【大阪府】豊中市立青少年自然の家わっぱる|自然のままの森と川をどちらもまとめて楽しめる!

access_time create folder生活・趣味
【大阪府】豊中市立青少年自然の家わっぱる|自然のままの森と川をどちらもまとめて楽しめる!

こんにちは!関西からお届けしているYaikoです。

今回は大阪のてっぺん能勢町にあり、自然のままの豊かな森と川を楽しめるキャンプ場「豊中市立青少年自然の家 わっぱる」をご紹介します。

豊中市立とありますが、団体だけでなく豊中市内や能勢町に在住・在学・在勤されていない方にも広く一般に向けて開放されています。さらに、2021年4月よりソロ利用も可能となって気軽に利用しやすくなりました。

豊中市立青少年自然の家 わっぱる 概要

利用期間:3月~12月末
休日:月曜日・火曜日(祝日の場合は翌平日)春・夏休みは開所
受付時間:9:00~17:00
利用時間
・宿泊:入室15:00~撤収12:00・退室14:00
・日帰り:入室10:00~退室16:00
・アーリーチェックイン:空きがあれば可
利用日数:日帰りから最長5泊6日まで
宿泊の種類:テントサイト・山小屋・宿泊棟

料金
・日帰り:大人900円/1人・小人300円/1人
・テント・山小屋泊:大人1,200円/1人・小人600円/1人
・宿舎泊:大人1,500円/1人・小人900円/1人
・豊中市・能勢町に在住・在学・在勤の方は上記より半額

支払い:現金
駐車料金:無
車横付け:不可
電源:テントサイト無

販売:薪500円/束・炭200円/1kg・スウェーデントーチ1,500円/1つ など
レンタル:テント500円/1張・タープ500円/1張・ダッチオーブンセット1,000円 など
自動販売機:有(自然の家内)
ペット:不可
焚き火:指定場所にて焚き火台使用・直火やテントサイトでの焚き火は不可
ゴミ
・生ゴミ・燃えるゴミ:引き取り可
・燃えないゴミ・カン・ビン:持ち帰り
入浴施設:無料 17:00~22:00 団体毎に割り振り

近隣施設:いずれも車で11分
・スーパー:ショッピングスクエア ノセボックス
・ホームセンター:コメリハード&グリーン能勢店
・コンビニ:ファミリーマート 能勢町栗栖店

電話:072-734-0301
公式サイト:https://www.toyonaka-camp.com/
住所:大阪府豊能郡能勢町宿野151-68

予約~受付

自然の家わっぱるは、豊中市・能勢町に在住・在学・在勤だと利用日同一日の12ヶ月前から、上記以外に居住している場合は利用日同一日の6ヶ月前から予約できます。

予約の手順

1.利用希望の日程・予定人数を電話にて連絡し仮予約をします。

2.インターネットからダウンロードもしくは発送された必要書類 の「A:利用申込書」・「B:プログラム表」・(「C:食事献立発注書」)を提出します。

宿泊や食事の注文の場合は利用日の10日前までに必着です。日帰りで食事の注文がなければ前日の17:00までに必着となります。

※10人以上の団体で、初めての利用やプログラムの内容によっては下見と打合せが必要
※空きがあればサイトのリクエストも可能

予約書類のダウンロードはこちら

アクセス

車の場合は豊中市R176~R173を篠山方面へ~下田・栗栖・山辺口のいずれかの交差点でR54を北上すると左側に看板が見えます。

駐車場は無料。乗用車だけなら24台・大型バスだけなら8台のスペースがあります。必要な荷物はここで降ろしてサイトへ運搬します。

バス停も目の前にあって自家用車が無くても行くことはできますが、運行本数は少ないのでご注意ください。

受付

敷地に入り少し坂を上ると管理棟があります。そこで受付・サイトの確認・利用説明を受けます。

天井が高く明るい玄関ホール。木が溢れる落ち着いた山小屋風ですね。

敷地内の樹木や花を利用したクラフトを販売しています。クラフト体験ができる様々なキットもありましたよ。

管理棟の前の「レンガ広場」は、焚き火・キャンプファイヤーなどに利用できます。

サイト案内

大路次川を麓に山の斜面に沿ってテントサイトや炊事場・山小屋等が配置されています。

テントサイト:12か所
炊事場:5か所
山小屋:3棟
キャンプファイヤー場:4か所
トイレ:3か所
日帰りBBQサイト
水遊び場・川遊び場・日帰り川サイト
キャンプ場地図
施設内の火気使用指定場所


「みんなが楽しく生活をするために!」場内の看板。心に響きます。

各サイトへは坂道を登っていきます。荷物が多くて大変な時は、スタッフによる荷物運搬(電動リアカー100円/1台、トラック500円/1日)を頼めます。

宿泊可能テントサイト

管理棟から最も近い「つつじの里」

斜面なのでひな壇になっている「ねむの里」

ドームテントを張れるウッドデッキがある「はこべの里」
「つつじの里」にも同様のウッドデッキがあります。

広いスペースがあり、松ぼっくりも拾い放題の「のばらの里」

キャンプ場の一番上に位置している「さくらの里」
サイト備え付けの大きなテーブルも使えます。

他にもたくさんのサイトがあります。(全12エリア)
それぞれ景色や地面の様子が違ったので、是非探索してみてください。

日帰り川サイト

木材で区画分けされていて、木陰を確保しながら川遊びが楽しめます。涼しい風とせせらぎを感じながらのハンモックは格別です。

通常は区画付近での利用となりますが、空いていれば川の側でも利用できます。(ここでの宿泊や焚き火はできません。)

山小屋


左上:第1山小屋ツキ
右上:第2山小屋ホクト
左下:第3山小屋タイヨウ
右下:第2山小屋ホクト(内観)

場内には3棟の山小屋があり、レクリエーションやクラフト、宿泊に利用できます。利用人数の目安は10~15人。第3山小屋タイヨウは八角形で可愛いデザインでした。

今回利用したサイト

今回は「つつじの里」の開けたスペースにハンモックを張りました。森の中、枯葉の絨毯の上で心地よいひとときです。

設備紹介

トイレ

テントサイトには3カ所のトイレがあります。
写真は最も高い位置にあるトイレ。洋式1つ・和式2つ・鏡のある洗面台が2つありました。

炊事場

場内には5カ所の炊事場があります。すべての炊事場に調理台があり、場所によってはハンドソープやアルコールが備え付けられています。

貸出用の食器が用意されている第2炊事場

第3炊事場には灰や炭を処理できる設備も併設されています。

キャンプファイヤー場


左上:第1PG(プレイグラウンド)
右上:第2FB(ファイヤーベース)
左下:第4FB(ファイヤーベース)
右下:第5FB(ファイヤーベース)

森の中のキャンプ場のため、火気を扱う際は場内4カ所のキャンプファイヤー場を利用してください。焚き火やキャンプファイヤー・ゲーム・レクリエーションの場として使えます。

食堂・プレイホール

利用人数は60人。給食・弁当・自炊メニューが選べますのでご予約ください。レクリエーションにも利用できます。

浴室

キャンプに嬉しい浴室があります。湯舟とシャワーがあり、無料で使用できます。利用人数10~15人。男性は1階女性は2階となります。
団体毎に割り振りをするため、予約時のプログラム表に希望使用時間をご記入ください。

日帰りBBQエリア

敷地に入ってすぐ左が日帰りBBQエリアとなります。焚き火やBBQコンロの使用ができます。水道もあります。

水遊び場

7~8月には水遊び場として開放される浅いプールがあります。
広さは30m×15m。水深は大人の膝あたりまでなので、お子様にも安心。大人も利用できます。側には男女別の更衣室もあります。

水遊びから繋がる大路次川。行ける場所は水深が浅いので、川遊びもできそうです。
※川で遊ぶ際には細心の注意を払いましょう。

樹木探検・コナラの隠れ道


場内の樹木には、木の名前と詳しい説明のプレートがかかっています。樹木について楽しく学べますね。

近隣施設

車で11分のR173栗栖交差点に店舗が揃っています。

ショッピングスクエア ノセボックス

地元のスーパーマーケット。食材は何でも揃います。

営業時間:9:30~19:30
公式サイト:https://www.nosebox.jp/
住所:大阪府豊能郡能勢町栗栖60-1

コメリハード&グリーン(能勢店)や24時間営業のファミリーマート(能勢町栗栖店)もあるので、キャンプの忘れ物・買い足ししたいものがあったら栗栖交差点に行けば何とかなります。

まとめ

豊富なプログラムを好みに合わせてカスタマイズ。
自然体験を欲張ってもいいし、何もしなくてもいい。
団体からソロまで深い懐で受け止める。
そんな森と川をどっちも楽しめる「わっぱる」に遊びに来てみませんか。


関連記事リンク(外部サイト)

電源確保に必須!キャンプ用延長コードの選び方・おすすめ商品10選
Amazonタイムセールでキャンプ向け寝具が安い!シュラフやシートを使って快適な睡眠へ
キャンプをするなら車選びも重要!おすすめの車10選

access_time create folder生活・趣味
local_offer
TAKIBI

TAKIBI

キャンプ、釣り、キャンプ料理などアウトドアの事ならTAKIBIにお任せ!実体験をもとにしたコンテンツで、リアルな商品情報や地域情報をお届けします!さらに、全国約3,000件のキャンプ場情報を網羅したキャンプ場予約サイトならあなたの条件に合ったキャンプ場が見つかります!

ウェブサイト: https://takibi.style/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧