メルカリ内にネットショップをカンタン開設 「メルカリShops」先行出店の受付開始

access_time create folderデジタル・IT

メルカリは、グループ会社ソウゾウを通じてEC化支援事業に参入したことを発表。7月28日より、スマホ1台で誰でもカンタンにネットショップを開設できるEコマースプラットフォーム「メルカリShops(メルカリショップス)」をプレオープンし、2021年9月に予定している本格提供に先駆け、主にクリエイターや生産者・小規模事業者などを対象とした先行出店の受付を開始した。

「メルカリShops」は、「メルカリ」に出品するのと同様のカンタンな操作で、誰でも「メルカリ」アプリ内にネットショップを持つことができるEコマースプラットフォーム。独自の集客なしで月間1900万人超の「メルカリ」利用者に販売情報を届けることができる。

出店にあたっては初期費用・月額利用料無料で、アイテムが売れた際にのみ、販売価格の10%が手数料として発生する。個人アカウントからの出品と異なり、出品画面でアイテムの色やサイズ、在庫数等の設定が可能で、値下げ交渉がないためやり取りの手間が省けるとしている。

消費者にとっては、生産者や作り手などから「メルカリ」アプリ内で直接アイテムを購入することができ、クリエイターのハンドメイド作品や農家直送の野菜・果物、まちの飲食店のグルメ、地方の特産品など、買い物の楽しみをさらに広げる狙いだ。

なお、2021年中には、「メルカリ」アプリ内だけでなく、アプリ外にも独立したウェブサイトとしてネットショップを開設できる機能の提供も予定している。

コロナ禍においては店舗営業時間の短縮や観光客需要の激減などにより、従来オフラインで営業をおこなっていた事業者のEC化需要が拡大傾向に。一方で、ECサイトの開設や運用、集客などのノウハウがないといった課題から、経済産業省によると日本全体のEC化率はいまだ6.76%に留まっている。

ソウゾウの石川佑樹CEOは、「メルカリShopsは、メルカリの慣れ親しんだUIで、ITに関する知識や経験がない方でもカンタンにネットショップを開設できる」とし、「メルカリの1900万人超の顧客基盤と、個人間の安心・安全なモノの売買を実現したUX技術やノウハウを活用」することで、他社のEC化支援サービスとの差別化を図っていくとしている。

メルカリShops公式サイト;
https://mercari-shops-lp.com/

access_time create folderデジタル・IT
よしだたつき

よしだたつき

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧