熱を帯びた藤原竜也さんとのラリーを続けるような掛け合いで 『鳩の撃退法』土屋太鳳インタビュー

access_time create folderエンタメ
熱を帯びた藤原竜也さんとのラリーを続けるような掛け合いで 『鳩の撃退法』土屋太鳳インタビュー

藤原竜也主演『鳩の撃退法』が公開されます。天才小説家・津田伸一が編集者に持ち掛けた新作小説を舞台に、虚構と現実、過去と現在が交錯し、目まぐるしく転換しながら進みます。津田に翻弄される担当編集者・鳥飼なほみを演じた土屋太鳳さんに、作品への思い、共演した藤原竜也さんのことなどをうかがいました。

<作品概要>
原作は『月の満ち欠け』で第157回直木賞を受賞した作家・佐藤正午の同名小説。累計発行部数は20万部を突破し、第6回山田風太郎賞を受賞している。
主演は映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』(17)、『Diner ダイナー』(19)、『カイジ ファイナルゲーム』(20)など数々の話題作に出演してきた藤原竜也。謎めいた元直木賞作家・津田伸一を演じる。
津田に翻弄される担当編集者・鳥飼なほみを土屋太鳳 、突然家族と共に姿を消したバーのマスター・幸地秀吉を風間俊介、津田の行きつけのコーヒーショップ店員・沼本(ぬもと)を西野七瀬、彼らが暮らす地方都市の裏社会を仕切る男・倉田健次郎を豊川悦司が演じている。
監督はドラマ「赤めだか」(15)でギャラクシー賞ほかドラマ界の賞を総なめするなど、映画だけではなくテレビドラマ・バラエティ、ミュージックビデオとジャンルを問わず、マルチに活躍するタカハタ秀太。

<あらすじ>
かつては直木賞も受賞した天才作家の津田伸一(藤原竜也)。
津田はとあるバーで担当編集者の鳥飼なほみ(土屋太鳳)に、執筆途中の新作小説を読ませていた。
富山の小さな街で経験した“ある出来事”を元に書かれた津田の新作に心を躍らせる鳥飼だったが、話を聞けば聞くほど、どうにも小説の中だけの話とは思えない。
神隠しにあったとされる家族、津田の元に舞い込んだ大量のニセ札、囲いを出た鳩の行方、津田の命を狙う裏社会のドン、そして多くの人の 運命を狂わせた あの雪の一夜の邂逅…。
彼の話は嘘?本当? 鳥飼は津田の話を頼りに小説が本当にフィクションなのか【検証】を始めるが、そこには【驚愕の真実】が待ち受けていた―。

「面白い作品になるだろうな」と出演を即決

――本作の出演が決まったときのお気持ちをお聞かせください。
このお話をいただいたとき、(藤原)竜也さんが主役だということをうかがい、「ぜひ、やらせてください」とお返事しました。竜也さんがやるなら面白い作品になるだろうなと思ったのです。
出演が決まってから原作を読んだのですが、これまで出会ったことがないような感覚の小説で、脳細胞が活性化するような気がしました。

熱を帯びた藤原竜也さんとのラリーを続けるような掛け合いで 『鳩の撃退法』土屋太鳳インタビュー

©2021「鳩の撃退法」製作委員会 ©佐藤正午/小学館

――原作は頭の中でしっかり整理しながら読まないと理解するのが難しいですよね。脚本はいかがでしたか。
原作からエピソードをピックアップしているので分かりやすかったですね。私が演じる鳥飼は原作とキャラが違ったので、脚本に徹して役作りをしました。

熱を帯びた藤原竜也さんとのラリーを続けるような掛け合いで 『鳩の撃退法』土屋太鳳インタビュー

©2021「鳩の撃退法」製作委員会  ©佐藤正午/小学館

――鳥飼は原作とはキャラが異なるとのことですが、どんな人物でしょうか。
鳥飼は自分が知りたいと思ったことに対して、待つのではなく自分から動くタイプ。すごく素敵ですよね。私自身もそういう人でありたいと思っています。
これまでにいくつもの取材を受けてきて、取材者の方から言葉を話すタイミングや反応の速さを感じていました。それをイメージとして入れ、目から質問が飛び出すようなパワーがある感じで鳥飼を演じました。
ただ、鳥飼は津田の物語には登場しません。津田とフィクションと現実をくっつけるインターフェイスみたいな役回りです。他のことをよくわからないまま、小説の文章の中で解いていく。自分が出ていないところは脚本を読み解かないで撮影に入りました。料理が美味しくても味見をしていると食事のときに感激が薄れます。津田から物語を聞いたときに感じる驚きの感覚を大事にしたいと思ったのです。
できあがった作品を見て、「こういう作品になったんだ!」とちょっと衝撃がありました。

竜也さんにぶつかっていけるのは本当に幸せな時間でした

――鳥飼という役としてだけでなく、土屋さんご自身の興味から津田に突っ込んでいったのですね。
そうですね。それは多分、見てくださる方の目線でもあるので、そこを大事にしていました。
竜也さんとの会話のテンポがもたもたしていると鳥飼の熱意が伝わりません。来たらすぐに返す、来たらすぐに返すといった感じで、ラリーを続けるようないい掛け合いができたと思います。

©2021「鳩の撃退法」製作委員会 ©佐藤正午/小学館

――土屋さんにとって藤原竜也という俳優はどのような存在ですか。
竜也さんと初めてお会いしたのは16歳のとき。私が出演した『映画 鈴木先生』を撮っていた隣で竜也さんが『カイジ2 人生奪回ゲーム』を撮影されていました。『トウキョウソナタ』でご一緒させていただいた香川照之さんも『カイジ2 人生奪回ゲーム』に出演されていて、「藤原さんに挨拶するといいよ」と竜也さんのところに連れて行ってくださったのです。そのときに竜也さんが握手してくださったのですが、それがぎゅっと強くて忘れられません。
その『映画 鈴木先生』で長谷川博己さんから「舞台をやりたいのなら、DVDを貸すよ」と言っていただいて、蜷川さんの舞台のDVDをお借りしたのですが、竜也さんが出演している舞台のDVDもあって何度も見ました。
実は大河ドラマ「新選組!」が今でもオープニングソングが歌えるくらい大好きで、そのときに竜也さんが演じられた沖田総司が本当に素晴らしくて、ずっと憧れていたのです。
私が演じた鳥飼が津田に対して感じている気持ちと、私が竜也さんに対して感じている気持ちは重なる部分があると思いながら演じていました。今回、こういう役柄で竜也さんにぶつかっていけるのは本当に幸せな時間だったと思います。

熱を帯びた藤原竜也さんとのラリーを続けるような掛け合いで 『鳩の撃退法』土屋太鳳インタビュー

©2021「鳩の撃退法」製作委員会 ©佐藤正午/小学館

――藤原さんから学んだことはありましたか。
いっぱいありました。まず、段取りにアドリブを突っ込んできて、本番ではちゃんとやる。毎回違うお芝居を入れてくるので、見ていて絶対に飽きないんです。まるで舞台のよう。毎回、いい緊張感で向き合わせていただきました。
そしてすごくチーム思いです。スタッフの男の子とコンビニで会ったら、「一緒に飲もうぜ」と連れてくる。垣根がなく、仲間意識の強さを感じがしました。
その一方で、先輩の方に対してはきちんとしていました。豊川悦司さんが待ち時間にロケバスに乗ってきたら、「お茶いりますか」と席を立ったのです。舞台の世界は上下関係が厳しかったのでしょうね。藤原さんくらいのキャリアがある方でも、目上の方には「お茶いりますか」というのは素敵だなと感じました。

熱を帯びた藤原竜也さんとのラリーを続けるような掛け合いで 『鳩の撃退法』土屋太鳳インタビュー

©2021「鳩の撃退法」製作委員会 ©佐藤正午/小学館

「土屋太鳳は変わるだろうな」という作品を自分で企画してみたい

――豊川悦司さんとはいかがでしたか。
最後のシーンしかご一緒できなかったのですが、ワイルドだけれど品がある。カッコいいですよね。

熱を帯びた藤原竜也さんとのラリーを続けるような掛け合いで 『鳩の撃退法』土屋太鳳インタビュー

©2021「鳩の撃退法」製作委員会 ©佐藤正午/小学館

――撮影を振り返っての感想をお聞かせください。
タカハタ秀太監督の出身地である富山での撮影だったので、監督のホーム感がありました。
監督の演出は結構ニュアンスが細かいのですが、こちらが作っていったものにはきちんと答えてくださるし、もっと面白くしようという感じもありました。私は津田が語る物語には出ていませんでしたが、そちらにも出たかったです。

熱を帯びた藤原竜也さんとのラリーを続けるような掛け合いで 『鳩の撃退法』土屋太鳳インタビュー

©2021「鳩の撃退法」製作委員会 ©佐藤正午/小学館

――今後演じてみたい役、ジャンルはありますか。
職業モノ、具体的には医師や音楽家、弁護士をやってみたいですね。祖父が医師だったので、医師は身近な職業です。今、コロナ禍で多くの方が苦しい思いをしています。そこからどうやって立ち上がっていくのかを描いた職業モノの作品ができたらと思います。
これまではいただいたお仕事を選ばずに演じることを積み重ねてきました。自ら企画したものをやったことがありません。こういう作品をやったら土屋太鳳は変わるだろうなという作品を自分で企画してみたいです。

 

(取材・文:ほりきみき)

熱を帯びた藤原竜也さんとのラリーを続けるような掛け合いで 『鳩の撃退法』土屋太鳳インタビュー

©2021「鳩の撃退法」製作委員会 ©佐藤正午/小学館

<プロフィール>

土屋太鳳

熱を帯びた藤原竜也さんとのラリーを続けるような掛け合いで 『鳩の撃退法』土屋太鳳インタビュー

©2021「鳩の撃退法」製作委員会 ©佐藤正午/小学館

1995年生まれ、東京都出身。NHK連続テレビ小説「まれ」(15)で主演を務め一躍国民的女優に。主な映画出演作は『orange-オレンジ-』(15)、『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(17)、『累―かさね―』(18)。今後は『大怪獣のあとしまつ』(22年公開予定)、Netflix『今際の国のアリス シーズン2』など。NHK『シブヤノオト』土23:10~にてMCを担当。

メガホンを取ったタカハタ秀太監督にもインタビューしました。
藤原竜也や豊川悦司、風間俊介のキャスティングの決め手などを語っていただきました。
記事はこちらからご覧いただけます。

俳優として申し分のない藤原竜也がクズを演じるのを見たかった『鳩の撃退法』タカハタ秀太監督インタビュー | 映画board

『鳩の撃退法』

熱を帯びた藤原竜也さんとのラリーを続けるような掛け合いで 『鳩の撃退法』土屋太鳳インタビュー

©2021「鳩の撃退法」製作委員会 ©佐藤正午/小学館

監督:タカハタ秀太
脚本:藤井清美 タカハタ秀太
原作:佐藤正午「鳩の撃退法」(小学館刊)
出演:藤原竜也、土屋太鳳/風間俊介、西野七瀬、佐津川愛美、桜井ユキ、柿澤勇人、駿河太郎、浜野謙太、岩松了/村上淳、坂井真紀、濱田岳、ミッキー・カーチス/リリー・フランキー、豊川悦司
音楽:堀込高樹(KIRINJI)
主題歌:「爆ぜる心臓」KIRINJI feat. Awich (ユニバーサル ミュージック)
©2021「鳩の撃退法」製作委員会 ©佐藤正午/小学館
2021年8月27日(金)全国ロードショー

映画『鳩の撃退法』公式サイト | 2021年8月27日(金)全国公開


関連記事リンク(外部サイト)

俳優として申し分のない藤原竜也がクズを演じるのを見たかった『鳩の撃退法』タカハタ秀太監督インタビュー
セリフに宿る言葉の力を感じ、背筋を正された『ドライブ・マイ・カー』三浦透子さんインタビュー
平野紫耀主演『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ ファイナル』河合勇人監督インタビュー

access_time create folderエンタメ
local_offer
映画board

映画board

映画に関連するニュースや作品情報、レビュー、キャスト情報、視聴率、ランキング、チケット予約などを掲載している映画メディアサイト。

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧