『サプライズ』脚本家が手掛けたホラーサスペンス『降霊会 ー血塗られた女子寮ー』 「のむコレ’21」にて上映[ホラー通信]

access_time create folder映画

アダム・ウィンガードが製作総指揮を務め、サイモン・バレットが監督・脚本を手掛けるホラーサスペンス『SEANCE(原題)』が、『降霊会 ―血塗られた女子寮―』の邦題で日本上陸。10月22日より開催の映画祭「のむコレ’21」にて上映される。

サイモン・バレットは、脚本家としてアダム・ウィンガード監督と長年タッグを組んでおり、『サプライズ』『ザ・ゲスト』『ブレアウィッチ』などの脚本を手掛けている。アダム・ウィンガードが『ゴジラVSコング』を大ヒットさせ、ビッグになっていくさなか、製作総指揮と監督という関係ではあるものの、コンビの復活は嬉しいところだ。

本作は、女子寮を舞台に、降霊会を試した少女たちが体験する恐怖を描く。美少女だらけの全寮制高校エデルヴァインへ転校してきたカミール。ある日、学園を牛耳る生徒達に「死んだ生徒の霊を呼びだそう」と誘われ降霊会をすることに。ちょっとした悪ふざけのはずだったが、儀式の直後から関わったメンバーが次々と凄惨な死をとげていく。はたしてこれはエデルヴァインの霊による呪いなのだろうか?

転校生・カミールを演じるのは、『高慢と偏見とゾンビ』『マッド・タウン』のスキ・ウォーターハウス

「のむコレ’21」は現在、本作を含めて6作のラインナップが先行発表されている。全上映作品は後日発表となる。

「のむコレ’21」
10 月 22 日(金)より、シネマート新宿、シネマート心斎橋にて開催
https://www.cinemart.co.jp/dc/o/nomucolle21.html

『降霊会 ―血塗られた女子寮―』
監督/脚本:サイモン・バレット
製作総指揮:アダム・ウィンガード、フィリス・ラング、デヴァン・タワーズ、コンスタンス・L・ホイ
製作:ジョン・ショーンフェルダー、ラッセル・アカーマン、トマス・デカジュ
出演:スキ・ウォーターハウス、マディセン・ベイティ、エラ=レイ・スミス、イナンナ・サーキス
配給:ハピネットファントム・スタジオ
2020年/アメリカ/英語/92分/原題:SEANCE/字幕:廣川 芙由美 [映倫 R15 +]

(C) 2020 HANWAY SEANCE LIMITED

access_time create folder映画

レイナス

おもにホラー通信(horror2.jp)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧