鳥山明 最高傑作の仕上がり!? 細かな台詞まで監修 最新映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』初出映像&進化した悟空ビジュアル解禁!

access_time create folder映画

「DRAGON BALL」原作者・鳥山明先生が描く渾身の最新映画タイトル『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』発表! さらに初出映像&進化した悟空のビジュアルも解禁されました!

1984年から「週刊少年ジャンプ」で約10年半にわたって連載され、常にトップを走り続けてきた日本を代表する伝説的漫画「DRAGON BALL」。コミックスは全世界累計2億6000万部と驚異的な記録を叩き出し、連載終了後もなお、テレビアニメ・映画・ゲームなど様々なメディアミックスでファンを魅了し、全世界で桁外れの人気を誇っているモンスタータイトルとなっています。

その勢いはとどまる所を知らず、2013年には17年ぶりの劇場版シリーズが復活し立て続けに大ヒットをする中、2015年に原作者・鳥山明先生原案による新シリーズ「ドラゴンボール超」がスタート。2018年には、記念すべき劇場版20作品目にして「超」シリーズ初となる『ドラゴンボール超 ブロリー』が公開、全世界興行収入135億円超えとなる「ドラゴンボール」史上最大のヒットを記録。連載から37年が経った今でも、常に高みを目指し進化し続けてきた「ドラゴンボール」が、新たに挑む超大型企画となる劇場版最新作が2022年に公開します。

この度、アメリカ・サンディエゴで開催されている世界最大級のポップカルチャーの祭典「サンディエゴ・コミコン」のオンラインイベント「Comic-Con @ Home2021」で行われた、映画『ドラゴンボール超』公開決定記念のパネルディスカッションにて、本作の正式タイトルを発表!!

パネルディスカッションには、孫悟空役の野沢雅子さん、本作のエグゼクティブプロデューサーを務める集英社の伊能昭夫さん、本作のプロデューサーを務める東映アニメーションの林田師博さんが登壇。新作映画の設定画を公開するなど舞台裏を語りましたが、今回発表となった正式タイトル『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』。

“超(スーパー)”の上にさらに、スーパーヒーローとついたタイトルに「もうその通りです!!」(野沢)、「スーパーが2回重なっているほど凄いんです!」(伊能)、「スーパー、スーパーヒーローとなると、今回誰が活躍し、どんな新しいキャラが出てくるのか!? 楽しみにして欲しい!」(林田)と、大いに期待を煽りました。

『ドラゴンボール超 ブロリー』などに続き本作も、原作者・鳥山明先生自らが作品の肝になる脚本作りを担っており、「過去最大級の関わりと断言していいと思います!」と力強くコメントした伊能さん。脚本のこまかなセリフ直しにいたるまで(鳥山先生と)何度もやりとりがあったようで「(ご本人にとっても)最高傑作という自負があるのではないかと思う仕上がり!」(伊能)と強調。林田さんも「毎回アニメに新しい課題を与えてくださっている」と鳥山先生の意気込みようを評しました。

そして最新情報では、ピッコロ、クリリン、パンといったおなじみのキャラクターたちの本作映画の最新ビジュアルを公開。これまでのアニメーションのビジュアルから、より鳥山先生が描く原画、原作コミックに合わせたというこれまでとの違いやこだわりを紹介すると共に、鳥山先生自身が描いたアニメ設定を起こす前の秘蔵のキャラクターデザイン原画を特別にお披露目。オリジナル画には、新キャラクターが描かれていましたがその正体はまだ秘密。

最後には、待望の本作最新の悟空のビジュアルが世界最速で初公開の映像とともに超お披露目!! 目を凝らしてみるとその細かな変化や悟空の動きに気付けるはず! 何度も観たくなる、ますます最新映画への期待が高まる映像も解禁となりました。


劇場版『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』特報
https://youtu.be/JfPZwUCrdjU

無限の進化を遂げる原作者・鳥山明先生が魅せる本気、生まれ変わる映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』に期待が高まります!

関連記事:
鳥山明が作り込んだ渾身の一作『ドラゴンボール超』劇場版新作2022年公開決定!「意外なキャラが大活躍する激しく楽しい内容」「ビジュアルも新鮮」
https://getnews.jp/archives/3005574

野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
https://getnews.jp/archives/2113746[リンク]

【作品概要】
■タイトル:『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』
※超のルビは“スーパー”です。
■公開表記:2022年公開
(C)バード・スタジオ/集英社 (C)「2022 ドラゴンボール超」製作委員会
■スタッフ 原作・脚本・キャラクターデザイン:鳥山明
■DRAGON BALL オフィシャルサイト dragon-ball-official.com
■DRAGON BALL オフィシャル Twitter 日本語:@DB_official_jp 英語:@DB_official_en
■映画オフィシャル HP 2022dbs.com[リンク]
■映画オフィシャル twitter @DB_super2015

access_time create folder映画

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧