伝説のすた丼屋が作ったカツ丼がニンニク炸裂でとんでもないウマさ! カツ丼界の風雲児の誕生を祝福せよ!

access_time create folderグルメ

ジューシーな豚バラ肉に秘伝のニンニク醤油ダレを絡めて炒め上げ、大盛りのご飯の上からガッツリと盛り付けた「すた丼」が人気の「伝説のすた丼屋」。夏バテで食欲が落ちがちなこの季節に「すた丼」は最適。「すた丼」を食って元気出そうと考えているガッツリ系男子は多いのでは。

そんな「伝説のすた丼屋」では季節ごとにさまざまな限定メニューを発売しているのですが、8月から発売となった新メニューがすごいぞ! その名も「伝説のすたみなロースカツ丼」。なんと、すた丼屋なのにカツ丼!! 「伝説のすた丼屋」がついにカツ丼業界に殴り込みだ!!

すた丼屋のことだからきっとボリュームは満点なんだろうけど、いったいどんな味のカツ丼に仕上がっているのでしょうか。早速食べに行ってきましたよ。

こちらが期間限定メニュー「伝説のすたみなロースカツ丼」。お値段は味噌汁つきで980円でございます。やっぱりボリュームは半端ない! ご飯はたっぷり380gも使用しているのだとか……!

しかし大量の卵とじの中に豚バラ肉が入っていることは確認できますが、パッと見た感じだとトンカツが見当たりません。本当にこれはカツ丼なのでしょうか? 

とりあえず箸で卵とじをほじくり返してみると……

出た~!! トンカツ!! しかもかなり肉厚!! なにやら「伝説のすた丼屋」では過去にカツカレーなどでロースカツを使用したことがあるそうですが、このロースカツは過去最高の大きさなんだとか……!

せっかくなので揚げる前のロースカツを見せていただきましたが、確かにデカい!! 重さはなんと130gもあるそうです。

そんなロースカツを煮込んで卵とじにするのではなく、揚げたてのロースカツに豚バラ肉の卵とじをかけることによって、揚げたてのザクザクとした食感を残したのもこだわりとのこと。

こちらをご飯と一緒に豪快に頬張って食べてみると………うおおおおおっ!! ニンニクの存在感、半端ない!!!!

ロースカツはかつお出汁のタレにすた丼のタレを調合した特製すたみなカツダレで味付けされているのですが、これがほどよく甘じょっぱくて食欲をそそる味。そこに卵とじがかけられているのですが、この卵とじの中に大量のクラッシュニンニクが投入されていました。これがもう、いい意味で暴力的!!

夏バテしているのを優しく元気づけるのではなく、豪快に蹴り上げて無理やり元気づけてくる感じですね。攻撃的な味付けで箸が止まらない! そしてカツ丼なのにちゃんとすた丼らしさも感じられるところも最高!

これ、とんでもないカツ丼が誕生しちゃったんじゃないの!?

ものすごいボリューム感でしたが、パワフルな味付けに引っ張られて気がつけばペロリと完食。カロリー大量摂取で元気出た! とびきり全開パワーで暑い夏も元気に過ごせそうです。ごちそうさまでした!

みなさんも「伝説のすたみなロースカツ丼」を食べて暑い夏を乗り切ってみてはいかがでしょう。こちらは全国の「伝説のすた丼屋」にて一部店舗(※)を除いて発売中。もっと食べたい食いしん坊の方にはロースカツ2枚の「伝説のすたみなロースカツ丼W盛り」(1380円)、唐揚げがプラスされた「伝説の唐揚げ合盛りすたみなロースカツ丼」(1180円)という超絶ガッツリメニューもありますよ。

※以下の店舗では発売していません
アリオ橋本店・談合坂SA店・清水PA店・中野新橋店・東大和店・尼崎店・梅田豊崎店・Pasar蓮田店・ダイバーシティ東京プラザ店・江の島店・茨木店・豊中店・十三店・藤沢店・松戸みのり台店・草加店・上新庄店

(執筆者: ノジーマ)

access_time create folderグルメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧