Topps社70周年記念で誕生した大谷翔平選手の限定ベースボールカード ブルース・リーっぽいのから『Ghost of Tsushima』風まで

access_time create folderエンタメ

トレーディングカードで知られるTopps社が初めてベースボールカードを発売した1951年から今年でちょうど70周年となります。

同社の70周年記念プロジェクト「Project70」では、世界中のアーティストとコラボした限定カードを制作。

メジャーリーグを代表するプレイヤーとなった大谷翔平選手の限定カードも数種類制作されました。


https://twitter.com/Topps/status/1430560695804911621

「1991 Shohei Ohtani by Chuck Styles」(右上)と、「1988 Shohei Ohtani by Mister Cartoon」(右下)のカード2種類。前者は『Ghost of Tsushima』風となっています。日本語が目立つフェルナンド・タティス・ジュニア選手のカード(左下)もあったりします。


https://twitter.com/SuckerPunchProd/status/1430582424317009921

『Ghost of Tsushima』を開発したサッカーパンチプロダクションズも気に入ったようです。


https://twitter.com/Topps/status/1430225908623974405

「1994 Shohei Ohtani by Matt McCormick」(左下)。右下はラッパーのスヌープ・ドッグによるマイク・トラウト選手(大谷選手のチームメイト)のカードです。


https://twitter.com/Topps/status/1429835901564342277

“スーパーマリオ〇〇”風の「1957 Shohei Ohtani by Ermsy」(右上)。


https://twitter.com/Topps/status/1428024023829647364

なぜかブルース・リーと化してしまった「2007 Shohei Ohtani by CES」(左上)。良く見るとヌンチャクがバットなんですね。

他にも「1960 Shohei Ohtani by King Saladeen」「1986 Shohei Ohtani by Ben Baller」「1998 Shohei Ohtani by Greg ‘Craola’ Simkins」といったカードが制作されました。

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/SuckerPunchProd/status/1430582424317009921

(執筆者: 6PAC)

access_time create folderエンタメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧