ビットコインは4万ドルで踊り場形成 テクニカル的に買い控えか【仮想通貨相場】

access_time create folder政治・経済・社会
ビットコインは4万ドルで踊り場形成 テクニカル的に買い控えか【仮想通貨相場】

 

著者 長谷川友哉(はせがわゆうや)ビットバンク マーケットアナリスト

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

29日のビットコイン(BTC)対円相場は18,136円(0.41%)安の4,379,508円と小幅反落。前日までの相場は8連騰し、320万円から一時450万円まで上昇していた。

この日の相場は方向感に欠ける展開に終始し、対ドルで心理的節目の40,000ドル(≒437万円)を挟み込み踊り場を形成。前日の米時間には一時430万円割れを試したビットコインだったが、米連邦公開市場委員会(FOMC)後のパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の定例記者会見がハト派に受け止められ切り返した。しかし、米超党派による1.2兆ドルのインフラ投資法案に暗号資産(仮想通貨)で3兆円の税収計画が盛り込まれることが伝わると、440万円周辺で上値を重くした。

昨日は目星い材料に乏しい中、欧州勢参入後に保ち合い上放れをトライするも失敗し反落。その後、米新規失業保険申請件数が市場の予想を上回り、パウエル議長の「(雇用と物価の)目標達成までまだ距離がある」との発言を裏付ける結果となると相場も切り返したが、節目440万円で戻り売りが入った。一方、今朝方に開かれたマイクロストラテジーの決算報告でマイケル・セイラーCEOが今後もビットコインを購入し続ける意向を示すと、相場は432万円周辺から切り返している。

第1図:BTC対円チャート 1分足 出所:bitbank.ccより作成

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。


関連記事リンク(外部サイト)

ビットコインは4万ドルを挟んで小動き、次の展開は【仮想通貨相場】
ハードフォークを控えたETH(イーサリアム)、今後の行方は?【仮想通貨相場】
イーサ取引高の増加率、ビットコインを上回る=コインベースの2021年上半期レポート

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧