐。まさに新しく独特な視点でドラマチック・アクション・エンターテイメントが繰り広げられる最高の映画となっている。

また、IMAXと4DXで鑑賞した観客数が全体の約20%と他作品と比べて高稼働になっており、圧倒的迫力のアクションシーンを最高な環境で楽しんだ観客が多く見られた。スパイダーマンやアイアンマン等、世界から絶大な人気を博すヒーローを続々誕生させてきたマーベル・スタジオの新時代の幕開けを飾るにふさわしい、最強ゆえに戦うことを禁じた新ヒーロー“シャン・チー”が誕生する歴史的瞬間となることは間違いない。

映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』は大ヒット公開中

(C)Marvel Studios 2021

映画ランドNEWS – 映画を観に行くなら映画ランド


関連記事リンク(外部サイト)

最強ゆえに戦いを禁じたシャン・チーVS悪に染まった最凶の父!『シャン・チー/テン・リングスの伝説』新予告
『シャン・チー/テン・リングスの伝説』星野源がZion.Tとコラボしたインスパイア楽曲で参加!
『シャン・チー/テン・リングスの伝説』特集|かつてない超絶アクションの連続!マーベル・スタジオの新時代の幕開けを見逃すな!

access_time create folderエンタメ
local_offer
映画ランドNEWS

映画ランドNEWS

170万人のユーザーが使うNo.1映画チケット予約サービス「 映画ランド 」の公式ニュースサイト。国内外の映画・エンタメ最新情報のほか、インタビューや特集、舞台挨拶などイベントの模様を毎日配信。豪華キャストが登壇する試写会プレゼント企画も満載!公式SNS( @eigaland )もチェック!

ウェブサイト: https://eigaland.com/topics/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧