5万ドルから反落したビットコイン、仮想通貨アナリストが指摘する重要ライン

access_time create folder政治・経済・社会
5万ドルから反落したビットコイン、仮想通貨アナリストが指摘する重要ライン

 

過去数週間に仮想通貨エコシステム全体で楽観的な見通しがあったが、ビットコイン価格が50,000ドルまで上昇した後に価格急反落したことで覆された。

Cointelegraph Markets ProとTradingViewのデータによると、急反落した後、ビットコイン価格は46,457ドルまで下落した後、強気派は下落を食い止めた。

5万ドルから反落したビットコイン、仮想通貨アナリストが指摘する重要ライン
BTC/USDT 1-day chart. Source: TradingView

アナリストらは仮想通貨市場が強気と弱気の間での綱引きで重要なポイントを指摘している。

BTCはしばらくは弱気トレンドか

仮想通貨アナリストであるマイケル・ファン・デ・ポッペ氏は、50,000ドルがビットコインにとって重要なラインになっていると指摘している。

ファン・デ・ポッペ氏によると、ビットコインは今回の反落に続いて一定期間下落トレンドが続く可能があるという。その場合、重要なサポートになるのは44,000ドルだという。

同氏は「明らかな弱気相場ではない」としつつも、ビットコインが44,000ドルさらには42,000ドルまで調整されてしまえば、「長い弱気サイクル」を議論することになるだろうと語っている。

一方で51,000ドルのラインを突破することが、現在の弱気トレンドを無効にするために重要になるとも、ファン・デ・ポッペ氏は指摘している。

46,200ドルのサポート維持に期待

仮想通貨のデータサービスであるWhalemapによると、長い弱気サイクルが始まったと判断するには時期尚早なようだ。

5万ドルから反落したビットコイン、仮想通貨アナリストが指摘する重要ライン
Bitcoin volume profile. Source: Whalemap

Whalemapのチャートで見られるように、46,200ドルのサポートが重要となりそうだ。ここを割ると、次のサポートは39,600ドルになってしまうからだ。またオンチェーンデータをみると、46,200ドルから57,400ドルの間には売りの量が限られているという。

「まだ弱気になる理由はない。オンチェーンデータをみると、リスク報酬はかなりポジティブにみえる。多くのUTXOは46,200ドルで未使用のままであり、57,400ドルまではあまり売り圧力はない」と、Whalemapは指摘している。

 


関連記事リンク(外部サイト)

ビットコイン、5月以来の5万ドル回復
ビットコイン価格上昇受け、マイクロストラテジーやマイニング銘柄の株価も上昇
資金大量調達したFTXのCEO率いるアラメダ・リサーチ、3万ドル以下で大量押し目買い

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧