BTC(ビットコイン)、ESGマネーと大型アップデートTaproot(タップルート)は救いとなるか【仮想通貨相場】

access_time create folder政治・経済・社会
BTC(ビットコイン)、ESGマネーと大型アップデートTaproot(タップルート)は救いとなるか【仮想通貨相場】

 

著者 DMM Bitcoin マーケットレポート

プロフィール:暗号資産交換業者。DMM Bitcoinなら、豊富な取扱い暗号資産(仮想通貨)種類でお取引が可能です。厳重なセキュリティで、お客様が安心して暗号資産のお取引ができる環境を提供します。最短当日に口座開設可能。(暗号資産交換業 関東財務局長 第00010号、第一種金融商品取引業 関東財務局長(金商)第3189号、加入協会:一般社団法人日本暗号資産取引業協会)

BTC(ビットコイン)、2か月ぶりにプラス圏へ反発

Tradingviewより作成

上図は2021年6月1日を起点とした当社取扱い銘柄の過去60日間の騰落率を比較したグラフである。

全般的に6/21と7/20付近に大きく下落しているが、足元は反発局面となっていることがわかる。ポイントとしては下記の点があげられる。

BTC(ビットコイン)とETH(イーサリアム)がプラス 圏で推移
BTC(ビットコイン)の上昇率は12%と最も高いパフォーマンスとなった
ALT(アルトコイン)の下げが目立ち、反発鈍い

5月中旬から7月下旬にかけては停滞相場で値を下げる銘柄が多い中で、ETH(イーサリアム)はハードフォーク「LONDON(ロンドン)」というアップデートにより投資家センチメントは強気に傾いたように思われる。 (詳細は2021/7/29のマーケットレポート「ハードフォークを控えたETH(イーサリアム)、今後の行方は?」を参照)

BTC(ビットコイン)はアップデートの近いETH(イーサリアム)を超える上昇をみせているが、いち早く反発した理由として、

①ESGマネー(環境、社会、ガバナンスの観点から投資)が流入する可能性
②4年ぶりに始まる大型アップデート「Taproot(タップルート)」の実装

という期待感に裏付けられたものではないかと考えられる。

続きはこちら

 

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。


関連記事リンク(外部サイト)

9月テーパリング発言でビットコインは一段安、その影響は?【仮想通貨相場】
8月は警戒月?、過去3年のBTC(ビットコイン)シナリオ ~月間レンジは360万円-532万円か~【仮想通貨相場】
BTCはレンジ上限目前で反落 重要指標やハードフォークでどう動くか【仮想通貨相場】

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧