BAT(ベーシック アテンション トークン)、0.75USDに何があるか【仮想通貨相場】

access_time create folder政治・経済・社会
BAT(ベーシック アテンション トークン)、0.75USDに何があるか【仮想通貨相場】

 

著者 DMM Bitcoin マーケットレポート

プロフィール:暗号資産交換業者。DMM Bitcoinなら、豊富な取扱い暗号資産(仮想通貨)種類でお取引が可能です。厳重なセキュリティで、お客様が安心して暗号資産のお取引ができる環境を提供します。最短当日に口座開設可能。(暗号資産交換業 関東財務局長 第00010号、第一種金融商品取引業 関東財務局長(金商)第3189号、加入協会:一般社団法人日本暗号資産取引業協会)

出来高は価格に先行?

CoinMarketCapより作成

上図は2021/3/1~8/25までの、BAT/USDの出来高と価格(終値)の推移である。

3月以降のBAT/USDの価格と出来高を振り返ると、約1ヶ月、出来高が価格に先行する傾向があるようだ。

3/16においては出来高の伴った価格上昇のなか、出来高が急増し、その30日後にあたる4/16に価格がピークをつけて出来高、価格とも下落する展開となった。

下落局面では、先に出来高が6/14に一旦の底をつけ、横ばいに近いながらもじり上げとなる。その36日後にあたる、7/20には価格が二番底をつけ、上昇した。

現在は7月以降において、出来高の緩やかな増加に伴った価格上昇が継続している印象を受ける。

前述した出来高が価格に先行する流れが継続していると仮定するならば、仮に出来高がピークアウトしたとしても、ある程度(3月においては30日程度)のタイムラグがあり、価格は横ばいか、上昇トレンドを持続させる流れが考えられそうだ。

もっとも、5月の急落と7月の上昇は異なるファンダメンタルズ(5月の下げは中国を中心とした規制強化の流れを嫌気した売りであり、7月に関しては米金融機関の暗号資産へ参入、アマゾンのBTC決済導入の観測報道、また、約2ヶ月に渡った下落トレンドの自律反発も重なり、大幅な上昇となった)であるが、前述の市場サイクルを重視する市場参加者の買い意欲が価格の下支えとなる可能性は想定しておいてもよいかもしれない。

次に、年初来の価格帯別出来高をもとに、現在の価格を考察しよう。

続きはこちら

 

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。


関連記事リンク(外部サイト)

一転して安値を広げたBTC 今夜はいよいよジャクソンホール【仮想通貨相場】
反落のビットコイン、ジャクソンホール前の調整か仮想通貨相場】
仮想通貨企業QUOINEがFTXと業務提携にむけた協議開始 | 132億円の資金調達も完了

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧