“おばあさんの皮” 加藤小夏がショートフィルム 主演!「不思議な体験だった」 @ショートショートフィルムフェスティバル

access_time create folder動画

先日、米国アカデミー賞公認の映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2021』のアワードセレモニーが行われました。

この映画祭は、世界中から集まった6000本以上の作品の中から厳選された、ショートフィルムを上映。 各部門の中から受賞作品を発表し、この中から、グランプリを選出するのだ!

若手監督の作品を募集した、U25プロジェクトでは、監督・草間祐貴さんの『Picnic』が最優秀賞を受賞。草間さんが学生時代に卒業制作として作ったアニメーション作品だ。
会場に登壇すると「このような賞をいただきとても嬉しい。ありがとうございます。本作は老若男女、言語の壁も問わず、全ての人に楽しんでもらいたいと思い作った。より多くの人に届けたい。」と喜びました。

フェスティバルアンバサダーのLiLiCoさんも「映画館で見たのではないかというクオリティだった。ピクサーの長編の前に流れる短編のようだ。ストラップやTシャツなどのグッズがあったら買ってしまう」と絶賛。

将来について、草間さんは「ハリウッドで働きたい」とのことで、
それに対し、LiLiCoさんは「(仕事を)を紹介する!」と即答。
実現したら、草間さん制作のピクサー作品などが見れてしまうのか!?
今後、注目していきたい。

日本博主催・共催型プロジェクトでは、ショートフィルム『おばあさんの皮』を紹介。
本作は、「美人になるのが嫌だった」という主人公の京子が、故郷の温泉で“おばあさんの皮”を手渡されると、それを被りおばあさんに変身。気になる男性の心のうちを探ろうとする物語。

主演を務めた、加藤小夏さんは「日常生活ではあり得ない不思議な経験をさせて頂いて、有意義な時間だったっと思う。浜野謙太さん、片桐はいりさんとも共演させていただき、現場では良い緊張感で過ごせた」と振り返り、笑顔を見せました。

ちなみにグランプリの、ジョージ・ルーカス アワードは、フィリピンの監督・ラファエル・マヌエルさんによる『フィリピニャーナ』に決定!! 大歓声の中、イベントは幕を閉じました。

The post “おばあさんの皮” 加藤小夏がショートフィルム 主演!「不思議な体験だった」 @ショートショートフィルムフェスティバル first appeared on フィールドキャスター.

関連記事リンク(外部サイト)

篠原ともえ、池田エライザ “キメキメ”の衣装で映画祭審査員に! @ショートショートフィルムフェスティバル
NMB48・塩月希依音「汗のシャワーがすごかった!」メロンジュースのの振り付け披露!
小池百合子、東京2020オリ・パラに合わせて日本の魅力を世界へアピール!!「Tokyo Tokyo ALL JAPAN COLLECTION」

access_time create folder動画
local_offer
フィールドキャスター

フィールドキャスター

芸能イベントを記者が取材・編集!動画ニュースを配信!フィールドキャスターはオリジナル動画で最新のニュースをお届けします。

ウェブサイト: https://fieldcaster.net/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧