人工衛星にエッジコンピューティングを搭載!開発めざし米スタートアップ企業が提携

access_time create folderデジタル・IT
人工衛星にエッジコンピューティングを搭載!開発めざし米スタートアップ企業が提携

【▲ 人工衛星を利用したエッジコンピューティング事業を興すLEOcloud(Credit: LEOcloud)】

衛星通信事業を展開する米国のスタートアップ企業「LEOcloud」は、スーパーコンピューターを手掛ける米国スタートアップ企業「Ramon.Space」と提携すると発表しました。両社は高度2,000km以下の地球低軌道(LEO)を周回する人工衛星を利用したエッジコンピューティングの開発を目指すとしています。

人工衛星からのデータをクラウドコンピューティングに送信できるサービスとしては、Leaf Spaceによる「Google Cloud」を利用した衛星用クラウドコンピューティングが知られています。Leaf Spaceのクラウドコンピューティングは地上局に設置されていますが、LEOcloudではLEO上の人工衛星にエッジコンピューティングを設置します。地球周回軌道上の人工衛星により近い場所にエッジコンピューティングを設置することで、通信による遅延時間(レイテンシー)を短くできるといいます。

【▲ 人工衛星を利用したエッジコンピューティングの概念図(Credit: Exodus Orbitals)】

【▲ 人工衛星を利用したエッジコンピューティングの概念図(Credit: Exodus Orbitals)】

2021年2月に創業したばかりのLEOcloudは、先述したLeaf Spaceや、人工衛星向けのソフトウェアを手掛けるExodus Orbitalsとすでに提携しています。LEOcloudのCEOであるDennis Gaten氏によると、当初の計画では地上局にエッジコンピューティングを設置する予定でしたが、衛星コンステレーションを利用したデータセンター「Space Edge LEO」を立ち上げる計画に変更したようです。

いっぽう、LEOcloudと提携するRamon.Spaceは5月に1,750万ドルを調達しており、出資者にはStageOne VenturesやDeep Insightといった複数のベンチャーキャピタルが名前を連ねています。Ramon.Spaceは米国やイスラエルでの運用を拡張し、宇宙空間で運用できるスーパーコンピューターを開発中です。

 

Image Credit: LEOcloud
Source: SPACENEWS, Via Satellite, Exodus Orbitals, Google Cloud
文/Misato Kadono


関連記事リンク(外部サイト)

NASAのソーラー・パーカー・プローブ、3回目の太陽周回を実施
就活シーズン到来!日本の宇宙開発業界とは
欧州宇宙機関、オリオン宇宙船の開発に協力

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
sorae

sorae

「sorae(そらえ)」は宇宙開発や天文学を中心にドローンやカメラなど最新ガジェットに関する情報を毎日配信。宇宙を知りたい、空を飛びたい、星空を眺めたいなど、「そら」に対する好奇心を刺激するニュースをお届けします。

ウェブサイト: https://sorae.info/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧