屋内・屋外で使えるスマートカメラとビデオドアホン 「Google Nest」ブランドのスマートホーム機器3製品を発表

access_time create folderデジタル・IT

Googleは8月5日、スマートホームブランド「Google Nest」の新製品を発表しました。8月26日から順次発売し、サブスクリプションサービス「Google Nest Aware」を同日から開始します。

屋内と屋外で使えるバッテリー式のスマートカメラ「Google Nest Cam(屋内、屋外対応 / バッテリー式)」は8月26日に発売。希望小売価格は2万3900円(税込)。人、動物、車両を検出し、屋内外で発生した重要なイベントに絞って通知を送信します。映像をクラウドに送信せずにデバイス上で処理することで、関連性の高い通知やプライバシーとセキュリティの強化を実現。特定のエリアを指定して、そこで何かが起きたときに通知を受け取る「アクティビティエリア」、サブスクリプションサービスで追加機能として提供する、カメラが誰を認識すべきかをユーザーが設定・管理できる機能「認識済みの人物の検出」といった機能が利用可能。屋内用のスマートカメラ「Google Nest Cam(屋内用/電源アダプター式)は数か月以内に国内で販売開始を予定しており、希望小売価格は1万2300円(税込)。

バッテリー式のドアホン「Google Nest Doorbell(Battery Type)」は8月26日に発売し、希望小売価格は2万3900円(税込)。バッテリー内蔵なので、既存のドアホン配線に左右されずに自宅に設置が可能。Nest Camと同様の機能が利用できる他、人や動物、車両に加えて、荷物の検出にも対応します。通常のビデオドアホンとは異なり、縦長の画角を採用することから、訪問者の全身や地面に置かれた荷物まで確認できます。

Wi-Fiが停止したり停電した場合、Nest Cam(屋内、屋外対応 / バッテリー式)とNest Doorbellはローカルストレージに最大1時間のアクティビティの動画履歴(約1週間分のアクティビティ)を記録可能。Nest Cam(屋内用/電源アダプター式)は、Wi-Fiが途切れてもデバイス上に映像を記録します。接続が復旧すると、イベントがクラウドにアップロードされ、映像記録の確認が可能に。

サブスクリプションサービスのGoogle Nest Awareは、動画履歴や追加機能をGoogle Nest製品で利用可能にするサービス。カメラ1台ごとではなく、家中すべてのGoogle Nestデバイスをまとめてカバーします。料金は月額630円(年額6300円)で、過去30日間のアクティビティの動画履歴を確認できる他、認識済みの人物の検出機能が利用可能。月額1260円(年間購入1万2600円)で提供する「Google Nest Aware Plus」では、さらに過去10日間の連続動画履歴と過去60日間のアクティビティの動画履歴が利用できます。

画像:Google Japan Blogより引用

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧