四千頭身がテニプリ愛を語る! 好きなシーンは「乾vs柳の試合」「リチャード坂田の足かけ」(都築)「リョーマと桃先輩のダブルス」(石橋)

access_time create folderガジェ通 映画

9月3日(金)公開の映画『リョーマ!The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』の完成披露試写会が、8月21日(土)に都内にて行われ、原作・製作総指揮の許斐 剛先生、越前リョーマ役の皆川純子さん、神志那弘志監督、人気トリオ芸人の四千頭身が登壇しました。

【関連記事】「全国の劇場でテニプリのお祭りをしたい」許斐先生より感謝のメッセージも『リョーマ!The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』完成披露試写会
https://getnews.jp/archives/3087563

青春学園のジャージを着た、お笑いトリオ芸人・四千頭身が登場。メンバーの都築は「ぼくは『テニプリ』の大ファンなんです。今日は完成披露試写会があると聞きつけて、この場に来ました!後藤(拓実)と石橋(遼大)も一緒に四千頭身として『リョーマ!』を盛り上げたい」とステージで宣言。

皆川さんが「『有吉の壁』大好きなんで嬉しいです。フレディー・マーキュリーだ!」と喜ぶ姿が可愛らしかったです。

テニプリにハマったきっかけについて、都築さんは「たぶん最初はアニメだと思うのですが、物心ついた時から存在は知っていて。感動もあり、笑えますし、アクションのクオリティが高い。あの当時のスポーツアニメの中でアクションがすごいクオリティで好きになりました」と話し、好きなシーンについて聞かれると、

「マイナーなシーンをあげることも出来るんですけど、カッコつけるのもあれなので、王道を言わせていただきます。乾vs柳の試合です。乾がデータを捨てて過去を凌駕して、あの瞬間に乾のメガネの下に目が見えて、すごく綺麗な目をされているんですよね。それで、データを捨てて闇雲なプレイをするんですけど、結局それが過去に柳と行った試合のデータにつながっていたりして。僕はすごくあの試合が好きなんです」

「他にもたくさん好きなシーンはあって、もっとマイナーな所をつけば、全国大会の抽選でリチャード坂田が手塚に足をかけたシーンとかね」と愛を炸裂し、会場からは大きな拍手。皆川さんも「めちゃめちゃすごい所ついてきた!」と大爆笑。

お兄さんの影響で漫画を読んでいたという石橋さんは「リョーマと桃先輩(桃城武)のダブルスが好きです。まだダブルスに慣れていない2人が同じタイミングでコートに線をひいて、シングルにしちゃうんですよ。あれをやられた時に、僕はまだまだだなって…」と好きなシーンを挙げ、都築さんが「息があっていない時だからグダついちゃうけど、実はそこで息が合って作戦が決まるっていう」と話し、皆川さんは「阿吽ね、懐かしい〜!」と相槌。

2人ほどテニプリに詳しくないものの、都築さんのテニプリ話をよく聞いているという後藤さんは「恐竜が出て来たり、ネット炎上のシーンはすごく気になるので、まだこれからの楽しみにしておこうと思ってます」と話し、「毎回すごい発想だなって思っています」と都築さん。許斐先生は「色々挙げてくださって、原作を描いているものとしてすごく嬉しいです」と笑顔。

『リョーマ!The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』を観た感想については、「原作の中にラケットがすごく長かったり、逆手持ち、フレームで打つ、十字のガットで試合をするキャラが出て来たのに、“まだその手があったか!”と驚いたシーンがありました。そして『テニスの王子様』からのつながりがあったりして、おお〜!って思いました」と都築さん。

石橋さんは「タイムスリップして、リョーマが現役時代のお父さんに会って、“坊主、名前何て言うんだ?”って聞かれた時の返しが、いいね!!ってなりました。本当一瞬なんですけど、リョーマはやっぱり心臓が強いなって」

後藤さんは「ドキドキするシーンが多かったです。ヒロインも敵も……っていう」と、とにかくドキドキしたそうで、都築さんが「車のシーンも…」と、映画らしいダイナミックなストーリーになっている様です。

今回の四千頭身のゲスト登場はサプライズでしたが、許斐先生が突如「サプラーイズ返し!」とポーズ付きでお返し。「実は皆さんがテレビ番組でテニプリの話をしているのを観て、僕から公式応援団になってほしいとお願いしていたんです。なので、改めてよろしくお願いします!」と、今回の応援団就任は許斐先生のアイデアだったことが明かされます。

最後に都築さんが「ずっと読んでいた大好きな漫画に携わらせていただくのは初めてなのですが、たくさん頑張ってPRしていきたいと思います!ジャッカルが!!」と、テニプリネタを散りばめた挨拶で締め。たくさんの愛に包まれたイベントが終幕しました。

『リョーマ!The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』
9月3日(金)全国ロードショー
<公開形態>
リョーマ!The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様~Decide~
リョーマ!The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様~Glory~

原作・製作総指揮:許斐 剛
原作:許斐 剛 「テニスの王子様」(集英社 ジャンプ コミックス刊)
「新テニスの王子様」(集英社「ジャンプSQ.」連載)
監督:神志那弘志 脚本:秦 建日子 劇中歌全作詞作曲:許斐 剛
CG スーパーバイザー:菱川パトリシア
アニメーションディレクター:由水 桂 CGディレクター:山田桃子 システムディレクター:城戸孝夫
エグゼクティブCGプロデューサー:千田 斎
音響監督:高寺たけし 音楽:津田ケイ 音楽プロデューサー:松井伸太郎
3DCG制作:The Monk Studios/株式会社ケイカ 協力:スタジオKAI
総合プロデューサー:依田 巽 プロデューサー:新井修平
制作・配給:ギャガ 製作:新生劇場版テニスの王子様製作委員会
<キャスト>
越前リョーマ:皆川純子
越前南次郎:松山鷹志
竜崎桜乃:高橋美佳子
エメラルド:朴 璐美
ウルフ:杉田智和
ブー:武内駿輔
フー:竹内良太
アダム・アンダーソン:山路和弘
クリス・バークマン:奈良 徹
ベイカー:楠見尚己
ウェズリー・ヴォーン:伊藤健太郎
<Decide>
手塚国光:置鮎龍太郎
幸村精市:永井幸子
<Glory>
跡部景吾:諏訪部順一
白石蔵ノ介:細谷佳正
公式サイト:gaga.ne.jp/RYOMA_MOVIE/
公式Twitter:@ryoma3dtenipuri
(C)許斐 剛/集英社 (C)新生劇場版テニスの王子様製作委員会

access_time create folderガジェ通 映画

藤本エリ

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧