Adobe Premiere ProがApple Silicon搭載Macに正式に対応

access_time create folderデジタル・IT
Adobe Premiere ProがApple Silicon搭載Macに正式に対応

Apple Silicon版のMacで利用出来るネイティブアプリの不足を解決するために、Intel Mac用のアプリをApple Siliconでも基本的に実行出来るようにするRosetta 2という翻訳ソフトウェアをAppleは導入しました。これはおそらく永久的な解決策ではないと想像しますが、Apple Siliconのチップセットがまだ新しいことを考えると、今はまだそれが必要でしょう。

そうは言っても、もし仕事で動画を撮影したり編集したりするアプリが必要な職業であれば、Premiere ProがM1 Macにネイティブ対応することをAdobeが発表したことを知って喜ぶでしょう。同社は、実際に同アプリのベータ版を2020年にリリースしましたが、遂にベータを終了し、Adobeの他のアプリと同じように正式版になったようです。

Adobeは次のように述べています。「Premiere Proは、Apple製M1の低い電力要件も利用しており、同様の仕様の旧モデルよりも大幅に長いバッテリー寿命を提供します。Speech to Text等の画期的な機能に完全に対応することで、ハイエンドワークステーションの性能に匹敵する軽量デバイスで最先端の動画コンテンツを作成出来ます。」

Adobeは、実際にAppleを初期からサポートする企業の一つで、Apple Siliconへ対応することをいち早く発表していました。より多くの開発者が参加しているので、Apple Siliconのネイティブアプリがより一般的になるのはおそらく時間の問題でしょう。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら

The post Adobe Premiere ProがApple Silicon搭載Macに正式に対応 first appeared on Ubergizmo JAPAN.

関連記事リンク(外部サイト)

ユーザーに気付かれることなくiPhoneに遠隔アクセス可能なiOSの脆弱性が見つかる
折りたたみスマホ「Galaxy Fold」はすでに100万台販売したと社長が言及→間違いと判明
新型タブレット「Google Pixel Slate」はWindows 10をサポートする?

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Ubergizmo japan

Ubergizmo japan

Ubergizmo Japanは、ガジェット、スマートフォン、ゲーム、テクノロジー、ホームエンターテインメント製品などを対象とした最新トレンドニュースと、消費者目線の製品レビュー記事を特徴としたテクノロジーメディアです。

ウェブサイト: https://jp.ubergizmo.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧