細田守監督作品!映画『未来のミライ』のあらすじ、キャスト、視聴方法まとめ(※ネタバレあり)

access_time create folderエンタメ
細田守監督作品!映画『未来のミライ』のあらすじ、キャスト、視聴方法まとめ(※ネタバレあり)

甘えん坊の4歳の男の子が、不思議な体験を通して成長していく様子を描いた『未来のミライ』。 この記事では2018年公開『未来のミライ』のネタばれありのあらすじ、キャスト、評価、視聴方法を紹介していきます。 鑑賞前の予習や観賞後の復習に、ぜひ参考にしてみて下さいね。

『未来のミライ』ってどんな映画?

未来のミライ

未来のミライ

2018年/日本/98分

作品情報 / レビューはこちら

『時をかける少女』や『サマーウォーズ』など大ヒットアニメ映画を生み出し、国内だけでなく世界からも注目される映画監督・細田守が満を持して手掛けた本作『未来のミライ』。
美しい背景や、滑らかで緻密な描写が評価され「第42回日本アカデミー賞」最優秀アニメーション作品賞を受賞しました。
また「第91回アカデミー賞」長編アニメ映画賞にもノミネートされるなど国内外問わず高く評価されています。
甘えん坊の男の子・くんちゃんは、未来から来た妹のミライちゃんや幼い時のお母さん、そして謎の青年と出会うのです。
どこにでもある一つの家族を通して、家族のルーツや偶然が紡ぎだす巨大な繋がりを描き出しています。
主人公のくんちゃんを演じるのは、俳優や歌手として多方面で活躍する上白石萌花。
お父さんには星野源が、お母さんには麻生久美子がキャスティングされており、くんちゃんを見守る優しい両親を演じています。
さらに黒木華、役所広司、福山雅治ら豪華俳優陣が登場。
山下達郎が本作のオープニングテーマとエンディングテーマを担当しました。
作品の世界に彩りを添えています。

くんちゃんは、甘えん坊の4歳の男の子。
お父さんとお母さん、犬のゆっこと、中庭がある家で暮らしていました。
しかし妹が生まれたことで、くんちゃんに向いていた両親、おじいちゃんおばあちゃんの愛情は全て妹へ。
そんなある日、自宅の中庭に突如現れる不思議な世界で、くんちゃんはミライちゃんや謎の青年と出会います。

くんちゃん / 役: 上白石萌歌

くんちゃんは、甘えん坊の4歳の男の子。
お父さんとお母さん、犬のゆっこと、中庭がある家で暮らしていました。
しかし、妹が生まれたことで、くんちゃんに向いていた両親、おじいちゃんおばあちゃんの愛情は全て妹へ。
そんなある日、自宅の中庭に突如現れる不思議な世界で、くんちゃんはミライちゃんや謎の青年と出会います。

ミライちゃん / 役: 黒木華

細田守監督作品!映画『未来のミライ』のあらすじ、キャスト、視聴方法まとめ(※ネタバレあり)

TOKYO, JAPAN – MARCH 16: Actress Haru Kuroki is seen during the promotion of the movie ‘A Bride for Rip Van Winkle’ on March 16, 2016 in Tokyo, Japan. (Photo by Sports Nippon/Getty Images)

くんちゃんの家の中庭に突然現れた不思議な少女。
くんちゃんのことを「お兄ちゃん」と呼び、妹のミライちゃんと同じ痣が右の手の平にあります。
3月3日を過ぎても出しっぱなしの雛人形を片付けるために未来からやって来たと言いますが……。

細田守監督作品!映画『未来のミライ』のあらすじ、キャスト、視聴方法まとめ(※ネタバレあり)

TAIWAN, CHINA – DECEMBER 13: (CHINA MAINLAND OUT)Hoshino Gen came to Taiwan again to hold a concert ¡°POP VIRUS World Tour in Taipei¡± on 13 December, 2019 in Taipei,Taiwan,China.(Photo by TPG/Getty Images)

くんちゃんのお父さんはフリーの建築家です。
お母さんが早めに職場復帰をする必要があるため、自宅で仕事と育児の両立を目指しています。
第一子のくんちゃんの時は仕事一筋で育児には積極的ではなかったため、2人のお世話に苦戦中の毎日。
抱っこが苦手で、ミライちゃんを抱く時も恐る恐るです。

おかあさん / 役: 麻生久美子

細田守監督作品!映画『未来のミライ』のあらすじ、キャスト、視聴方法まとめ(※ネタバレあり)

Actress Kumiko Aso attends the ‘Hafez’ Premiere on day 2 of the 2nd Rome Film Festival on October 19, 2007 in Rome, Italy. (Photo by Daniele Venturelli/WireImage)

くんちゃんのお母さんで雑誌の編集者。
フリーになったお父さんがくんちゃんとミライちゃんの子育てを担当することとなり、早めに職場復帰をしました。
子育てに仕事に大忙しですが、常に子供たちの幸せを考えてベストを尽くそうとしています。
片付けが苦手で、結婚してからようやく片付けができるようになりました。

青年 / 役: 福山雅治

細田守監督作品!映画『未来のミライ』のあらすじ、キャスト、視聴方法まとめ(※ネタバレあり)

VENICE, ITALY – SEPTEMBER 05: Masaharu Fukuyama walks the red carpet ahead of the ‘The Third Murder (Sandome No Satsujin)’ screening during the 74th Venice Film Festival at Sala Grande on September 5, 2017 in Venice, Italy. (Photo by Dominique Charriau/WireImage)

時を超えた先でくんちゃんが出会った青年は、戦時中に乗っていた船が座礁した影響で片足を引きずっています。
青年は、くんちゃんを馬やバイクに乗せて遊んでくれました。
初めての自転車練習で上手くいかずに拗ねていたくんちゃんに、大きな影響を与えることになります。

『未来のミライ』のあらすじ(※ネタバレあり)

くんちゃんの妹

くんちゃんとは、お父さんとお母さん、そして犬のゆっこと横浜の一軒家に暮らす4歳の男の子。
家族が暮らす家の中庭には一本の木が植えられていて、くんちゃんはその木の周りでゆっこと遊んでいます。
そんなくんちゃんに妹が生まれました。
それまで家族の中心だったくんちゃんは、両親が妹ばかり構っているように感じてしまいご機嫌斜めです。
妹のお昼寝の邪魔をして叱られたくんちゃんは、いじけて中庭に飛び出します。
そこはいつもの中庭とは違う様子で、自分のことを「王子様」と呼ぶ不思議なおじさんがいました。
おじさんはくんちゃんの気持ちが分かると言い、自分もくんちゃんが生まれるまでは家の中心だったと言います。
それまで中心だった自分が、くんちゃんが生まれてからは雑に扱われ、今では安売りの餌しかもらえないと……。
そのおじさんが犬のゆっこだと気が付いたくんちゃんは、「もっと美味しいドックフードが食べたい」との希望をお父さんとお母さんに伝えます。
その日の夜、子供たちが寝た後にお父さんとお母さんが2人で話していました。
早めに職場復帰するお母さんの代わりに、これからはお父さんが家で仕事をしながら子供たちの面倒を見るようです。

 

くんちゃんの時は仕事ばかりで、子育てを任せきりだったお父さんは不安な様子を見せていました。
これからのことを色々と話しながら、お父さんとお母さんは、くんちゃんの妹を「ミライ」と名付けることに決めます。

くんちゃんとミライちゃん

ある日、おじいちゃんとおばあちゃんが遊びに来ました。
ミライちゃんにばかり注目するおじいちゃんとおばあちゃんに、くんちゃんは不満そうです。
その日の夕食の時、去年亡くなったひいおじいちゃんとひいおばあちゃんの言い伝えについて大人たちは話していました。
足の悪いひいおじいちゃんが、ひいおばあちゃんと競争して勝ったら結婚するという話です。
しかしその話は眉唾ものだとおじいちゃんは一笑します。

 

3月4日の朝、お母さんは1泊2日の出張へ。
くんちゃんとミライちゃんのお世話はお父さん1人ですることになりました。
仕事に集中して遊んでくれないお父さんと、まだ赤ちゃんゆえに一緒に遊ぶことができないミライちゃんに退屈したくんちゃんは、中庭に出ます。

 

そこでくんちゃんは、妹のミライちゃんと同じく右の手の平に痣を持つ見知らぬお姉さんと出会いました。
そのお姉さんはくんちゃんのことを「お兄ちゃん」と呼びます。
そう、このお姉さんは未来のミライちゃんでした。
未来のミライちゃんは出しっぱなしの雛人形を片付けて欲しいとくんちゃんにお願いをします。
人形の片づけが1日遅れる毎に、1年婚期が遅れるという言い伝えを信じているようです。
お父さんにばれないように、くんちゃんと未来のミライちゃん、そしておじさんになった犬のゆっこの3人はなんとか雛人形を片付けました。

くんちゃんとおかあさん

ある日、お母さんとくんちゃんはお母さんのアルバムを見ています。
くんちゃんは自転車が欲しいようですが、誕生日でないからとお母さんは買ってくれません。
部屋の片付けをしないくんちゃんを叱るお母さんは、叱ってしまったことに罪悪感を感じているようでした。

 

ヘソを曲げたくんちゃんはまた中庭へ向かいます。
中庭は昔の世界へ通じていました。

 

くんちゃんは中庭で、小さい時のお母さんに出会います。
小さい時のお母さんは猫が好きで、猫が飼いたいと書いた手紙をおばあちゃんの靴の中に入れました。

 

お母さんの家で、小さいお母さんとくんちゃんは一緒に遊びます。
今のくんちゃんと同じように、片付けが苦手で散らかし放題のお母さん。
家に帰って来たお母さんのお母さん、すなわちおばあちゃんに叱られている内容を聞いて、くんちゃんは自分のことのように感じて耳を塞ぎました。

 

その日の夜、くんちゃんが寝た後にお母さんとおばあちゃんが子育てについて喋っています。
仕事をしながらでも子育てにベストを尽くしたいお母さんは、気が付くと叱ってばっかりの自分に落ち込んでいました。
「子供たちには幸せになってほしいと願っている」と話すお母さんに、おばあちゃんはそれが大事だと微笑みます。

くんちゃんとおとうさん

お母さんの靴に手紙を入れたくんちゃんは、念願の自転車を買って貰いました。
お父さんとミライちゃんと一緒に公園に来たくんちゃんは、補助輪なしで自転車に乗っているお兄さんたちを見て、補助輪なしで自転車を乗る練習を始めます。
お父さんに教えてもらいますが、全然上手く乗れません。
泣き出したミライちゃんに気を取られて練習に付き合ってくれなくなったお父さんに、くんちゃんは怒りました。
家に帰っても機嫌の直らないくんちゃんは中庭へ向かいます。
中庭は再び知らない場所に繋がっていました。
そこにはバイクの整備をしている青年がいます。
青年は戦時中の事故で足を痛めてしまい、足を引きずっていました。
青年に馬やバイクに乗せて貰うくんちゃん。

 

初めての体験に怖がるくんちゃんですが、「遠くを見る」と言う青年のアドバイスを聞き、少しずつ恐怖を克服していきます。
恐怖に打ち勝ったくんちゃんの目の前に広がるのは、船や何かの工場といった美しい景色です。

 

くんちゃんは青年のことを「かっこいい」と尊敬!
青年と過ごした後、くんちゃんは自転車に再度挑戦します。
「遠くを見る」との青年の言葉を思い出すくんちゃん。
何度も転びますが、ようやく乗れるようになりました。

 

その日の夜、お父さんとお母さんは自転車に乗れるようになったくんちゃんのことを話しています。
子どもは気が付けば成長していると、感慨深い様子です。
そんなお父さんも、抱っこの腕が上がったとお母さんは言います。
お父さんとお母さんの横でアルバムをめくっていたくんちゃんは、アルバムの中の写真に青年を見つけます。
それは去年亡くなったひいおじいちゃんの若い頃の姿だったのでした。

くんちゃんの家族

家族全員でお出かけをする日に、くんちゃんはお気に入りのズボンが見つからずに大騒ぎ。
行かないと言って部屋に隠れるくんちゃんですが、気が付くと家には誰もいません。
泣いて中庭に飛び出すと、そこはまた不思議な世界に繋がっていました。
駅の待合室には少年がいて、「お気に入りのズボンと夏の思い出と、どっちが大切なんだ」と、家族に謝るようくんちゃんに言います。
謝りたくないくんちゃんは、やって来た電車に飛び乗りました。
終点の駅で降りたくんちゃんは、大好きな新幹線がたくさんあることに喜びますが、次第に家に帰りたくなります。

 

帰る手段を探すくんちゃんは、遺失物届出窓口へ向かいました。
そこでは自分が何者かを証明しないといけません。
お父さんとお母さんの名前が思い出せないくんちゃんは、「ひとりぼっちの国」へ連れて行かれる新幹線へ乗せられそうになります。
その新幹線に乗りたくないくんちゃんは、必死に抵抗しました。
お母さんは片付けが苦手で、お父さんは抱っこが苦手というだけでは、自分が何者か証明できません。

 

逃げるくんちゃんは、ミライちゃんがそこにいることに気付きます。
新幹線に乗せられそうになっているミライちゃんをくんちゃんは抱きしめました。
「くんちゃんはミライちゃんのお兄ちゃん!」
そこに未来のミライちゃんが現れました。
くんちゃんは自分を証明することができたようです。

 

空を飛びながら一緒に元の世界へ帰るくんちゃんとミライちゃん。
眼下には中庭にある木が見えます。
ミライちゃんによると、中庭の木は家族の歴史の索引でした。
その索引を辿って、くんちゃんの時代へ辿り着かないといけないそうです。
自転車の練習をしているお父さん、野良猫にツバメのひなを悪戯されて大好きだった猫が嫌いになったお母さん。
そして戦時中に船に乗って必死に生き残ったひいおじいちゃんと、言い伝え通りに競争をするひいおじいちゃんとひいおばあちゃんたちが見えました。
「ほんの些細なことがいくつも積み重なって、今の私たちをカタチ作っている」とミライちゃんは言います。

 

元の時代に戻ったくんちゃんは、お気に入りのズボンじゃなくても我慢できるようになっていました。
お父さんとお母さんは旅行の準備をしています。
子供が生まれてから、それぞれ良い方に変化して成長していると笑い合う2人。とても仲の良い夫婦です。
くんちゃんはミライちゃんにバナナをあげて、2人は楽しそうに笑い合いました。

『未来のミライ』の評価は?

大手レビューサイトの評価をまとめてみました。
Filmarks:★3.0/5.0
Amazon:★2.9/5.0
IMDb:★7.0/10.0
rotten tomatoes:90%/100%
・評価に対する総評(全メディアのレビューの総評)
子育てを経験している人には共感する描写が多々あり、くんちゃんやミライちゃんの可愛らしさも良かったという意見がありました。
アニメーションが綺麗で細かいところまで作りこまれています。
ただ、予告から感じる印象と本編のストーリーが違っていて驚いたという意見も見られました。

『未来のミライ』の視聴方法は?

『未来のミライ』は、配信サイトの利用もしくはDVDレンタルをして自宅で視聴することができます。
動画配信サイトでは、Amazonプライムビデオ、TSUTAYA TV、Hulu、dtvで視聴可能。
気になった方は、以下のリンクからチェックしてみてください。

Amazon.co.jp: 未来のミライを観る | Prime Video

【細田守監督】未来のミライ | 動画配信のTSUTAYA TV

Hulu(フールー): 人気映画、ドラマ、アニメが見放題!【お試し無料】

未来のミライ | dtv

不思議な体験を通して男の子が成長する姿を描く『未来のミライ』

この記事では2018年公開の『未来のミライ』のネタばれありのあらすじ、キャスト、評価、視聴方法をご紹介しました。
一本の木を通して過去や未来へと行き来するくんちゃんが、その経験を通して少しずつ成長していきます。
子育てあるあるも多いことから、子育て中のお父さん・お母さんが観ても楽しめる作品ですよ。
山下達郎による主題歌も作品の雰囲気に合っているので、気になった人はぜひ観てみてくださいね。


関連記事リンク(外部サイト)

妖怪が出てくるアニメ6選!ちょっと不気味?でも愛おしい!【Amazon★4.0以上】
エヴァだけじゃない!今も色褪せない90年代おすすめのTVアニメ5選!
異世界に行った気分が味わえる!おすすめファンタジーアニメ映画!【4作品】

access_time create folderエンタメ
local_offer
映画board

映画board

映画に関連するニュースや作品情報、レビュー、キャスト情報、視聴率、ランキング、チケット予約などを掲載している映画メディアサイト。

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧