【ハーレイがなぜ切れた?】深い人物造形で物語に奥行き『ザ・スーサイド・スクワッド ”極”悪党、集結』

access_time create folderエンタメ
【ハーレイがなぜ切れた?】深い人物造形で物語に奥行き『ザ・スーサイド・スクワッド ”極”悪党、集結』

今、話題の『ザ・スーサイド・スクワッド ”極”悪党、集結』は極悪犯が減刑と引き換えに政府から極秘指令を受け、縦横無尽に暴れまくるサバイバル・アクション。コロナ禍で悶々としている気分もこの作品ならスカッとさせてくれるはず。しかも人物造形が深く、親子の関係を見直すいい機会にもなる作品なんです。

2016年に『スーサイド・スクワッド』が公開され、破天荒でやる気がなく、正義感など持ち合わせていない特殊能力者の活躍に世界が沸きました。特にマーゴット・ロビーが演じるハーレイ・クインの大胆で予測不能の”悪カワ”にファンが急増。2020年にはハーレイ・クインを主人公にした『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』が公開されました。
そして、『スーサイド・スクワッド』ではウィル・スミス、ジャレッド・レトに次いで3番目にクレジットされていたマーゴット・ロビーが『ザ・スーサイド・スクワッド ”極”悪党、集結』ではトップに名前が載っています!

「ところで、スーサイド・スクワッドって何?」という方のために簡単に説明すると。。。

<スーサイド・スクワッドとは?>
超危険な政府の極秘ミッション遂行のために、死刑や終身刑の極悪受刑者から選抜された特殊部隊。減刑と引き換えに、首の後ろに爆弾を埋め込まれ、裏切ったり間違ったりすれば容赦なく吹っ飛ばされてしまう。

今回のミッションは全世界の脅威となる「カイジュウ」計画の阻止。ハーレイ・クインの他に集められたのは武器オタ、筋肉野郎、水玉の陰キャラ、サメ人間といった13 名のクレイジーな悪党たち。前作に引き続き、登場するキャストもいますが、前作を見ていなくても問題ありません。

しかし14人もいるとその活躍ぶりを見せるのは大きなスクリーンでも大変。ジェームズ・ガン監督は適正人数までバッサリ落としていきます。その判断には一片の迷いもありません。その辺りは冷酷で無慈悲な司令官のアマンダ・ウォラーに通じるとことがあるかも。彼女は裏切り者には容赦なく、首に埋め込まれた爆弾のスイッチを押します。

誰が死ぬかわからない。ハーレイ・クインすらその対象者と監督やキャスト達も撮影秘話を語っています。

マイペースに我が道を行くハーレイ・クイン

さて、今回のチーム、何と言っても注目はハーレイ・クインです。

自分の始末は自分でつけるといった大胆な行動っぷりはかっこいい! 真っ赤なドレスに身を包み、人並外れた(でもあくまでも人間として可能な範囲の)能力でそのときそのときに彼女がすべきと思った行動を取ります。拘束されてしまったときの脱出策はとても華麗でした。
そして見事、脱出したところで、チームの面々が拘束された自分を助けに来たと知り、「戻ろうか?」と言ってしまうところが素直にかわいい~
拘束のきっかけは作品の半ばくらいに意気投合していた人物のひとことで、予想外の行動を取ってしまったこと。相手は自分の何がいけなかったのか、多分、今でもわからないでしょう。しかし、その人物は確かにハーレイ・クインの心の地雷を踏んだのです。
何が地雷だったのか? これはハーレイの生い立ちと深くかかわっています。
この辺りは前作『スーサイド・スクワッド』ではなく、『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』を見ていると納得感があります。2021年8月12日現在、Netflixで見られるので、機会があればぜひ!

陰キャラながら、攻撃のカラフルさはハーレイ・クインと互角?!

カラフルな水玉を放ち、敵をスイスチーズのように穴だらけにしてしまうのがポルカドットマンです。陰キャラなのですが、その原因はどうも母親らしい。トラウマと化した母親が彼を追い詰めるシーンは本人には気の毒だけれど、見ていてちょっと笑ってしまう。
とはいえ、親として子どもを追い詰めてしまうのは本意ではないはず。親として、こうなってはいけないと思わず戒められました。

声を担当する宮野真守もこんなことを言っています。

いつ誰が死ぬかわからない成功率0%のミッションの最中に居眠りしてしまうとは!

ラットキャッチャー2は父親が作ってくれた電気の棒を使ってネズミを操ります。気弱そうなのですが、どこでもうたた寝をし、眠りの深さは半端ない。それって繊細なのか、図太いのか。。。
ただ、父親への信頼感はとても強い。大切なことはすべて父親から教わったと思っています。それがある意味、彼女の強さの秘密かもしれません。貧乏でも親がちゃんと子どもと向き合っていれば、子どもは真っすぐ伸びていく。そんなことを感じさせるキャラクターです。

 

ちなみにラットキャッチャー2と「2」が付いているのは、父親がラットキャッチャーだから。
この父親を演じているのが、タイカ・ワイティティ。『フリー・ガイ』で押しの強い悪役をコミカルに演じていましたが、本作では娘にそっと寄り添う良き父親を控え目に演じています。

 

今回の部隊の責任者であるブラッドスポートはスーパーマンを半殺しにした世界最強のスナイパーです。
最初はこの部隊に誘われても拒否していたのですが、それでも娘の未来を担保に取られて、参加せざるを得ませんでした。その娘は思春期真っ盛り。父親に対して素直じゃありません。それでも娘のために参加したブラッドスポートに親の愛を感じます。
そして、父親のがんばる姿を見て、娘も歩み寄るように。心温まるシーンとなりました。

思いっきりぶっ飛んだクレイジーな作品のように見えて、親子の情の機微まで描いている『ザ・スーサイド・スクワッド ”極”悪党、集結』はいよいよ8月13日(金) 全国公開です。

『ザ・スーサイド・スクワッド ”極”悪党、集結』

原題:THE SUICIDE SQUAD
監督:ジェームズ・ガン
キャスト:マーゴット・ロビー『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』、イドリス・エルバ『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』、ジョン・シナ『バンブルビー』、ジョエル・キナマン『スーサイド・スクワッド』、ピーター・キャパルディ『ワールド・ウォー Z』、シルベスター・スタローン「ランボー」シリーズ、ヴィオラ・デイヴィス『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』
配給:ワーナー・ブラザース映画
レイティング:R15+
© 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC Comics
2021年8月13日(金) 全国公開

映画『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』オフィシャルサイト


関連記事リンク(外部サイト)

ScreenXを初めて体験するなら『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF OREY』がおススメ!
三浦春馬の雄姿は絶対に見逃さない!『ブレイブ-群青戦記-』で押さてほしい必見3場面を解説
藤原竜也、竹内涼真が本格アクションに挑んだ映画『太陽は動かない』で羽住英一郎監督が撮影秘話を語る

access_time create folderエンタメ
local_offer
映画board

映画board

映画に関連するニュースや作品情報、レビュー、キャスト情報、視聴率、ランキング、チケット予約などを掲載している映画メディアサイト。

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧