『映画 太陽の子』特集|静かな涙が、あふれる夏になる── 柳楽優弥×有村架純×三浦春馬、繊細かつ迫真の演技で観る者の心を打つ

access_time create folderエンタメ

『映画 太陽の子』特集|静かな涙が、あふれる夏になる── 柳楽優弥×有村架純×三浦春馬、繊細かつ迫真の演技で観る者の心を打つ

映画 太陽の子』特集

『映画 太陽の子』 (C)2021 ELEVEN ARTS STUDIOS /「太陽の子」フィルムパートナーズ

かつて存在した“日本の原爆研究”。その事実を背景に、若者たちの決意と揺れる想いを描いた『映画 太陽の子』が8月6日(金)より公開される。主要キャストに柳楽優弥×有村架純×三浦春馬という豪華俳優を迎え、日本とハリウッドから一流のスタッフ・キャストが集結した本作の魅力を紹介する(文/奥村百恵)。

◇戦時下の極限の状態にあっても、ひたむきに青春の日々を生きた若者たち


『映画 太陽の子』 (C)2021 ELEVEN ARTS STUDIOS /「太陽の子」フィルムパートナーズ

本作は、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」を手がけ、現在放送中の大河ドラマ「青天を衝け」でも高視聴率を叩き出している黒崎博監督が、若き科学者が残した日記の断片を偶然目にしたことをきっかけに製作されたという。その日記には原子の力を利用した新型爆弾の開発という衝撃の事実や、そのような大きな任務に携わりつつも日々の食事や恋愛など、等身大の学生の日常が記されていた。黒崎監督がこのプロジェクトを立ち上げたのは、「戦時下の極限の状態にあっても、ひたむきに青春の日々を生きた若者たちの姿を描きたい」という想いがあったからだ。

◇静かな涙が、あふれる夏になる── 涙なしでは観られない青春群像劇


『映画 太陽の子』 (C)2021 ELEVEN ARTS STUDIOS /「太陽の子」フィルムパートナーズ

物語の舞台は1945年の夏。軍の密命を受けた京都帝国大学・物理学研究室の若き科学者・石村修(柳楽優弥)と研究員たちは、原子核爆弾の研究開発を進めていた。修が研究に没頭する日々の中、建物疎開で家を失った幼馴染の朝倉世津(有村架純)が修の家に居候することに。時を同じくして、修の弟・裕之(三浦春馬)が戦地から一時帰郷し、3人は久しぶりの再会を喜ぶが、そんな中、修と世津は裕之が戦地で心に深い傷を負ったことを知る。


『映画 太陽の子』 (C)2021 ELEVEN ARTS STUDIOS /「太陽の子」フィルムパートナーズ

一方で、物理学に魅了されていた修も、その裏にある破壊の恐ろしさに葛藤を抱えながら生きていた。そんな2人のことを力強く包み込む世津は、修と裕之に「戦争が終わったら教師になる」と夢を語るが……。それぞれの決意や希望、そして絶望が丁寧に紡がれた、この夏“静かな涙があふれる”青春群像劇となっている。

◇柳楽優弥×有村架純×三浦春馬、繊細かつ迫真の演技で観る者の心を打つ


『映画 太陽の子』 (C)2021 ELEVEN ARTS STUDIOS /「太陽の子」フィルムパートナーズ

実験に没頭する若き科学者の修を演じるのは、今年『ターコイズの空の下で』『HOKUSAI』と主演作が次々と公開される柳楽優弥。修と彼の弟の裕之がほのかな想いを寄せる幼なじみの世津を演じるのは、『花束みたいな恋をした』が大ヒットを記録した有村架純。修の弟で、亡き父の遺志を継いで軍人になった裕之を演じるのは、『ブレイブ -群青戦記-』の三浦春馬。実力派人気俳優3人が難しい役柄に挑戦し、見事な演技で表現しているところが本作の大きな魅力と言える。


『映画 太陽の子』 (C)2021 ELEVEN ARTS STUDIOS /「太陽の子」フィルムパートナーズ

例えば、修は「この研究が成功すれば、戦争は終わる」と信じてがむしゃらに実験を続けるのだが、その一方でその研究がもたらすであろう恐ろしい結末を思い葛藤しており、その感情の揺れを柳楽は繊細な演技で見せていく。戦争が人を変えていくさまを、狂気的な表現力で魅せているのも素晴らしい。そして有村は戦後の未来を見据えて日々を力強く生きる世津を魅力的に演じ、三浦は陸軍の下士官として出兵したことで壮絶な体験をした裕之の苦悩を迫真の演技で体現し、観る者の心を打つ。

◇田中裕子や國村隼の心揺さぶる名演技も見逃せない、ハリウッドの一流スタッフ・キャストも参加


『映画 太陽の子』 (C)2021 ELEVEN ARTS STUDIOS /「太陽の子」フィルムパートナーズ

脇を固める俳優陣も豪華で、修と裕之の母親・フミを田中裕子、京都帝国大学理学部の教授で日本の原子物理学の第一人者・荒勝文策を國村隼、陶器屋の主人・澤村をイッセー尾形、世津の祖父・清三を山本晋也など国内外で活躍する個性派俳優が集結。中でも息子2人の行く末を案じながら静かに見守るフミを演じた田中と、学生の科学者たちを守ろうとする荒勝を演じた國村の存在感は圧倒的で、子を持つ親はもちろん、幅広い世代の人たちの心を揺さぶるような演技で物語に真実味を与えている。


『映画 太陽の子』 (C)2021 ELEVEN ARTS STUDIOS /「太陽の子」フィルムパートナーズ

日米合作となる本作は、エンターテイメント超大作として結実させるという執念に、持てる情熱のすべてをかけた黒崎監督のもと、日本最高峰のキャスト・スタッフが集結。その情熱は海を渡りアカデミー賞受賞作品に携わるにからむ豪華ハリウッドスタッフたちも続々と名乗りを上げた。音楽を『愛を読むひと』のニコ・ミューリー、サウンドデザインを『アリー/ スター誕生』のマット・ヴォウレス、さらに『アルマゲドン』や『ジョン・ウィック:チャプター2』で知られる名バイプレイヤーのピーター・ストーメアがアインシュタインの声で出演するなどハリウッドの一流スタッフ、キャストが参加。さらに主題歌を担当した福山雅治のバラード曲「彼方で」が物語を彩る。構想10年、壮大なスケールと圧倒的なクオリティで贈る感動のヒューマンドラマが誕生した。

◇豪華俳優陣が全てを注いだ青春物語をぜひ劇場で


『映画 太陽の子』 (C)2021 ELEVEN ARTS STUDIOS /「太陽の子」フィルムパートナーズ

“日本の原爆開発”を背景に、3人の若者の決意と揺れる想いを描いた300日の青春グラフィティ『映画 太陽の子』。魅力あふれる柳楽優弥×有村架純×三浦春馬の演技派俳優が共演し、脇を固める田中裕子、國村隼の誰もが心を揺さぶられるような演技も見逃せない。この夏、彼らが全てを注いだ涙なしでは観られない青春物語を、コロナ禍でまだまだ先の見えない不安な時代だからこそ、ぜひ劇場の大きなスクリーンで鑑賞して欲しい。

『映画 太陽の子』は8月6日(金)より全国公開

公式HP:https://taiyounoko-movie.jp/

(C)2021 ELEVEN ARTS STUDIOS /「太陽の子」フィルムパートナーズ

映画ランドNEWS – 映画を観に行くなら映画ランド


関連記事リンク(外部サイト)

オタク全開の“科学バカ!”柳楽優弥が物理を熱弁、笑顔で見つめる有村架純『映画 太陽の子』本編映像
京丹後の美しい海を前に、幼馴染み3人が友情を再確認『映画 太陽の子』メイキング画像
『映画 太陽の子』公開記念 青春映画8選|これを観なきゃ夏は越せない!夏におすすめ“青春グラフィティ”を一挙紹介!

access_time create folderエンタメ
local_offer
映画ランドNEWS

映画ランドNEWS

170万人のユーザーが使うNo.1映画チケット予約サービス「 映画ランド 」の公式ニュースサイト。国内外の映画・エンタメ最新情報のほか、インタビューや特集、舞台挨拶などイベントの模様を毎日配信。豪華キャストが登壇する試写会プレゼント企画も満載!公式SNS( @eigaland )もチェック!

ウェブサイト: https://eigaland.com/topics/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧