封印してきた力を解放する瞬間!『シャン・チー/テン・リングスの伝説』本編映像

access_time create folderエンタメ

封印してきた力を解放する瞬間!『シャン・チー/テン・リングスの伝説』本編映像

9月3日(金)公開のマーベル・スタジオ最新作『シャン・チー/テン・リングスの伝説』より、白熱バトルを捉えた本編映像が解禁となった。

シャン・チー
『シャン・チー/テン・リングスの伝説』 (C)Marvel Studios 2021

今回解禁となったのは、自らの運命から逃れるため渡ったサンフランシスコで、“ショーン”と名乗り平凡なホテルマンとして暮らしていたシャン・チーの前に、彼の父であり最大の敵となるシュー・ウェンウーが送り込んだ刺客が突如襲い掛かるシーン。彼と共にバスに乗っていた親友のケイティは「人違いしてる!弱そうでしょ?」と間に入って止めようとするが、敵に殴り飛ばされてしまう。目の前で親友が殴られるのを見たその瞬間、心優しい青年ショーンが最強の戦士“シャン・チー”へと覚醒する…!

シャン・チー
『シャン・チー/テン・リングスの伝説』 (C)Marvel Studios 2021

走り続ける狭いバスの中で始まった、シャン・チーVS父の刺客たちとの白熱のバトル。渾身の拳を放ち、敵をぶっ飛ばしたシャン・チーは、その後も驚異的な武術を駆使しながら瞬きもできない速さで敵を一蹴。ホテルマンとして平凡な日々を送りその“力”を封印していたショーンが、ヒーロー・シャン・チーとしての力を発揮する!この集団が狙っていたのは、シャン・チーの母の形見である大事なペンダント。彼らがこのペンダントを奪おうとする理由は何なのか…?“シャン・チー”として目覚めた今、壮大な物語が始まろうとしていた。

シャン・チー
『シャン・チー/テン・リングスの伝説』 (C)Marvel Studios 2021

シャン・チーはアイアンマンのようにパワードスーツを身に着けたり、ソーが持つムジョルニアのような特殊な武器は持たない。“生身”で真っ向から敵と戦う本映像からも分かるように、本作ではマーベル・スタジオが新境地へ踏み込んだ最強の武術“マーシャル・アーツ”が披露されており、まさにこの武術というスタイルが他のマーベル作品とは一線を画す本作ならではの魅力だ。

シャン・チー役に抜擢されたシム・リウはこの役を演じるため、世界各国の武術の達人によるトレーニングを受けたという。「本当に驚異的な経験だったね。毎日、世界の最高峰の人たちから学んでいるんだ、って肌で感じることができたよ。僕らは、人類に知られているほぼすべてのファイティング・スタイルを、考え得る限りおさらいした。」と驚きの舞台裏を明かす。シャン・チーが戦うシーンでは、目で追えないほどの高度な武術が駆使されており、いままでのマーベル作品では見たことのない新鮮かつ大胆なアクションシーンが魅力的だ。

さらにシムは「この仕事をやるにあたって、武術やアクションシーンがものすごく大切な役割を果たすこと、シャン・チーがマスクをつけたり、顔まで隠れるスーパー・ハイテク・スーツを身につけたりしないことも分かっていた。」とシャン・チー独自の“生身で戦う”スタイルについてコメント。「それが意味するところは、僕自身がたくさんのアクションをしなければならないということさ。そのことは初日から分かっていたし、ものすごくワクワクして飛び込んでいったんだ。」と撮影時を振り返る。かつて父に鍛え抜かれた戦闘能力を駆使して繰り広げられる大迫力の肉弾戦は本作ならではの魅力で、映画館で観るマーベル・スタジオ作品のあの“興奮と熱狂”を観客へ届けてくれること間違いなしだ。

映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』は9月3日(金)より全国公開

(C)Marvel Studios 2021

映画ランドNEWS – 映画を観に行くなら映画ランド


関連記事リンク(外部サイト)

最強ゆえに戦うことを禁じた新ヒーロー“シャン・チー”役に細谷佳正!内田真礼、山路和弘ら声優陣発表
マーベル・スタジオ最新作『シャン・チー』『エターナルズ』の公開日が決定!

access_time create folderエンタメ
local_offer
映画ランドNEWS

映画ランドNEWS

170万人のユーザーが使うNo.1映画チケット予約サービス「 映画ランド 」の公式ニュースサイト。国内外の映画・エンタメ最新情報のほか、インタビューや特集、舞台挨拶などイベントの模様を毎日配信。豪華キャストが登壇する試写会プレゼント企画も満載!公式SNS( @eigaland )もチェック!

ウェブサイト: https://eigaland.com/topics/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧