小島瑠璃子、キングダム作者との破局理由を赤裸々告白するも視聴者猛反発「失恋ヒロイン気取り」

access_time create folderエンタメ
小島瑠璃子、キングダム作者との破局理由を赤裸々告白するも視聴者猛反発「失恋ヒロイン気取り」

画像:時事

26日に放送された「霜降りミキXIT」(TBS系列)。

タレントの小島瑠璃子さんが出演し、キングダム作者の原泰久さんとの破局について語りました。

小島瑠璃子、キングダム作者との破局理由を明かすもクレーム殺到

26日に放送された「霜降りミキXIT」(TBS系列)。

タレントの小島瑠璃子さんが出演しました。

同番組が収録されたのは、漫画「キングダム」作者の原泰久さんとの破局騒動が報道される前。

収録時に何も知らないMCの粗品さん(霜降り明星)は「『キングダム』の人と結婚するんですか?」と直球で質問します。

小島さんは目を泳がせ少し言葉に詰まりながらも「お別れをしました」と告白。

共演者は思わず総立ちで驚くなど、騒然とします。

想定外の返答に「何が原因?」と単刀直入に尋ねる粗品さんに、小島さんは「遠距離恋愛だったのもあるし、年齢にも差があるし」と淡々とした語り口。

「乗り越えられたら良いな、と思って始まったけど、乗り越えられないものはありました」とわずか1年足らずの交際で終わってしまったことを語りますが、視聴者からは

《ベラベラと相手の奥さんや子供の事も考えずに、失恋ヒロイン気取り。》

《しばらくこのネタで引っ張って、減ったオファーを取り戻そうとしているのが透けて見えて痛い》

《私は自己中な人間ですって公表したのね。元奥さんとか、子供の事とか考える心遣いなんてあるわけないのね》

《わざわざ離婚されてる奥さんがいるわけだし、どうなのかねぇと思います》

など、あまりにも厚顔無恥に私生活を語った姿に批判が殺到しました。

 

 

小島瑠璃子、すでにお笑い芸人を新たなターゲットに

番組内で唐突に破局について告白した小島さん。

MCのせいやさんは間髪入れずに「せいや王国空いてます」と猛アピールします。

相方の粗品さんから制止されますが、小島さんは理想の結婚相手を「優しい人」といい、「イケメンがいいんじゃないかとか、めちゃくちゃ収入がある人のほうが上手くいくんじゃないかとか、いろいろ考えたんですけど、80歳まで暮らしていくなら優しい人がいい」と、今回の破局を受け自身の考えに芽生えた変化を口にします。

小島さんが恋愛について語っていると、なぜかスタジオのカメラはせいやさんの顔をアップで抜きます。

その意図に気づいたせいやさんは、「(自分たちを)くっつけようとしてる!?」「勝手に応援してくれてんねん」とまんざらでもなさそうなデレデレとした表情。

小島さんから「私と飲みに行きましょうよ」とアプローチされると、まさかの展開に「えぇ?」と目を見開きながら、本気で困惑の表情を浮かべるものの、視聴者から

《せいやくん、こじるりみたいな性格良くてしっかりした女性と結婚が良いね!》

《こじるり、マジでせいやのこと好きそう》

《こじるりめっちゃせいや狙ってるやん。お似合いだし付き合えばいいのに》

《彼氏がりんたろーさんで結婚相手がせいや!こじるりと気が合いそう!》

など、先ほどまで噴出していた小島さんへの批判からは一転して、霜降り明星のファンからはお似合いであるという声が書きこまれます。

かつて、自身のインスタライブで好みのタイプを聞かれた際「私の年収に引かない人がいい」と金満ぶりを明かしていましたが、大ヒット作を描いている漫画家とお別れしたことで、自分の本当に求めているものが分かったのかもしれません。

客観的にもお似合いであるという書き込みがあり、外堀から埋められていくせいやさんの姿が想像できた放送回でした。

(QuickTimez編集部)


関連記事リンク(外部サイト)

山田孝之、超激辛グルメを”長澤まさみパワー”で完食し話題「気持ち悪くて最高」「オタクと同じ」
宮野真守、『CDTV』での圧巻のパフォーマンスが台無しに?ファン落胆「なんていうタイミング…」
加藤浩次「謎が解けました」スケボー・西矢椛選手の『ラスカル』論争の謎が解けスッキリ

access_time create folderエンタメ
local_offer
Quick Timez

Quick Timez

Quick Timezでは映画やドラマ、音楽にアニメ、はたまたタレントの情報といったエンターテインメント全般の中にある読者皆様の”なぜ”、”どうして”に迅速にお応えすることを心掛けています。

ウェブサイト: https://quick-timez.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧